【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 男性シンガー

山崎まさよしの声や歌い方についての分析

投稿日:2017年11月30日 更新日:

今回は山崎まさよしさんの歌声について書いていきたいと思います。山崎まさよしさんと言えば、日本の音楽界で長く活躍する一流ミュージシャンですね。

何と言っても個性豊かで独特な歌声とギターの技術は素晴らしいですね。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな山崎まさよしさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低めの音域で、鳴り系の声質

地声・話し声の音域はやや低めの音域です。やや低めくらいの音域の声帯を持っているように感じます。

声質は声帯がよく鳴るタイプの声質ですね。声帯閉鎖が強く、息よりも声帯の鳴りが先行している声と言えるでしょう。

話し声は咽頭共鳴(下方向への響き)寄りの声の出し方ですが、鼻腔にも響きやすいような印象を受ける声です。

持っている声帯

やや低めの音域・鳴り系の声質

歌声は柔らかい丸みあるミックスボイス

歌声は大きくは3種類の歌声を使っています。地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類です。ほとんどがミックスボイスメインの発声です。

地声

低中音域は地声を使っています。ミックスボイスまで非常に綺麗に繋がっているので、声区の境目がほとんどわかりません。ミックスボイスを発声の主体に置いて、低音の地声域をブリッジにしているような、ミックスボイスに寄せているような感じです。

地声

このフレーズの低音部分は地声域。

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。

中高音域はミックスボイス主体です。柔らかくも芯のある鳴りと丸みのある共鳴が特徴的なミックスボイスです。柔らかな声帯閉鎖が芯がありかつ優しいミックスボイスを生み出しています。

共鳴は鼻腔共鳴主体で、声を鼻腔に集めることで丸く柔らかな発声を生み出しています。

ミックスボイス

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

そこまで多く使用されることもないですが、高音を抜くようなフレーズでたまに使用しています。

ファルセット

歌声

低音域から中高音域までミックスボイス系の発声・抜きのファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

おそらく山崎まさよしさんのモノマネをしようとすると、ほとんどの人は鼻腔に響きを集めることになるでしょう。それくらい山崎まさよしさんは鼻腔中心の上方向へ声を当てています。

その共鳴が柔らかく丸みのある歌声を作り出すのに一役買っているのですね。

ビブラート

山崎まさよしさんの特徴の一つとして、細かいビブラートが全体的にかかっているというのもあります。フレーズの中に満遍なく細かいビブラートがかかっていますね。深いビブラートではなく、細かく揺らすのが重要です

フレージング・歌い回し・歌唱力

フレージングの一つ一つが滑らかに長いのが特徴です。一息で歌えるフレーズが長いという子です。おそらくミックスボイスで歌っている方こそできる技ですね。滑らかなフレージングの中で独特の強弱をつけるのが特徴です。

どういう練習をすれば山崎まさよしさんのように歌えるか

山崎まさよしさんのように歌うのは、もちろんかなりの音楽的要素が必要です。しかし、要点を絞って練習することで近づくための近道になりますし、何を練習すればいいのか自分の中でまとめることができます。

山崎まさよしさんのように歌うポイント

ポイント

ミックスボイスを身につける

鼻腔に響きをつける

この二つが重要ですね。それでは練習方法を紹介していきたいと思います。

山崎さんのようなミックスボイスはタングトリルで練習する

山崎さんのように綺麗だけれどもしっかり声帯が鳴っているようなミックスボイスはタングトリルで練習するのが一番です。タングトリルは「巻き舌」です。

タングトリルを練習することで舌根や舌が柔らかくなりミックスボイスを楽に発声できるようになります。また、響きが口腔や鼻腔にいきやすい練習ですので山崎まさよしさんを練習するのにぴったりの練習です。

タングトリルの主な効果は『舌根を固定して声帯の動きと切り離すこと』

今回は「タングトリル」というボイストレーニングについて考察していこうと思います。タングトリルはボイストレーニング界では有名なトレーニングの一つですね。他にも「タントリル」と言ったり、「巻き舌トレーニン ...

続きを見る

鼻腔に響きをつけるには「N」発声で練習

鼻腔への響きを身につけるにはハミング練習が最適です。ハミングをしっかりと練習することで鼻腔への声の通りをよくすることができます。

鼻歌・ハミング練習は『2種類のやり方』で効果も変化する

今回は歌が上手くなるトレーニングとして有名な『ハミング』というボイストレーニングについて書いていきたいと思います。ハミングといえば鼻歌ですね。でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌でしょうか?それは ...

続きを見る

まとめ

持っている声帯

やや低めの音域・鳴り系の声質

歌声

低音域から中高音域までミックスボイス系の発声・抜きのファルセット

山崎まさよしさんのように歌うにはミックスボイスと鼻腔共鳴が重要です。

もちろんそれ以外にもたくさんの要素があるのですが、大きいところはこの二つですね。この二つを完璧に抑えた後で、細かいところを詰めていきましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.