歌声解説 男性シンガー

槇原敬之の歌声や歌い方の分析

投稿日:2017年11月17日 更新日:

槇原敬之さんと言えば、とても素敵な楽曲が多く心に響く歌を日本中の多くの人に届けている有名なミュージシャンですね。数多くの名曲を生み出しています。

 

心掴まれているからも多いのではないでしょうか。

今回はそんな槇原敬之さんの歌声について

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通〜やや高めくらいの音域で、柔らかい鳴りの声質

音域

地声・話し声の音域は普通〜やや高めくらいの音域です。

音域的に普通〜やや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は息と鳴りのバランスのいい声質で、柔らかい声帯の鳴りがある声質です。話し声のトーンが高めなので、話し声からミックスボイスっぽい声区を使うことも多いです。

 

共鳴

共鳴は上方向(鼻腔や軟口蓋)へ声を当てることが多いです。

 

歌声は柔らかく高音まで伸びる発声

チェストボイス

低中音域は地声

声質は柔らかい声帯の鳴りを軸にした声質です。

 

この柔らかい鳴りを保った低中音域帯の声質を保ったまま高音域帯まで繋がる柔軟な声帯を持っていますね。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

声質は薄く柔らかい鳴りで芯も綺麗にあるミドルレンジです。

 

声帯を非常に薄く柔らかく使っているので、高音域まで柔らかな音色を鳴らしています。

オンリーワンの歌声で、ファルセット的な柔らかさを持ちつつくっきりと芯がある特徴的な中高音発声です。

 

低音域の地声域から高音域まで滑らかに声区を変化させて、歌っているように感じます。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

高音域を綺麗に抜くようなフレーズで使っています。

ファルセットなので当然抜け感もあるのですが、芯もくっきりとしている柔らかいファルセットです。

 

ファルセット

「いつもより眺めがいい〜〜

 

歌い方

共鳴や音色

基本的には鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の響きです。

特に上アゴへ声が当たっているような音色作りをしています。

 

ビブラート

全般的に自然に綺麗なビブラートをかけています。

 

フレージング・歌い回し

  • 滑らかで流れるようなフレージング

のタイプでしょう。

 

あまり切れ目を作らずにフレーズを伸びやかにつなげることが多いですね。

 

どういう練習をすれば槇原敬之さんのように歌えるか

槇原敬之さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

槇原敬之さんのように歌うポイント

ポイント

柔らかい中高音域を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

柔らかい中高音域を鍛える

槇原敬之さんの歌声の鍵は

  • 柔らかい鳴りの発声を高音域まで使いこなすこと

でしょう。

 

ただし、自分の持っている声帯や声質には向き不向きがありますので、そこは自分の声帯と向き合いながらトレーニングしてください。

 

柔らかい鳴りのトレーニング

柔らかい中高音域の練習にはリップロールが最適です。

リップロールで低音から高音までなるべく一本の声で歌えるように練習します。

 

低い音から高い音までを行ったり来たりする練習がいいと思います。

喉に力が入らないようにすることと息をしっかり流しながら練習することをお勧めします。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.