歌声解説 男性シンガー

森山直太朗の歌声や歌い方の分析

投稿日:2017年11月10日 更新日:

森山直太朗さんと言えば、多くの名曲を生み出している大人気のシンガーソングライターですね。

何と言ってもその歌唱力、唯一無二の個性的な歌声は素晴らしいですよね。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな森山直太朗さんの歌声について

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、声帯の鳴りがやや強めな声質

音域

地声・話し声の音域は普通の音域です。

音域的に普通程度の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯の鳴りがしっかりと鳴るタイプの声質です。

息よりも声帯の鳴りが先行するような声質で、ジリジリとしたような倍音を感じる鳴りの強めな声質です。

 

共鳴

鳴り系の声質で、話し声はの共鳴は咽頭共鳴(下方向への響き)もしっかりとあるのですが、鼻腔への響きやすさも感じるような話し声です。

 

歌声はファルセットが特徴的な発声

地声

低中音域は地声

声帯の鳴りもバランスよく柔らかく、息が綺麗に流れる発声です。

 

元々の話し声の声質を考えると、息の流れで歌声を美しく柔らかくしているように感じます。

共鳴は上方向の響き(鼻腔や軟口蓋)中心でほとんど下方向への響きを作ることはないですね。

 

鼻腔や軟口蓋へ響かせるのはもちろんですが、鼻に息を通すようなニュアンスで声を出すことも多いですね。

声を斜め上方向へ向けるような発声が森山直太朗さんの特徴ですね。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

森山直太朗さんの高音域はファルセット中心なので、そこまでガツンと高音域を鳴らすことはないのですがある程度のレンジまで綺麗に中高音を鳴らしています。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

非常に綺麗な洗練されたファルセットです。

高音域をするりと抜くように使いますが、スパイス的に使い方からフレーズの大半をファルセットで歌ってしまうなど、ファルセットの使い手です。

 

声質はしっかりと芯もありつつ、息も綺麗に流れるバランスのいい声質です。

鼻に抜くようなニュアンスが強まり森山直太朗さん独特のニュアンスを作り出しています。

 

ファルセット

 

森山直太朗さんの歌い方

共鳴や音色

まず特徴的なのが声の方向性ですね。

鼻腔や軟口蓋方向へ綺麗に響いており響かせると同時にその方向へ声と息を抜くようなニュアンスを作り出しています。

 

声を出すときは当然ながら口から息を出すものですが、森山直太朗さんの場合、口と鼻で息を二分するように声を出します。要は鼻に息を通すようにするということですね。

 

声を出すときは基本的には口から息が出るのですが、森山直太朗さんは鼻から息を吐くようなニュアンスを使います。

もちろん全てがそういう発声ではないのですが、そういうフレーズが随所に現れるのが特徴です。

 

ビブラート

また、ビブラートが非常に綺麗なのも特徴です。

やや深めのなだらかなビブラートです。

歌謡曲的な深めのビブラートが情感を生み出していますね。

 

フレージング・歌い回し

  • 滑らかで流れるようなフレージング

というタイプでしょう。

音と音を滑らかにつなぐ、母音を流れるようにつなぐフレージングです。

 

どういう練習をすれば森山直太朗さんのように歌えるか

森山直太朗さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

森山直太朗さんのように歌うポイント

ポイント

ファルセットをトレーニング

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

ファルセット(裏声)を鍛える

森山直太朗さんのように歌うにはファルセットは欠かせない要素でしょう。

もちろんファルセットが全てではないのですが、重要なファクターを占めているのは間違いないです。

 

ファルセットのトレーニング

まずは『正しい裏声』を認識しましょう。

 

これを認識したら、

  • 地声と裏声の交互発声のトレーニング

でトレーニングするのがおすすめです。

『地声と裏声の交互切り替えトレーニング』で輪状甲状筋を鍛える

続きを見る

 

とにかく裏声を自由自在に使いこなせるようになると、森山さんの楽曲が歌いやすくなるはずです。

頑張りましょう。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.