【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

氷川きよしの声や歌い方についての分析

更新日:

今回は演歌歌手の氷川きよしさんの歌声について書いていきたいと思います。

氷川きよしさんと言えば、若い時から演歌界の第一線で活躍し続けている大人気のシンガーです。

何と言っても歌が上手い。演歌が歌えるのはもちろん、普通のポップスやアニソンまで歌いこなしてしまうのでとても器用です。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低めくらいの音域で、声帯がしっかりと鳴る鳴り系の声質

地声や話し声の音域はやや低めくらいの音域です。

音域的にやや低めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

声質は声帯がしっかりと鳴る鳴り系の声質です。息の流れよりも声帯の鳴りが先行するような鳴り主体の声質です。ジリジリ・ビリビリとした鳴りの倍音がある声です。

共鳴は咽頭共鳴(下方向への響き)主体です。

持っている声帯

やや低めの音域・鳴り系の声質

歌声は声帯の鳴りがしっかりとある発声

歌声は2種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)

の2種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

声帯をしっかりと閉鎖させて強い鳴りを生み出す鳴り系の発声がメインです。声帯の鳴りを軸にしてそこに息を通すようなニュアンスの発声です。基本的にはこの鳴り系の声質のまま高音域まで登っていきます。

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。地声の延長線上くらいの発声です。

地声域からの声帯の閉鎖感をそのままに高音域まで登っていきます。

声帯をしっかりと鳴らす閉鎖系のミックスボイスを自在に使いこなしています。

歌声

低音域から高音域までしっかりと鳴らす

どういう歌い方か

共鳴や音色

基本的には鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の共鳴ですが、楽曲次第では下方向(咽頭共鳴)へしっかりと響かせるような音色を作ったりもしています。

特に演歌系の楽曲では下方向へ音色を落とすようなニュアンスが多く使われています。

ビブラート

ビブラートはとても綺麗にかかっており、歌声の安定感を増幅させているように思います。

フレージング・歌い回し・歌唱力

基本的なスタイルは演歌的な歌唱スタイルです。ビブラートを綺麗にかけて、こぶしを入れたりと歌唱技術は素晴らしいです。

ただ、近年はアニソンなどの別分野でもオールラウンドに歌いこなしており、素晴らしい歌唱力を持っています。

どういう練習をすれば氷川きよしさんのように歌えるか

氷川きよしさんの歌声はかなり多くの音楽的要素で成り立っています。その分多くの練習が必要になりますが、要点を絞って練習すれば、近づくために近道になります。

氷川きよしさんのように歌うポイント

ポイント

閉鎖の強い発声を身につける

深いビブラートを身につける

これが重要と考えます。では練習方法を書いていきたいと思います。

閉鎖の強いミックスボイスのトレーニングは2つ

閉鎖の強いミックスボイスを身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

柔らかいミックスボイスや綺麗なミックスボイスはリップロールが最適なのですが、閉鎖の強いミックスボイスであればこのトレーニングが最適です。

エッジボイスは声帯閉鎖のみを鍛えるトレーニングに最適です。声帯閉鎖による倍音を出すには、このトレーニングで閉鎖をしっかりとコントロールできるようにすることが重要です。

エッジボイスが自由にコントロールできるようになったら、力みなく声帯の締めてもいいところだけを締めれるようになっているでしょう。

深いビブラートを身につける

ビブラートをしっかりと練習する必要があります。低音域から高音域までしっかりとかけられるように練習しましょう。演歌はビブラートが深いので良く聴いてしっかりと真似をするのも重要です。

ビブラートのトレーニングはこちら

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.