【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

歌声解説 女性シンガー

大原櫻子の声や歌唱力についての分析

更新日:

今回は大原櫻子さんの歌声について書いていきたいと思います。

大原櫻子さんと言えば、大人気のシンガーソングライターですね。また、女優としても大活躍されてますね。

何と言っても高い歌唱力と可愛いルックスで多くの人を魅了しています。今回はそんな大原櫻子さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質か・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、息と鳴りのバランスのいい声質

地声や話し声の音域はやや高めの音域です。

音域的に普通〜やや高めくらいの声帯を持っているように感じます。

声質は非常にバランスのいい声質です。息も綺麗に流れつつ、声帯の鳴りもしっかりとあるバランスのいい声質と言えるでしょう。綺麗な声で非常に良く通るバランスのいい声と言えそうです。

話し声から音域的に幅広く、表情豊かでよく通る声を持っていると感じます。

持っている声帯

普通〜やや高めの音域・バランスのいい声質

歌声はオールラウンドに綺麗な歌声

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声系の発声です。

綺麗に息が流れる発声で、息の倍音を多く含んだ声質から声帯をしっかりと鳴らす発声まで幅広い発声を使っています。綺麗に息が流れる発声で、オールラウンドに美しい発声です。

共鳴のバランスも大きな偏りなく、綺麗に響いています。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。地声の延長線上くらいの発声です。

地声系の発声に比べると、声帯を強く鳴らすやや強めの発声で強い中高音を鳴らしています。

地声の音域帯がもともとやや高めで、高音域帯はファルセットを使うこともあるため、ミックスボイスを頻繁に使用しているわけではない(もしくは綺麗に線引きできない)と思います。

ミックスボイス

強い高音域がミックス(ミドルレンジ)の入り口くらいの音域かな?というくらいだと思います。ほとんど地声と捉えても良いと思います↓

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

息の倍音も多く含みつつ、やや芯があるファルセットを使うことが多いです。非常に綺麗な抜け感と芯があるファルセットです。

ファルセット

歌声

バランスのいい地声域・ミックスボイス・ファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔な軟口蓋など上方向への共鳴を主体とした明るい音色作り中心の発声です。

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではないですが、楽曲によっては綺麗にかけています。

フレージング・歌い回し・歌唱力

大原櫻子さんの歌い方は歌い方自体に大きな癖や特徴はあまりないように感じます。もちろん声を聴けば本人とわかる声質ですが、オールラウンドすぎて特徴を挙げづらいですね。

それくらい綺麗な発声のバランスで歌っていますし、共鳴のバランスのいいですし、声区の切り替えや持っている声の種類も豊富です。

低中音域は息が流れるフレーズで綺麗に、中高音域は鳴りの強い声質でガツンと、高音域はファルセットという感じの楽曲が多いですね。

ピッチ感も非常に良くアカペラなんかも美しいです。

どういう練習をすれば大原櫻子のように歌えるか

大原櫻子さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

大原櫻子さんのように歌うポイント

ポイント

強い高音域をトレーニング

ファルセットを身につける

息の流れる発声を身につける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

強い高音域をトレーニング

大原櫻子さんは高音域まで地声系の発声で伸びやかに歌っています。

地声の高音域を伸ばすトレーニングは「ブッ」トレーニングがおすすめです。

ただ、自分の持っている声帯など場合によってはミックスボイス域でしか歌えないということもあるでしょう。

ミックスボイスのトレーニングリップロールが非常に最適です。

リップロールで息の流れを一定にしてなおかつ声帯を力まずコントロールできるようになってくるまで練習しましょう。

リップロールで低音から高音までしっかり発声できるようにしましょう。

ファルセットを自由にコントロールできるように練習する

大原櫻子さんを歌うのにファルセットが必要不可欠です。

地声と同じくらいコントロールできるようにならなければダメです。ファルセットの練習は地声と裏声の交互発声のトレーニングタングトリルでトレーニングすることがオススメです。

ファルセットのコントロールがしっかりできるようになるとともに、地声やミックスボイスとの切り替えもうまくできるようになるはずです。

低音からファルセットまでを流れよく切り替えられるようになればバッチリです。

息の流れる発声を身につける

大原櫻子さんは綺麗に息が流れる発声を使うことが多いです。息の流れが綺麗な歌声を作るのですね。息が綺麗に流れる発声を身につけるには息と声との連動が重要です。

息と声との連動にはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングの練習が最適です。

息のトレーニングは毎日少しづつでも継続することが大事です。

息の力を効率良く鍛えるにはパワーブリーズがおすすめです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.