音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】

ボイストレーニングを中心に音楽技術向上に関する様々なことを書いています

音楽

玉置浩二でわかる低音域の重要性

投稿日:

f:id:shoheihey:20171014145305j:plain

玉置浩二からわかる低音域の重要性

 


 

 

歌の一番の魅力と言えば何でしょう?

 

ある人は共感できる歌詞であったり、ある人はミュージックの全体間であったり、ある人は響き心地よさであったり。

どれもすべて重要な要素であり音楽を構成するものでありますが、人それぞれ音楽に求めるものは違ってきたりします。

 

そんな中で今回は特に歌唱の点において書いていきたいと思います。

歌において高い音=高音の発声に惹かれる人は多いのではないでしょうか?

確かに高音は魅力的です。そもそも高音になればなるほどに出せる人が少ないのです。

よってそれは魅力的に思えるのです。

しかし、高音を売りにしている歌手は響きにおいて高音に良い響きが集まっていることが多く低音はあまりいい響きで歌えていないことが多いです。特に日本人の歌手には多いです。

 

これだといつも高音で歌う箇所を待ってしまいませんか?

「やっときた!ハイトーンボイス!すごい!」

みたいな感じで。

 

低音の所は流して聴くような状態ですね。

基本的にJ-POPというのはAメロ→Bメロ→サビという展開が多くその中で高音がくるのはサビがとても多いです。つまり高音魅力で高音待ちの場合サビしかおいしくないわけです。

 

 

これが低音から魅力的で常に低音を待っている場合

 

Aメロ(おいしい)→Bメロ(おいしい)→サビ(?)

 

となるわけです。

曲の最初から「ああ、いいな」と思えるわけです。

低音から魅力的な歌手のサビはどうなのか?問いに関しては音域の狭い歌い手であれば、高音待ちの人にとってさびしく終わるかもしれません。しかし高音まで出る歌い手であればさらにおいしいわけです。

よりいっそうおいしいわけです。

洋楽のミュージシャンはこういう方がほんとに多くてやはり洋楽のレベルの高さを思い知らされます。

 

しかし、日本人にもすごい方はいます。

 

タイトルにもあるように是非一聴してほしいミュージシャン『玉置浩二』です。

 

この方の声は音域は低い方です。

しかし音楽は高音ではないということを心底理解させてくれる日本では数少ない歌い手です。

Aメロが始まった瞬間から耳が気持ちいい音楽は心に沁みます。

それだけ魅力的な低音を彼の音楽は聴かせてくれるのです。

 

若い頃の玉置浩二の低音は透き通る透明の低音

中期の玉置浩二の低音は柔らかいショールのような低音

近年の玉置浩二の低音はウッドベースのような低音

 

どれも聞き応えがあります。思考デス。

 

結論なにが言いたいかというと玉置浩二は歌がうまい。笑

そして低音が素晴らしい音楽は素晴らしい。

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エッジボイスでミックスボイスを身につける

今回は「エッジボイス」について書いていきたいと思います。 エッジボイスというのは聴き慣れない方もいると思いますが、声の出し方の名称であり、ボイストレーニングにもなります。 そんなエッジボイスについて書 …

演奏でグルーブを出すには グルーヴを出す方法

楽器や歌など音楽に携わっていると必ず聞くワード Contents0.1 「グルーブ」 1 グルーヴとは1.1 「一定のリズムのなかで機械的に正確なリズムでなく、人間特有のズレるリズム」2 グルーブのあ …

鼻歌を歌う人は歌がうまい?

みなさんは鼻歌を歌っているでしょうか? ①鼻歌とは?  ②鼻腔共鳴とは? ③なぜ鼻歌でうまくなるのか       気分がいい時に歌ったり、歌詞がわからないけどメロディーを歌いたいから鼻歌で、など色々な …

洋楽を歌うのに必要なのは『鼻腔共鳴』?

皆さん、こんにちは。   今日も音楽について書いていこうと思います。 音楽においてやはり歌うことは誰しもが少なからず日々行うことですね。 鼻歌だったり、カラオケだったり、本気で歌ってみたり。 そんなと …

歌の練習・ボイトレをするときにオススメの防音対策6選 

今回は、歌の練習を思いっきりしたいけど家ではできないという人にオススメの周りに迷惑にならない方法を紹介したいと思います。 やはり、普通の家では思いっきり歌の練習なんてなかなかできないですよね。 近所の …