歌声解説 女性シンガー

家入レオの声や歌い方についての分析

投稿日:2017年12月13日 更新日:

今回は家入レオさんの歌声や歌い方についての分析です。

話し声の特徴

地声・話し声の音域ははやや高めの音域

音域的にやや高めくらいの声帯を持っているように感じます。

 

声質は息がさらりと流れる綺麗な声質です。声帯の鳴りもバランスよくあるのですが、そこまで強くなく、息が先行するタイプの話し声です。話し声から透明感のある綺麗な声をしていますね。

持っている声帯

やや高めの音域・息がしっかりと流れる透明感のある声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)

声帯をしっかりと鳴らすフレーズから息が多いフレーズまで楽曲によって様々な表現をしていますが、基本的には話し声同様に綺麗に息が流れる発声中心です。口腔や鼻腔などにしっかりと響く明るい音色です。

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声(≒ミドルボイス・ミックスボイス)。

強い息の圧力をかけて強い鳴りの高音を出しています。こちらは高音域なぶん息の流れよりも鳴りの成分が強くなっています。しっかりと芯のある声でバランスよく中高音を鳴らしています。

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)

綺麗に抜くようなフレーズで使われることが多いですね。綺麗なバランスの良い鳴りのファルセットを自在に使いこなしています。

歌い方

共鳴や音色

歌声の共鳴は基本的には鼻腔や口腔などの上方向主体です。これにより明るく透明感のある音色を作っています。

逆に下方向へ響きを作ることは少ないタイプですね。

音色自体は明るいのですが、口の開き方などでクールな印象を作り出すのも家入さんの魅力の一つでしょう。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではないですが、フレーズ次第では自然に綺麗にかけています。

 

フレージング・歌い回し

歌い回しは大きな癖のないオールラウンドなタイプという感じですが、あえて言えば『ストレートで伸びやかなタイプ』という印象です。

直線的なピッチ感で音を伸びやかに繋げるような歌い回し中心という感じですが、リズミカルな歯切れのよさもあり『オールラウンド/ベーシック』と言えるでしょう。

どういう練習をすれば家入レオさんのように歌えるか

家入レオさんのように歌うポイントは

ポイント

息がしっかりと流れる発声を身につける

これが重要でしょう。

息がしっかりと流れる発声を身につける

家入さんのような綺麗な歌声は『息の流れ』が重要です。

息と声を連動させるような練習法はドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングがオススメです。

息系のトレーニングは毎日少しづつでも続けていくと効果が現れてくるはずです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.