歌声解説 女性シンガー

大原櫻子の歌声や歌い方についての分析

更新日:

大原櫻子さんと言えば、大人気のシンガーソングライターですね。また、女優としても大活躍されてますね。

何と言っても高い歌唱力と可愛いルックスで多くの人を魅了しています。

 

今回はそんな大原櫻子さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質か・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、息と鳴りのバランスのいい声質

地声や話し声の音域はやや高めの音域です。

音域的に普通〜やや高めくらいの声帯を持っているように感じます。

 

声質は非常にバランスのいい声質です。

息も綺麗に流れつつ、声帯の鳴りもしっかりとあるバランスのいい声質と言えるでしょう。綺麗な声で非常に良く通るバランスのいい声と言えそうです。

 

話し声から音域的に幅広く、表情豊かでよく通る声を持っていると感じます。

 

歌声はオールラウンドに綺麗な歌声

チェストボイス

低中音域は地声

綺麗に息が流れる発声で、息の倍音を多く含んだ声質から声帯をしっかりと鳴らす発声まで幅広い発声を使っています。

綺麗に息が流れる発声で、オールラウンドに美しい発声です。

 

共鳴のバランスも大きな偏りなく、綺麗に響いています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

低音域の発声に比べると、声帯を強く鳴らすやや強めの発声で強い中高音を鳴らしています。

ある一定のライン以降までバランスよく中高音を鳴らしそれ以降はファルセットへ移行するスタイルです。

 

ミドル

強い高音域がミドルレンジくらい↓

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)。

息の倍音も多く含みつつ、やや芯があるファルセットを使うことが多いです。

非常に綺麗な抜け感と芯があるファルセットです。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋など上方向への共鳴を主体とした明るい音色作り中心の発声です。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではないですが、楽曲によっては綺麗にかけています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

大原櫻子さんの歌い方は歌い方自体に大きな癖や特徴はあまりないように感じます。

もちろん声を聴けば本人とわかる声質ですが、オールラウンドすぎて特徴を挙げづらいですね。

 

それくらい綺麗な発声のバランスで歌っていますし、共鳴のバランスのいいですし、声区の切り替えや持っている声の種類も豊富です。

 

低中音域は息が流れるフレーズで綺麗に、中高音域は鳴りの強い声質でガツンと、高音域はファルセットという感じの楽曲が多いですね。

 

ピッチ感も非常に良くアカペラも美しいです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.