サイト内検索

歌声解説 歌声解説 男性シンガー

嵐 櫻井翔の歌い方 鼻腔に響く声 【歌声解説】

更新日:

今回はジャニーズの超人気グループ嵐の櫻井翔さんについて書いていきたいと思います。

嵐と言えば、今や国民的アイドル。

その中でも俳優やニュース番組にでも大活躍の櫻井翔さん。

当然、歌も踊りもしているのですが、かなり歌声が特徴的ですよね。

ラップなどもかなり印象的な声で、聴き心地がいいです。

今回はそんな櫻井翔さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低め

地声・話し声はやや低めで若干だけ鼻にかかっているような声です。声帯閉鎖感も結構ありますね。

少し重たいような声質です。

歌声は鼻腔共鳴が広い感じの声

少し抽象的な表現になってしまいますが、鼻腔共鳴が広い感じです。鼻腔の空間が広がっているような声といいましょうか、軟口蓋が大きく開いている声といいましょうか。

どちらにせよ、上方向へ響いているのですが、声が重めなので深い印象の響きが上方向へ響いています。

どういう歌い方か

ラップを歌うときはかなりかっこいい歌い方ですね。鼻にかかったような鼻が詰まっているような感じがかなり強くなりますが、一言一言を吐き出すようにしっかりと歌う感じです。

普通に歌うところも、このラップの感じを弱めたような感じで。すぐに櫻井翔さんが歌っているとわかる個性的な歌い方です。

 

どういう練習をすれば櫻井翔さんのように歌えるか

櫻井翔さんのように歌うにはしっかりとポイントを掴む必要があります。

櫻井翔さんのように歌うポイントは

  • 鼻腔共鳴を身につける
  • 咽頭共鳴を身につける

この二つが重要ですね。

では書いていきたいと思います。

鼻腔共鳴を身につけるにはハミング

鼻腔共鳴を身につけるのに最適なのはハミングの練習です。特に「N」の発音での練習は鼻腔共鳴を身につけやすいです。もう一つ「M」の発音でも構いませんが、「N」の方が鼻腔にダイレクトに抜けます。

詳しくはこちらに書いています。

ボイトレ ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

咽頭共鳴を身につけるには喉仏をコントロールする

咽頭共鳴を身につけるには喉仏をコントロールすることが重要です。喉仏をコントロールできるようになると自然と深い響きの声が出せるようになってきます。

詳しくはこちらに書いていますので参考に練習してみてください

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

f:id:shoheihey:20171125200934j:plain

まとめ

櫻井翔さんのように歌うには響きの位置が重要です。

鼻腔に深く響く声を身につけることでかなり歌声が近づくでしょう。

 

 

他のアーティストの歌声解説はこちらです

 

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.