ボイストレーニングを中心に音楽技術向上に関する様々なことを書いています

音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】

歌声解説 歌声解説 女性シンガー

 大原櫻子の歌い方は綺麗な癖のないミックスボイス【歌声解説】

更新日:

f:id:shoheihey:20171120183950j:plain

今回は大原櫻子さんの歌声について書いて行きたいと思います。

大原櫻子さんといえば最近かなり人気が出てきているミュージシャンですね。

女優としても活躍されてますね。

高い歌唱力と可愛いルックスで人気を博している彼女の歌声のついて書いていきたいと思います。

どういう声質か・声の出し方か

地声・話し声は普通の高さ 声帯の閉鎖感が若干ある

大原櫻子さんはかなり普通の話し声をしています。音の高さも標準的な高さですし、聞き取りやすい声をしています。

ただ、特徴は若干の声帯閉鎖の強さが聞き取れます。しっかりと声帯が重なって鳴らしている感じが出ています。

少しだけエッジボイスが混じったりするので、少し声帯が閉まり気味の声という感じでしょうか。

歌声はミックスボイスとファルセットが得意

歌声はミックスボイスとファルセットをかなり上手く使い分けています。

ミックスボイスの方は地声の延長線上の感じで声帯がしっかりと閉じた状態で綺麗に発声しています。締めすぎているわけではなく、ちょうどいい感じにしまっています。

ファルセットはかなり綺麗で息がしっかり流れています。また、完璧にコントロールしているので高音でスルッとファルセットに変えるのがとても上手いです。

綺麗なファルセットがあると高音も全く怖くないでしょうね。

大原櫻子さんのファルセットへの切り替えは本当に上手いです。

ピッチがかなり良い

大原櫻子さんはピッチがかなりいいです。音程をココっていうところにビシッと当ててきます。それでもってしゃくったりとかそういう癖もないのでスーっと歌声が入ってきます。

このアカペラなんてかなりピッチがいいですよね。

ピッチの上でピッチ良く歌う。笑 はい、すいません。。。


大原櫻子 - 瞳(アカペラver.)

 

 

どういう練習をすれば大原櫻子のように歌えるか

リップロールで綺麗なミックスボイスを練習する

ミックスボイスの練習をするにはリップロールが非常に最適です。

リップロールで息の流れを一定にしてなおかつ声帯を力まずコントロールできるようになってくるまで練習しましょう。

リップロールで低音から高音までしっかり発声できるようにしましょう。

 

リップロールについて詳しくはこちら

歌唱力アップ『リップロールの効果』

 

ファルセットを自由にコントロールできるように練習する

大原櫻子さんを歌うのにファルセットが必要不可欠です。地声と同じくらいコントロールできるようにならなければダメです。

ファルセットの練習もリップロールでファルセットを練習することがオススメです。

 

ファルセットのコントロールがしっかりできるようになるとともに、地声やミックスボイスとの切り替えもうまくできるようになるはずです。

低音からファルセットまでを流れよく切り替えられるようになればバッチリです。

裏声(ファルセット)の重要性を紐解く

 

声の出だし・最初のピッチをよくするためにドッグブレス

大原櫻子さんは音程をしゃくるということをあまりしません。音の最初からまっすぐに歌うのです。これはしゃくりが癖ついている人にとっては、この癖を抜いていくのは難しいです。

 

音の出だしからしっかりとピッチを合わせていくにはドッグブレスで音階練習するのがオススメです。

ピアノに合わせてドッグブレスで発声練習することで出だしのピッチがよくなっていきます。

ドッグブレスで声量アップ。いいことばかりで効果は絶大!

 

ちなみに、「しゃくり」は悪いことではありません。

歌を歌う上ではテクニックの一つです。カラオケだと加点されますよね。笑

テクニックなのですがようは使い方です。

感情的に伝えたいときや盛り上がる前などでよく使われることが多いですね。

どちらがいいとかはないですよ(^ ^)

 

まとめ

大原櫻子さんの癖のない歌い方を身につけるにはミックスボイス・ファルセットを完全にコントロールすることが必要不可欠です。

これをコントロールしてしっかりと正確なピッチで癖なく歌えれば近づけるはずです。

 

他のアーティストの歌声解説はこちらです

他のアーティストの歌声解説はこちら

 







-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.