ボイストレーニングを中心に音楽技術向上に関する様々なことを書いています

音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】

歌声解説 歌声解説 男性シンガー

TOKIO 長瀬智也の歌い方・歌唱力 閉鎖の強いミックスボイス【歌声解説】

更新日:

今回は大人気グループTOKIOの長瀬智也さんについて書いていきたいと思います。

TOKIOと言えば、ジャニーズの中でも珍しいバンド形態のグループで演奏技術も高いものがあります。

楽曲もいいものがとても多くジャニーズ事務所の中でも本格派のグループです。

その中でもボーカルの長瀬智也さんの歌声はTOKIOというグループの顔です。

そんな長瀬智也さんの歌声について解説していきたいと思います。

 

どういう声質か?

地声・話し声は声帯の閉鎖が強く良く鳴る声質

長瀬智也さんの地声は音域は普通くらいですね。

気持ちやや低めくらいですかね。

声帯の閉鎖が強く喉が良く鳴っているタイプです。

歌声も声帯閉鎖の強い声

歌声も地声同様に声帯閉鎖が強いです。話し声よりかなり強いです。

苦しそうではないのですが、強い閉鎖なので喉はかなり締まっている印象です。

おそらく本人は平気なのでしょう。締めていいところだけを締めている典型ですね。

声質は地声寄りですが、高音はミックスボイスですね。地声っぽい閉鎖感の強い声で高音まで歌っていますね。

どういう練習をすれば長瀬智也さんのように歌えるか

長瀬智也さんのように歌うための練習は難しいですが、要点をしっかりと捉えていけば近づけること間違いなしです。

 

長瀬智也さんに近づく要点は

  • 力まず声帯閉鎖を身につける
  • 地声系のミックスボイスを手にいれる

この2点だと考えています。

それでは書いていきたいと思います。

声帯閉鎖を極めるためにエッジボイスを極める

声帯の閉鎖具合は常にエッジボイスの延長線上です。

エッジボイスの延長線上なのでエッジボイスを極める必要があります。

エッジボイスを単発で「あ”」と鳴らせるくらいコントロールする必要があります。

それくらいコントロールできるようになれば喉周りの力を入れずに声帯を閉鎖できるようになってくるでしょう。

大切なのは声帯のみが締まるということです。それ以外を締めてはダメです。

なのでもちろんエッジボイスをしている時にも力は全く入れてはいけません。

力が入っているようであれば変な癖がついてしまう可能性があるのでやめましょう。

www.shoheihey.com

タングトリルで地声系のミックスボイスを習得しよう

地声系のミックスボイス(優しいミックスや綺麗なミックスではない)を練習するのはタングトリルが最適です。

タングトリルは「巻き舌」です。

巻き舌で練習することによって、舌根=舌の付け根が柔らかくなり発声が楽になります。

どうしても強い声というのは喉の周りの筋肉が力んでしまいがちです。

力んでしまうと聞き辛い声になってしまいます。

力まないようにするためにも舌根付近を柔らかく保つ必要があるのです。

また、タングトリルにはリップロールと同じように「呼気圧」を一定に保つ効果があります。これにより喉に力が入るのを防ぎます。

詳しくはこちら

www.shoheihey.com

www.shoheihey.com

まとめ

長瀬智也さんの歌声になるには

  • 力まず声帯閉鎖を身につける
  • 地声系のミックスボイスを手にいれる

というのが重要な近道ですね。

しっかりと練習して力の入らない声帯閉鎖を身につけましょう。

 

他のアーティストの歌声解説はこちらです

他のアーティストの歌声解説はこちら

 







-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.