歌声解説 男性シンガー

三浦大知の歌声や歌唱力についての分析

投稿日:2017年11月25日 更新日:

今回は三浦大知さんの歌声について書いていきたいと思います。

三浦大知さんといえば高度なダンスに加え高い歌唱力を持っている大人気ミュージシャンですね。

そのクオリティーは唯一無二。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな三浦大知さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通〜やや高めの音域で、バランスのいい声質

地声・話し声の音域は普通〜やや高めの音域です。普通〜やや高めくらいの音域帯の声帯を持っています。

声質は声帯閉鎖の鳴りや息のバランスのいい声質です。普通の声質という感じでしょう。

明るめに聞こえる声は、口の開きの大きさで明るい音色の話し声になるのですね。話し声からあまり下方向への響きはなく、鼻腔への響き方が強いです。

持っている声帯

普通〜やや高めの音域・バランスのいい声質

歌声は個性的なミックスボイスが特徴

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声
  • ミックスボイス
  • ファルセット

の3種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

息や閉鎖のバランスのいい自然な発声で歌うことが多いです。柔らかい閉鎖感と綺麗に流れる息で軽やかで柔らかい声質を作っています。

明確な地声域は息の流れがとても綺麗で息の倍音が乗りやすい発声です。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスです。

地声と比べると息の成分が少なくなり、閉鎖の鳴りの成分が強くなるミックスボイスです。

日本人は特に閉鎖系の声を出すときは息の流れが止まってしまいがちですが、三浦さんは声帯を息で押し出すようなアタック感のある発声方法で鳴りのある中高音を発声しています。こういう息の流れを止めずに息のアタックで押し出すような発声法は日本人では少ないですね。洋楽では基本的なスタイルです。

またこのアタックの強い発声の際に鼻腔に声を通すようなニュアンスが非常に強いのも特徴的です。これにより独特の『息抜けの音(声帯閉鎖が解けるような音)』が生まれておりこれが三浦大知さんの大きな特徴です(あとで解説します)。

ミックスボイス

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

非常に綺麗なファルセットを使いこなすのも三浦さんの武器ですね。息の流れが非常に綺麗なファルセットを地声域やミックスボイス域から自在に切り替えています。

ファルセット

歌声

バランスのいい地声域・ミックスボイス・ファルセット

どういう歌い方か

鼻腔に通すアタック感が独特の息抜けを生み出す

先ほども書いたように息のアタックで声を出すようなニュアンスが強くそれを鼻腔などの上方向に通しています。これにより強い声帯閉鎖が解けるような「息抜け」のニュアンスがあります。「息抜けのニュアンス」という言葉で伝わるかわかりませんが、別の言い方をすれば声帯閉鎖が解ける音、「キュッとした鳴り」などと言い換えることができそうです。

の部分がそれに当たるのですが、このニュアンスを三浦さんは非常によく使います。「キュッ」て声帯が鳴って息が抜けるようなニュアンスです。

ポイント

It's U() U update U ()君なりに泣いて笑ってまた It's U() 少しづつ() 前に進め きっと明日は just U U update U

どういう練習をすれば三浦大知さんのように歌えるか

三浦大知さんのような高い歌唱力を手に入れるには、並大抵の努力では足りません。しかし、要点を抑えることで近づくための近道になります。

要点を押さえた上でそこからより訓練するというのが近づくためのいいアプローチです。

三浦大知さんのように歌うポイント

ポイント

独特のミックスボイスを身につける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

独特のミックスボイスを身につけるには

三浦大知さんのミックスボイスは息の押し出し感が重要です。声帯はしっかりとコントロールされているのですが、声帯コントロールよりも息で押し出すようなニュアンスが重要です。

地声系の発声の延長線上で声を鼻腔方向へ当ててそこに息のアタックで鳴りの強い声を通すような出し方です。難しいですね。試行錯誤していくしかないです。

ミックスボイスのトレーニングはリップロール「ネイ」「ヤイ」トレーニングがいいでしょう。声帯コントロールの部分はこのようなトレーニングで鍛えましょう。

また、鼻腔へ声を当てる練習として「ハミング練習」も必須です。ハミング練習のページにある「フン」トレーニングは三浦さんのニュアンスを出しやすい練習方法かもしれません。

ピッチ感リズム感のトレーニングも欠かせませんね。

まとめ

持っている声帯

普通〜やや高めの音域・バランスのいい声質

歌声

バランスのいい地声域・ミックスボイス・ファルセット

三浦大知さんの歌声をマスターするのは本当に難しい道のりです。

しかし、要点を絞って大きいところを練習していき、とは細かいところを詰めていけばいいのです。大事なのは大きいところ。とは言えそこが難しいのですが。

三浦大知さんのように歌うポイント

ポイント

独特のミックスボイスを身につける

まずはここをしっかりと練習していきましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 当サイトでは歌唱力アップのための様々なトレーニングや研究考察などを紹介しています。 例えば「〇〇のためには〇〇トレーニングがいい」みたいな感 ...

5

今回はオススメの音楽配信サービスアプリについての紹介です。 音楽配信アプリは当然音楽を聴くもので、単純に考えると娯楽の範囲でしょう。ですが、「音楽的感覚・感性」という部分の成長は音楽をたくさん聴くこと ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.