歌声解説 男性シンガー

斉藤和義の歌い方・歌唱力【歌声解説】

投稿日:2017年11月16日 更新日:

今回は斉藤和義さんについいて書いていきたいと思います。斉藤和義さんと言えばシンガーソングライターとして絶大な人気を持っている方ですね。インパクトのある楽曲は聞く人の耳に残りますし、多くの名曲を世に出しています。歌声も耳に残る日本人らしい歌声で多くの人を魅了しています。そんな斉藤和義さんについて書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低めの音域で、声帯の鳴りが強い声質

地声や話し声の音域はやや低めの音域ですね。音域的にやや低めの音域帯の声帯を持っているように感じます。

声質は声帯の鳴りが非常に強く、声帯が鳴りやすいタイプの声質です。息よりも声帯の鳴りが先行しているタイプの声質です。ジリジリとした声帯の鳴りが鳴りやすいタイプの声質ですね。持っている音域帯は低めですが、共鳴はあまり下方向へ落ちておらず浅めのニュアンスのある響きの作り方です。

歌声は閉鎖感のある歌声中心

歌声は主に3種類の歌声を使っています。地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類ですね。地声からミックスボイスまでは比較的一本化された声ですね。

低中音域は地声系の発声を使っています。話し声同様に声帯のジリジリとした鳴りの倍音の強い声質です。息よりも声帯の鳴りを先行させているので、息はあまり流れずに鳴りの倍音が強いですね。共鳴は上方向への響きが主体ですね。もともと話し声も浅めのニュアンスがあり、歌声でもそのまま浅めの閉鎖的なニュアンスがありますね。

中高音域はミックスボイスを使っています。地声から一本化された声で声質の変化がほとんどないです。もともと閉鎖的なニュアンスの声なので、そのままの閉鎖感で高音域を出しているような感じです。声帯の閉鎖や鳴りが強く、ジリジリとした倍音が多い声ですが、柔らかさもあるのが斉藤和義さんの歌声の特徴ですね。

高音域はファルセットを使うこともあります。比較芯のあるタイプのファルセットですが、斉藤和義さんの声の中では息の成分が多いので、抜けるようなニュアンスを生み出しています。フレーズの中でのスパイス的な使い方をすることが多いですね。

どういう歌い方か

閉鎖系のニュアンスでまっすぐに

斉藤和義さんの歌い方は浅めのニュアンスを意識するといいでしょう。浅めとは、共鳴は上方向・口や口の中の空間は横方向のニュアンスですね。ただ単純にこのニュアンスを実行すると明るく爽やかな感じになってしまうかもしれませんね。斉藤和義さんのように歌うには口自体はあまり開けずに気だるいニュアンスを追加するといいかもしれせん。

ビブラートはほとんどかけずに基本的にまっすぐに歌っています。閉鎖的で母音系の倍音を含む声で、まっすぐにロックに歌うので心に訴えかける歌になっているのかもしれませんね。

実際の歌声で確認

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤字

「歩いて帰ろう」でファルセットを確認

フレーズ

走る街を見下ろして のんびり雲がお〜よ〜い〜でく 誰にも言えないことは 

非常にわかりやすいファルセットですね。綺麗に抜けるように使っていますが、しっかりと芯もありファルセットです。 黄色のアンダーラインは地声とミックスボイスの中間色のようなもので、はっきりとわかりにくいのでこうしています。綺麗に線引きできるものではないですから。

「歌うたいのバラッド」で地声とミックスボイスの違いを確認

フレーズ

今日だってあなたを おもいながら 歌うたいは歌うよ どうやってあなたに伝えよう 雨の夜も冬の朝もそばにい

斉藤和義さんの歌声はかなり一本化された声区の変化を感じにくい歌声なので、綺麗な線引きはなかなか難しいのですが、わかりやすい部分でこんな感じでしょう。

ミックスボイス部分は声帯の閉鎖や鳴りが強まり、鳴りの倍音の強い芯のあるミックスボイスで高音を出しています。

どういう練習をすれば斉藤和義さんのように歌えるか

斉藤和義さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

斉藤和義さんのように歌うポイント

ポイント

閉鎖的なミックスボイスを身につける

これが重要です。では練習方法を書いてきたいと思います。

①「ネイ」「ヤイ」トレーニングで閉鎖の強いミックスボイスを作る

まずは「ネイ」「ヤイ」トレーニングで強いミックスボイスを習得しましょう。

このトレーニングはその名の通り「ネイ」「ヤイ」の発音で発声練習するトレーニングです。「ネイ」や「ヤイ」で高音発声練習することで声帯の閉鎖力をつけなおかつ喉周りを締めにくくする効果があります。

声帯は締めなければいけないのですが、喉周りの筋肉などは余計な力は入れたくないので(というか入れちゃダメ)この練習は強い閉鎖を必要とする発声に最適です。

【「ネイ」「ヤイ」トレーニング】のやり方・効果・練習方法について

②エッジボイスで声帯の閉鎖をコントロールする

斉藤和義さんのように声帯が閉鎖している歌い方を習得するためには声帯のコントロールが非常に重要です。特にエッジボイスは声帯の閉鎖感覚を掴むのに最適です。またエッジボイスはミックスボイスの習得にも最適なのでしっかりと練習しましょう。

エッジボイスは力を入れて練習するとあまり良くないので力を抜いて練習することを心がけましょう。

詳しくはこちら

【エッジボイス】のやり方・効果・練習方法について

まとめ

斉藤和義さんのように歌うポイント

ポイント

閉鎖的なミックスボイスを身につける

斉藤和義さんの歌声は声帯の締め方が重要です。基礎からすると声帯は締めるなと言われることも多いですが、締めていいところだけを締めることができればいい歌声でかつ日本人に伝わりやすい歌声になります。

声帯をしっかりとコントロールできるようなトレーニングをしていきましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.