歌声解説 歌声解説 男性シンガー

山崎まさよしの歌い方・歌唱力 鼻腔共鳴の強いミックスボイス【歌声解説】

更新日:




今回は山崎まさよしさんについて書いていきたいと思います。

山崎まさよしさんと言えば、日本の音楽界で長く活躍する一流ミュージシャンですね。

個性豊かで独特な歌声とギターの技術は素晴らしいですね。

ギター、めちゃめちゃうまいですよね! 僕はギターも弾くのであの素晴らしさがわかります。

まぁそれはさておき

今回はそんな山崎まさよしさんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域 丸めの声

山崎まさよしさんの地声は普通の音域です。高くもなく低くもなくという感じです。

声質が丸い印象を受けます。丸いという表現はなかなか難しい表現ですね。笑

言葉にするとややこもり気味に鼻腔に響く感じですね。

この柔らかい響きの声質が歌声になると倍増されてあの響きを生み出していますね。

歌声はミックスボイス 丸めの声

歌声はミックスボイスですね。高音までほとんど一本の声で歌い上げています。

柔らかい声質で鼻腔によく響く歌声ですね。

地声同様に丸めの声づが、歌声になるとより一層丸めの声です。

これが山崎まさよしさんの声の最大の特徴ですし、よくモノマネされるポイントでもありますね。

どういう歌い方か

あまり息が流れない ブレーキがある ロングトーンはあまりない

あまり息が流れず声帯をしっかり鳴らしている歌い方です。

息をあまり流してないのでロングトーンなどは少ないです。

ロングトーンよりも言葉のブレーキがしっかり効いた歌い方をしていますね。

細かいビブラートがある

ロングトーンが少ないのであまり深いビブラートはないのですが、細かいビブラートがあります。これがあるのでブレーキの効いた声も気持ちよく聞こえますね。

どういう練習をすれば山崎まさよしさんのように歌えるか

山崎まさよしさんのように歌うのは、もちろんかなりの音楽的要素が必要です。

プロのミュージシャンですからね。

しかし、要点を絞って練習することで近づくための近道になりますし、何を練習すればいいのか自分の中でまとめることができます。

 

山崎まさよしさんのように歌うには

  • ミックスボイスを身につける
  • 鼻腔に響きをつける

この二つが重要ですね。

それでは書いていきたいと思います。

山崎さんのようなミックスボイスはタングトリルで練習する

山崎さんのように綺麗だけれどもしっかり声帯が鳴っているようなミックスボイスはタングトリルで練習するのが一番です。

タングトリルは「巻き舌」です。

 

タングトリルについて詳しくはこちら

タングトリルで舌を鍛えて歌唱力UP!ミックスボイスを強化

今日は「タングトリル」というボイストレーニングについて紹介していこうと思います。皆さんは、タングトリルというものを聞いたことはあるでしょうか?   目次1 タングトリルとは?1.1 どういう ...

タングトリルを練習することで舌根や舌が柔らかくなりミックスボイスを楽に発声できるようになります。また、響きが口腔や鼻腔にいきやすい練習ですので山崎まさよしさんを練習するのにぴったりの練習です。

鼻腔に響きをつけるには「N」発声で練習

鼻腔に響きをつける練習は「N」発声法が最適です。

「N」発声法はその名の通り「N」で発声するトレーニングです。

口を閉じてハミングのように発声していきます。

個人的な解釈ですが、ハミングとは微妙に違います。

ハミングは「M」の発音でするものだと個人的には思っています。

練習法となると正確な定義は世界中に散らばっていて難しいです。

「N」の発音は口を閉じた状態で舌を上アゴにつけて発声します。

「M」の場合は口を閉じて口の中に小さなピンポン球を入れたイメージで発声します。

この違いですね。

どちらも練習法としてはいいのですが、「N」の方が鼻腔にのみ響きがいきやすいです。「M」は鼻腔と口腔で響きを二分するような感覚ですね。

今回はとりあえず鼻腔が重要なので「N」の発声練習が最適ですね。

最初のうちはうまく発声できなくても、だんだんと鼻に声が通るようになってきます。そうすることで鼻腔共鳴を習得していきましょう。

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

今回はハミングという練習法について書いていきたいと思います。 ハミングといえば鼻歌ですよね。 でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌ですか?   それは人によっては「YES」 人によっては ...

まとめ

山崎まさよしさんのように歌うにはミックスボイスと鼻腔共鳴が重要です。

もちろんそれ以外にもたくさんの要素があるのですが、大きいところはこの二つですね。この二つを完璧に抑えた後で、細かいところを詰めていきましょう。

おすすめ記事

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.