歌声解説 歌声解説 K-POP 歌声解説 男性シンガー

JYJ ユチョンの歌い方 深みのある響き・声量・ミックスボイス【歌声解説】

更新日:




今回はJYJのユチョンさんについて書いていきたいと思います。

ユチョンさんといえば、JYJ・元東方神起のメンバーとして抜群の歌唱力を誇っている方ですよね。

ユチョンさんは英語がかなり堪能で、東方神起の中でも個性的な歌い方をしているメンバーでしたね。(過去形)笑 東方神起復活しませんかね?

はい。今回はそんなユチョンさんについて書いていきたいと思います。

 

どういう声質か?

地声・話し声 音域はやや低めで深みのある声

一概に決めつけるのは良くないのでしょうが、韓国の方は割と声が高い方が多い中、ユチョンさんは割と低めです。まぁやや低めくらいでしょうね。

言語的にしっかりと息を吐いた声の出し方ですね。

韓国語は英語同様歌に向いている言語ですね。

歌声も深みのあるミックスボイス

歌声も地声同様深みのある声です。5人だった頃の東方神起の中では、かなり低く感じるような歌声です。

やや鼻が詰まったような歌声で、鼻腔よりも口腔や胸に響いて深みのある声になっています。

どういう歌い方か

地声・ミックスボイス・ファルセットとかなり万能に歌いこなします。

どうして韓国の人はこうも上手いのでしょうか。

ファルセットもかなり綺麗です。

歌声としては先ほど書いたように、鼻に抜けない歌い方が個性的です。

この歌い方が好きな方も多いのではないのでしょうか?

僕は大好きです。

 

どういう練習をすればユチョンさんのように歌えるか

ユチョンさんのように歌うには、一朝一夕では習得できないでしょう。

しかし、要点を絞ることで近づくための近道になります。

 

ユチョンさんの歌声は

  • 深みを出す響きを身につける
  • ナチュラルなミックスボイスを身につける

では、書いていきたいと思います。

深みのある響きは口腔や咽頭・胸の方への響き

ユチョンさんにような深みのある声を身につけるには、喉仏が上がってしまわないような練習をしましょう。

喉仏を下げ気味にとることで、咽頭周辺の響きに深みが増します。

喉仏を下げる練習は「手で触りながら練習する」ことです。

手で触って練習することで普段意識できない喉仏を、しっかりと意識することができます。

これだけかよ!って思うでしょうが、毎日続けると不思議なことにどんどんコントロールできるようになります。そこに意識を持つというのがいかに重要かということですね。

www.shoheihey.com

ナチュラルなミックスボイスはリップロール・タングトリルで

万能なミックスボイスを身につけるにはリップロール・タングトリルの練習がいいでしょう。

リップロールは綺麗なミックスボイスの練習

タングトリルは少し強めのミックスボイスの練習になります。

高音まで無理せずにしっかりと練習して、ミックスボイスを身につけましょう。

www.shoheihey.com

www.shoheihey.com

まとめ

ユチョンさんのように歌うには

  • 深みを出す響きを身につける
  • ナチュラルなミックスボイスを身につける

が重要です。

まずはここから練習しましょう。

 







-歌声解説, 歌声解説 K-POP, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.