歌声解説 男性シンガー

山崎まさよしの歌声や歌い方の分析

投稿日:2017年11月30日 更新日:

山崎まさよしさんと言えば、日本の音楽界で長く活躍する一流ミュージシャンですね。

何と言っても個性豊かで独特な歌声とギターの技術は素晴らしいですね。

魅了されている方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな山崎まさよしさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低めの音域で、鳴り系の声質

音域

地声・話し声の音域はやや低めの音域です。

やや低めくらいの音域の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯がよく鳴るタイプの声質ですね。

声帯の鳴りが強く、息よりも声帯の鳴りが先行している声と言えるでしょう。

 

共鳴

話し声はの共鳴は咽頭共鳴(下方向への響き)寄りの声の出し方ですが、鼻腔にも響きやすいような印象を受ける声です。

 

歌声は柔らかい丸みある発声

地声

低中音域は地声

中高音域をベースにしているような発声なので、地声やミックスというのは何とも言えないような絶妙な発声をしていますね。まぁ全部地声と考えてもいいとも思います。

 

低中音域はどっしりと鳴らしますし、深く響かせています。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス)。地声の延長線上の中高音発声。

柔らかくも芯のある鳴りと丸みのある共鳴が特徴的な中高音です。

 

共鳴は鼻腔共鳴主体で、声を鼻腔に集めることで丸く柔らかな発声を生み出していますね。

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

そこまで多く使用されることもないですが、高音を抜くようなフレーズでたまに使用しています。

 

歌い方

共鳴や音色

おそらく山崎まさよしさんのモノマネをしようとすると、ほとんどの人は鼻腔に響きを集めることになるでしょう。それくらい山崎まさよしさんは鼻腔中心の上方向へ声を当てています。

 

その共鳴が柔らかく丸みのある歌声を作り出すのに一役買っているのですね。

 

ビブラート

山崎まさよしさんの特徴の一つとして、細かいビブラートが全体的にかかっているというのもあります。

フレーズの中に満遍なく細かいビブラートがかかっていますね。

深いビブラートではなく、細かく揺らすのが重要です

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

フレージングの一つ一つが滑らかに長いのが特徴です。

一息で歌えるフレーズが長いということです。

滑らかなフレージングの中で独特の強弱をつけるのが特徴です。

 

どういう練習をすれば山崎まさよしさんのように歌えるか

山崎まさよしさんのように歌うのは、もちろんかなりの音楽的要素が必要です。

しかし、要点を絞って練習することで近づくための近道になりますし、何を練習すればいいのか自分の中でまとめることができます。

 

山崎まさよしさんのように歌うポイント

ポイント

柔らかく丸みのある発声を身につける

 

これが重要ですね。

それでは練習方法を紹介していきたいと思います。

 

柔らかく丸みのある発声を身につける

山崎まさよしさんの歌声の特徴はやはり『丸みのある柔らかな音色の発声』でしょう。

  • 柔らかな発声
  • 鼻腔共鳴

という点がポイントでしょう。

 

柔らかな発声

柔らかな鳴りの発声を身につけるには

  • リップロール

のトレーニングがおすすめです。

 

柔らかな声帯コントロールを身につけるのに最適なトレーニングです。

柔らか鳴りは『声帯の鳴り』と『息の流れ』のバランスが重要です。

 

鼻腔共鳴

鼻腔への響きを身につけるには

  • ハミング練習

が最適です。

 

ハミングをしっかりと練習することで鼻腔への声の通りをよくすることができます。

 

各種ボイトレ方法はこちら

ボイトレ一覧

発声方法・テクニックはこちら

発声・スキル

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.