音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】

ボイストレーニングを中心に音楽技術向上に関する様々なことを書いています

人生

一万時間の法則について

投稿日:2017年9月19日 更新日:

f:id:shoheihey:20171014144557j:plain

一万時間の法則について

有名な法則ですが、一万時間の法則というのものはご存知でしょうか?

『一万時間の法則』・・・どんなことでも一万時間続けると匠の域に達するというものです。

匠の域に達するということはつまり、普通の人では訓練なしにできないレベルに達するということでしょう。

また、そういう技能はあらゆる市場において求められるものであり、仕事としていけるものになるでしょう。

ここでいう一万時間というものはどれくらいなのでしょう。

10000➗24=約416     つまり416日なのです。

日にちにするとそうでもないですが、当然416日全ての時間をそのことだけし続けるのは不可能ですよね。

では一日何時間で何日かかるのでしょうか。

一通り計算してみました。

1日1時間で9984日=27年

1日2時間で4992日=13年

1日3時間で3328日=9年

1日4時間で2496日=7年

1日5時間で1996日=5年

1日6時間で1664日=4,5年

1日7時間で1426日=3,9年

1日8時間で1248日=3,4年

以上のような結果になりました。全て細かい少数などは省いて大まかに出している計算です。

こうしてみてみると何を極めるにしても一日一時間じゃ、27年という途方も無い時間がかかってしまいます。

そう考えると何かを極めようとしている人、何か練習している人や習得しようとしている人、そしてそれを仕事にしたい人にとっては一日一時間の訓練というのは短すぎますね。

一日八時間くらいできればいいのですが、普通はそうもいきませんよね。

八時間といえば労働時間と同じですね。

よくいう仕事は三年すれば様になる というようなことも当てはまりますね。

とりあえず三年頑張れみたいなこともあながち嘘ではないような気がしますね。

さて大抵の人は時間との戦いで敗れてしまいますね。

しかし、もし習得のスピードを早めることができたなら

10000時間かかるものを8000時間で済むのなら

もしかした5000時間で済むのなら話は変わってくると思います。

その習得時間が短い人ほど、断然短い訓練時間ですみますよね。

習得時間を短くするその方法は

人による

と思います。笑

まあ、結局自分で探していくしかないような気がします。笑

何を習得するのかにもよりますし。

しかし、それを考えて行動や訓練することで成果や効率は変わってくると言えます。

人間は意識次第で習得時間を短くできるはずです。

その最たる例が 天才 と呼ばれる方々なのかもしれませんね。







-人生

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

100回練習すること

今日は「練習」について書いていきたいと思います。 人生には色々な場面で「練習」しなければならに場面があります。 人前で発表するために練習、もっといい動きができるための練習、できないことができるようにな …