【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 男性シンガー

長瀬智也の声や歌い方についての分析

投稿日:2017年11月23日 更新日:

今回はTOKIOのボーカル、長瀬智也さんについて書いていきたいと思います。TOKIOと言えば、大人気のジャニーズグループですね。楽曲もいいものがとても多くジャニーズ事務所の中でも本格派のグループです。

その中でもボーカルの長瀬智也さんの歌声はTOKIOというグループの顔ですね。その特徴的な歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな長瀬智也さんの歌声について解説していきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、声帯の鳴りが強めな声質

地声の音域は普通くらいの音域ですね。音域的に高くも低くもないというくらいの声帯を持っているように感じます。

声質は声帯が鳴りやすい鳴り系の声質です。「鳴りだけ」という感じでもなく、息も流れているのでバランスのいい声質と言えそうですが、どちらかと言えば鳴りが強いと言える声でしょう。

共鳴は咽頭共鳴(下方向への響き)寄りな話し声です。体も大きく共鳴空間も大きいのでよく通るかっこいい声と言えるでしょう。

歌声は声帯閉鎖の強い閉鎖的な歌声

歌声は主に3種類の歌声を使っています。地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類ですね。

低中音域は地声系の発声です。声帯の鳴りと息のバランスのいい声質を使うことが多いですね。しっかりとした声帯の鳴りの倍音を持ちつつ、そこまで尖らせることなく息も流すような声質です。共鳴は上方向主体であまり深い響きを作らないのが特徴ですね。やや浅く明るめの発声をすることが多いです。

中高音域はミックスボイスを使っています。基本的な鳴りは地声とあまり大差ない声質ですが、より一層閉鎖的なニュアンスが強まり声帯の鳴りが強まることが特徴ですね。また、鼻腔方向への響きを強くすることで尖った印象を和らげやや丸みのあるかっこいい声を響かせています。

高音域はファルセットを使うこともあります。使用頻度はそこまで多くはないですが、綺麗に抜く高音などで使っています。

どういう歌い方か

特徴的な浅い歌い方

長瀬さんは閉鎖的な鳴りの男らしい声を鼻腔や軟口蓋へ響かせるニュアンスが強いです。と同時に深い響き(咽頭共鳴)はあまり作らないので、浅めで口や口の中の空間は横方向のニュアンスがあります。(深いとか浅いとか別に良い悪いはないですよ。表現の話です。)

浅いニュアンスは明るい爽やかさを演出しますが、長瀬さんの声は男らしくかっこいい声なので、独特のニュアンスを生み出しているように感じます。

ビブラートはあまりかけることはなく、まっすぐに歌うタイプです。

どういう練習をすれば長瀬智也さんのように歌えるか

長瀬智也さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

長瀬智也さんのように歌うポイントは

  • 力まず声帯閉鎖を身につける
  • 地声系のミックスボイスを手にいれる

この2点だと考えています。それでは書いていきたいと思います。

声帯閉鎖を極めるためにエッジボイスを極める

声帯の閉鎖具合は常にエッジボイスの延長線上です。エッジボイスの延長線上なのでエッジボイスを極める必要があります。エッジボイスを単発で「あ”」と鳴らせるくらいコントロールする必要があります。それくらいコントロールできるようになれば喉周りの力を入れずに声帯を閉鎖できるようになってくるでしょう。

大切なのは声帯のみが締まるということです。それ以外を締めてはダメです。なのでもちろんエッジボイスをしている時にも力は全く入れてはいけません。力が入っているようであれば変な癖がついてしまう可能性があるのでやめましょう。

エッジボイスの効果は?正しい出し方で高音を身につける

タングトリルで地声系のミックスボイスを習得しよう

地声系のミックスボイス(優しいミックスや綺麗なミックスではない)を練習するのはタングトリルが最適です。タングトリルは「巻き舌」です。巻き舌で練習することによって、舌根=舌の付け根が柔らかくなり発声が楽になります。どうしても強い声というのは喉の周りの筋肉が力んでしまいがちです。力んでしまうと聞き辛い声になってしまいます。

力まないようにするためにも舌根付近を柔らかく保つ必要があるのです。また、タングトリルにはリップロールと同じように「呼気圧」を一定に保つ効果があります。これにより喉に力が入るのを防ぎます。

詳しくはこちら

タングトリルのやり方や効果についての研究

『リップロールの効果』についての徹底考察

まとめ


長瀬智也さんの歌声のポイント

  • 力まず声帯閉鎖を身につける
  • 地声系のミックスボイスを手にいれる

というのが重要な近道ですね。しっかりと練習して力の入らない声帯閉鎖を身につけましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.