歌声解説 女性シンガー

中島美嘉の歌声や歌い方についての分析

投稿日:2017年12月10日 更新日:

今回は中島美嘉さんの歌声について書いていきたいと思います。

中島美嘉さんといえば、個性的な歌声で多くの人を魅了しているアーティストですよね。

 

何と言ってもその歌声は一度聞くと忘れられないくらい素晴らしいですね。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めで、息が綺麗に流れるバランスのいい声質

音域

地声・話し声の音域はやや高めの音域です。

やや高めくらいの音域の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は息が綺麗に流れ声帯の鳴りもあるバランスのいい声質です。

どちらかと言えば、息が先行するような声質です。

 

共鳴

共鳴は鼻腔方向へ声が通りやすく、上方向主体の響きがあります。

 

歌声は綺麗な息の流れとファルセットが特徴的な歌声

地声

低中音域は地声

非常に綺麗な息が流れる息主体の澄んだ音色の歌声です。

あまり声帯を鳴らさずに息の流れを重視するような発声です。

 

ときにエッジっぽく声帯を鳴らしたりもするので、表現豊かな歌声ですね。軟口蓋や鼻腔への共鳴主体の発声です。

 

この地声域は息の倍音が鍵ですね。

 

地声

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

非常に綺麗な抜けるようなファルセットで、息の倍音が多く含まれた綺麗な声です。

 

高音域を綺麗に抜く時に多く使っています。切り替えやコントロールも非常に上手く、頻繁に使っていますね。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

中島美嘉さんは鼻腔や軟口蓋を広く膨らませるようにして空間を広くとって響かせるのが特徴的ですね。

もちろんフレーズによっては様々な表現をしますが。

 

上方向の共鳴空間を広く作って、そこに声を通すことで独特の音色や歌い方を表現しているように感じます。

 

ビブラート

ビブラートを深くかけるのも中島美嘉さんの特徴です。

もちろんフレーズによるのですが、深めのビブラートが多く見られます。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

フレージングや歌い回しなどには大きな癖はないですね。

声質や音色の作り方が特徴的なタイプです。

ピッチ感やリズム感も良く、素晴らしい歌唱力ですね。

 

どういう練習をすれば中島美嘉さんのように歌えるか

中島美嘉さんのように歌うには当然、たくさんの練習が必要ですし、たくさんの要素があります。

ですが、大きな要点を絞ることで、近づく近道になるでしょう。

 

中島美嘉さんのように歌うポイント

ポイント

息が綺麗に流れる発声を身につける

ファルセットを自在にコントロールする

です。

では練習方法を紹介。

 

息が綺麗に流れる発声を身につける

ますは息が綺麗に流れる発声を練習しましょう。

息を綺麗に流すには息と声の連動が重要になってきます。

 

息と声とを連動させるには「スー」「ズー」トレーニングが最適です。

息のトレーニングは日常の声も良くするのでやって損なしのトレーニングです。

ファルセットを自由につ帰るように練習

中島美嘉さんのように歌うにはファルセットを自在に使いこなせるようにならなければいけません。

ファルセットは練習すればするほど上手くなりますので、しっかりと練習あるのみです。

 

ファルセットのトレーニングは地声と裏声の交互発声のトレーニング・リップロールでのトレーニングがおすすめです。

 

各種ボイトレ方法はこちら

ボイトレ一覧

発声方法・テクニックはこちら

発声・スキル

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.