歌声解説 歌声解説 男性シンガー

三浦大知の歌い方・歌唱力 鼻腔共鳴の強いミックスボイスが声量を生む【歌声解説】

投稿日:2017年11月25日 更新日:




今回は三浦大知さんについて書いていきたいと思います。

三浦大知さんといえば高度なダンスに加え高い歌唱力を持っているミュージシャンですね。

そのクオリティーは唯一無二。今や世界に通用すると言われているほどの実力の持ち主です。

今回はそんな三浦大知さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質か?

地声・話し声はやや高めの音域だがいたって普通

三浦大知さんの地声はかなり普通です。 悪く言っているわけではありませんよ。笑

音域はやや高めですが、標準的な音域の地声でしょう。

明るめに聞こえるのは口が大きいからですね。声質も大きな特徴なくバランスのいい声質です。

歌声はミックスボイス かなり洋楽的な発声

歌声はミックスボイスです。ミックスボイスで結構高音域を出しますし、ファルッセットもかなり綺麗です。オールランラウンドになんでも歌えてしまうタイプですね。

ミックスボイスは閉鎖系のミックスボイスですね。独特の出し方で力強く綺麗に聞こえます。声帯閉鎖を完璧にコントロールして閉鎖系の声を息で押し出して綺麗に倍音を響かせています。

閉鎖系の声を出すときは息の流れが止まってしまいがちですが、三浦大知さんはそれを息を押し出すことで綺麗に歌声が流れています。

 

母音より子音や息を大事にする洋楽的な発声方法です。三浦大知さんは独特の息使いを使っていることが歌を聞いているとわかります。

リズム感が抜群に良く、ダンスもやっているので、呼吸もリズムを刻んでいるのです。

これが洋楽的で三浦大知さんの上手さに繋がっていますね。

鼻腔共鳴がいい

三浦大知さんのミックスボイスは鼻腔共鳴がかなり優れています。これも洋楽的ですね。響きが鼻のあたりで上に響いてそれを自由にコントロールしているので、通る声になるのです。

逆にほとんんどそれ以外の響きはなく鼻腔共鳴メインです。

日本人としては羨ましい限りですね。

洋楽的な響きは鼻腔共鳴からきています。ここを響かせるか響かせないかが日本語と英語の差とも言えます。

日本人で洋楽のような歌い方をするには、かなり難しいです。

ずっと洋楽に触れて聴き続けないと言語の壁を越えられないですよね。

どういう歌い方か

息が先行した一音一音を重視するタイプ

フレーズ毎に息を吐くように、言葉を出しています。

なので、ブレーキが効いたような声の出し方ですね。

英語圏の歌い方をふんだんに取り入れた歌い方だと思います。

一言一言、息を発射するように言葉を発射するという感覚でしょうか。

どういう練習をすれば三浦大知さんのように歌えるか

三浦大知さんのような高い歌唱力を手に入れるには、並大抵の努力では足りません。

しかし、要点を抑えることで近づくための近道になります。

要点を押さえた上でそこからより訓練するというのが近づくためのいいアプローチですよね。

 

三浦大知さんの歌声のポイント

  • 閉鎖の強いミックスボイス
  • エッジボイスを完全取得
  • 強い鼻腔共鳴
  • しっかりした腹式呼吸で息使いを大事にする

といったところでしょうか。もちろん他にも要素はたくさんありますが、三浦大知さんっぽく歌うにはこの4つがまず大切でしょう。

閉鎖の強いミックスボイスを身につけるには

まずリップロール

まずはミックスボイスを身につけるのが一番重要です。これを身につけないと高い音を綺麗に歌えませんからね。

綺麗なミックスボイスを身につけるには、リップロールの練習が一番最適です。

リップロールを力を入れずに高い音域まで音階練習することで自然と身についていくでしょう。

重要なのは力を入れてはいけないという点です。

リップロールについて詳しくはこちら

【リップロールの効果】高音域やミックスボイス・歌唱力UPに欠かせないトレーニング

今回はリップロールについて書いていきたいと思います。 ボイストレーニング界では有名なものなのですが、歌がうまくなるための近道とも言えるトレーニングなのです。   もちろん歌だけでなく、声を仕 ...

 

閉鎖を強くしていく

リップロールでミックスボイスに慣れてきたら次は閉鎖系の声にしていきましょう。

閉鎖の強いミックスボイスにしていくには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

このトレーニングは閉鎖の強い声で高音域の余計な力を抜いていくトレーニングになります。

 

「ネイ」「ヤイ」トレーニングについて詳しくはこちら

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・声帯閉鎖系の高音を手に入れるトレーニング「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。   特に鳴りの強い声や閉鎖系の声を鍛えるのにいいトレーニン ...

 

エッジボイスを完全習得

エッジボイスを完全習得することも必須ですね。

エッジボイスは声帯のコントロールには欠かせない練習法です。

また、洋楽っぽさ英語っぽさを演出するのにも重要です。

英語圏の人はこのエッジボイスの延長線上で話しますね。

 

エッジボイスについて詳しくはこちら

【エッジボイス】で声帯閉鎖を鍛えてミックスボイスをコントロール

今回は「エッジボイス」について書いていきたいと思います。 エッジボイスというのは聴き慣れない方もいると思いますが、声の出し方の名称であり、ボイストレーニングにもなります。 エッジボイスはこんな方におす ...

 

鼻腔共鳴は「N」の発音で練習

ハミングのような練習ですが「N」の発音で発声練習します。

口は閉じた状態、下は上アゴについた状態で声を出してみてください。

そうすると嫌でも声が鼻腔・鼻に抜けるはずです。

この時注意しなければいけないのが、「M」の発音になってしまわないように気をつけてください。「M」は唇に響きが来ます。しっかりと「N」にしないと鼻腔に響きがいかないので注意してください。

詳しくはこちらで記載しています。

ナ行トレーニングで鼻腔への響きのある声を身につける

今回はナ行のトレーニングについて書いていきたいと思います。 声がなかなか思うように響かない、なんか重たい声に聞こえる、声を出していて苦しい。 そんな時は大抵響きの位置が悪かったり、うまく響きなかったり ...

また、鼻腔共鳴を身につけるトレーニングはハミング練習も効果的です。

ハミング練習法はこちらに詳しく書いています。

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

今回はハミングというボイストレーニングについて書いていきたいと思います。 ハミングといえば鼻歌ですね。でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌でしょうか?   それは人によっては「YES」 ...

 

腹式呼吸トレーニングはドッグブレスで

ドッグブレスのトレーニングは腹式呼吸を身につけるのに最適です。

またしっかりと息を吐く力・吸う力を身につけられるので息使いをコントロールする練習にもなります。

ダンスミュージックは短いフレーズをあえてリズミカルに短く切って歌う歌い方も多いのでしっかりとした呼吸を身につけて歌と息を繋げるトレーニングが必要なのです。

 

ドッグブレスについて詳しくはこちら

【ドッグブレス】で横隔膜を鍛えて声量アップ|通る声を身につける

今回はボイストレーニングの中の「ドッグブレス」について書いていきたいと思います。「ドッグブレス」はボイストレー二ング界では有名なトレーニングです。   トレーニングとしてかなり有効なので、音 ...

 

まとめ

三浦大知さんの歌声をマスターするのは本当に難しい道のりです。

しかし、要点を絞って大きいところを練習していき、とは細かいところを詰めていけばいいのです。大事なのは大きいところ。

  • 閉鎖の強いミックスボイス
  • エッジボイスを完全取得
  • 強い鼻腔共鳴
  • しっかりした腹式呼吸で息使いを大事にする

まずはここをしっかりと練習していきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.