歌声解説 歌声解説 男性シンガー

ORANGE RANGE RYOの歌い方・歌唱力 深い響きの低音【歌声解説】

更新日:

今回は大人気バンドORANGE RANGEのボーカルRYOさんの歌声について書いていきたいと思います。

ORANGE RANGEと言えば、多くの名曲を残している人気バンドですよね。

何と言ってもその楽曲、そして歌声に心を掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなORANGE RANGEの低音ボーカルRYOさんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域は低く、咽頭共鳴が強い声

地声の音域は言われずとも低いと言えるくらいの低温ですね。

また、咽頭共鳴が強く声帯がしっかり鳴っています。咽頭共鳴(下方向への響き)が強いのでさらに低く聞こえますね。

低音域で(鼻腔共鳴上方向の響き)が強い声だと声優の大塚明夫さんみたいな声になりますね。

RYOさんは低音中の低音ということですね。

 

歌声は地声を活かした深い低音ボイス

歌声も地声の低さを活かした声ですね。喉仏の位置をしっかりと低い位置で保って、深い響きを作っていますね。

息はあまり出ておらず、声帯がしっかりと鳴って響きを作っているような声です。

低音域で咽頭共鳴が強いのでかなり分厚い音質に聞こえますね。

 

どういう歌い方か

その見た目とは裏腹に非常に優しい歌い方ですね。低音の声が非常に染みるような歌い方をしています。

ビブラートなどのテクニックは使わずにまっすぐ歌うタイプですね。

言葉の発音は明瞭ですね。非常にしっかりと発音しています。

低音ボイスなので言葉の発音は明瞭にしないと、何を言ってるかわかりにくくなります。

 

どういう練習をすればRYOさんのように歌えるか

RYOさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

RYOさんのように歌うポイント

  • 喉仏をコントロールして深い響きの位置を作る

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

深い響きの位置を作るには

深い響きの位置を作るには喉仏のコントロールが重要です。喉仏を低い位置に保つことで心地の良い深い響きを得ることができます。

 

トレーニング方法はこちら

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

まとめ

RYOさんのように歌うには

  • 喉仏をコントロールして深い響きの位置を作る

が重要です。まずはここをしっかりと練習しましょう。

 

こちらもオススメ

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。笑  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学 ...

2

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

3

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.