【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

歌声解説 男性シンガー

CHAGEの声や歌い方についての分析

更新日:

今回はCHAGE&ASKAのチャゲさんの歌声について書いていきたいと思います。

チャゲさんと言えばCHAGE&ASKAのハモりや高音担当としてASKAさんの歌声を支えたり華やかにしたりという印象が強いですね。

もちろんソロで歌う場面もあり、ソロでもすごいミュージシャンです。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、柔らかな声帯閉鎖感のある声質

地声・話し声の音域はやや高めの音域です。

音域的にやや高めの声帯を持っているように感じます。

声質は柔らかい声帯の鳴りのある声質ですね。息も流れつつ鳴りもあるバランスのいい声質ですね。軽やかな声帯の鳴りで音域的にもやや高めなので、明るい話し声です。

話し声の共鳴は下方向へ響かせるニュアンスがありますが、どちらかと言えば上方向へ響きやすい声を持っていますね。

持っている声帯

普通〜やや高めの音域・柔らかい鳴り系の声質

歌声は特徴的な高音ミックスボイス

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声系の発声ですね。

チャゲさんの歌声は地声からミックスボイスまで境目が非常にわかりにくいことが特徴です。ほとんど一本化された声で、もともと持っている声帯の音域帯もやや高めなのもあるでしょう。

地声域は柔らかい声帯の鳴りと息の流れのバランスのとれた歌声を使っています。共鳴は上方向主体で柔らかな明るい音色の発声主体です。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。

このミックスボイスも地声との声質の変化はほとんどありません。

鳴り方がほとんど変えずに柔らかな高音を鳴らしています。このミックスボイスは薄い声帯閉鎖のコントロールでかなり高い音域帯まで歌うことができます。高音域は強く声帯が鳴りがちですが、チャゲさんは声帯をやや薄く使い柔らかく高音を鳴らしています。ASKAさんのさらに上の音域を綺麗に鳴らすミックスボイスは非常に綺麗ですね。

ミックスボイス

主にハモリの音域帯で使われる強い高音域。

ファルセット

高音域はファルセットを使うこともありますが、高い音域帯までミックスボイスで歌えるのでなかなか使用することはありませんね。

どちらかと言えばライブ中の「フォー」とかで使ってます。

歌声

柔らかい鳴りの地声域・柔らかい鳴りのミックスボイス・ファルセット

どういう歌い方か

歌い方の癖が個性的

癖、結構ありますね。まずリズムの取り方。

ハモりに徹することが多いからでしょうか、リズムを少し遅めにずらして歌うことが多いです。結構リズムをためて歌ったりとか。常にハモっていると相手の声を聞いてからハモるので自然とリズム的に後ろへ後ろへとなってしまっているのかもしれません。これはチャゲさんの特徴ですね。

あとはピッチの取り方も癖があります。音程をしゃくりあげるフレーズが多いです。おそらく音域が広いが故に自由に歌っているのだと思います。これ結構チャゲさんっぽい歌い方と言える要素でしょう。

どういう練習をすればチャゲさんのように歌えるか

チャゲさんのように歌うためにはもちろん色々な練習をしなければいけません。しかし、要点を抑えることで効率的に正しいアプローチでチャゲさんに近づくことができます。

チャゲさんに近づくためのポイントは2つですね。

チャゲさんのように歌うポイント

ポイント

高音ミックスボイスを身につける

リズムを後ろ倒しに

これを身につければチャゲさんらしさを出せると思います。では書いていきたいと思います。

綺麗な高音ミックスボイスはリップロールで練習

ミックスボイスの練習にはリップロールが最適です。

特に柔らかいミックスボイスや綺麗なミックスボイスなどの練習に最適です。逆に迫力のあるミックスボイスや強いミックスボイスにはもっといい練習法があります。リップロールでそのまま曲を歌ってみたり音階練習をすることで高音域までミックスボイスを身につけていきましょう。

注意点は力を入れずに脱力した状態で練習するということです。力が入りすぎている場合は無理のない音域まで下げましょう。少しづつ伸ばしていけばいいのです。

ハイトーンボイスは声帯を上手くコントロールすることが必須です。

リズム・しゃくりをよく聞く

これに関しては練習法というわけではないのですが、意識するのとしないのでは全然違います。ここに癖があるというのは理解できているというのは、それを表現できることに繋がります。理解できればすぐに表現できるわけではないのですが、まずは頭で理解しましょう。

リズムが結構拍より後ろにずれるということ。それに合わせて音程をしゃくり上げていること。この二つを意識するといいかもしれません。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.