歌声解説 歌声解説 男性シンガー

CHEMISTRY 堂珍嘉邦の歌い方はミックスボイス 綺麗な高音【歌声解説】

更新日:

今回はCHEMISTRYの堂珍嘉邦さんについて書いていきたいと思います。

ケミストリーと言えば、日本の音楽界で大活躍している二人組ですね。

高い歌唱力と素晴らしいレベルのハーモニーに魅了された方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなCHEMISTRYの堂珍嘉邦さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質か

地声・話し声はやや高めの音域

地声はやや高めの音域です。男らしい感じのカッコいい声ですが、やや高めといった感じですね。

それ以外は割と普通の声質の地声です。歌声は結構声量が出ているのですが、地声はあんまり声量がないですね。笑

歌声はかなり綺麗なミックスボイス

歌声はかなり綺麗なミックスボイスですね。中音域からかなり高音域まで出せるすごいミックスボイスです。

音域だけでなく、ビブラートやピッチなども完全にコントロールしているので、かなりの技術を持っています。

ファルセットも使っていますが、これまたかなり綺麗なのです。ファルセットも声帯が綺麗に重なったような音が鳴っています。

ここまで綺麗なファルセットが出せるということは、かなり輪状甲状筋が発達しているのだと思われます。

裏声(ファルセット)の重要性を紐解く - 音楽技術向上のためのブログ 【ミュートレグ】

どういう歌い方か

オールラウンドに響き・音色を重視した歌い方

歌い方は上手い人特有の歌い方ですね。

響きや音色を重視していかに美しく歌うかを重視した歌い方です。

基本的に鼻腔や軟口蓋への響きを重視している歌い方。

どういう練習をすれば堂珍嘉邦さんのように歌えるか

堂珍さんのように歌うには、かなり多くの音楽的要素が必要です。

そのためそのぶん、多くの訓練が必要です。

ですが、要点を絞ることで近づくための近道になります。

堂珍嘉邦さんのように歌うポイントは

  • 綺麗なミックスボイスを身につける
  • 鼻腔共鳴で深い響きを身につける

この二つが重要です。

では書いていきたいと思います。

綺麗なミックスボイスを身につけるにはリップロール

綺麗なミックスボイスを身につけるにはリップロールが最適です。

リップロールは綺麗な声が身につきやすいです。

リップロールをするだけで響きが上方向に行きやすいので響きの練習にもなります。

とりあえずミックスボイスを身につけたいならリップロールで音階練習が一番です。

www.shoheihey.com

鼻腔共鳴を身につけるにはハミング練習

ハミング練習は鼻腔や軟口蓋への響きを作るのに最適な練習です。

ハミングの練習は「M」の発音と「N」の発音の2種類あります。

どちらも微妙に効果が違いますので、しっかりと分けて練習しましょう。

www.shoheihey.com

 

まとめ

堂珍嘉邦さんの歌声に近づくための重要なポイントは

  • 綺麗なミックスボイスを身につける
  • 鼻腔共鳴で深い響きを身につける

ですね。もちろんそれ以外にも重要なことはたくさんあるのですが。そのほかはこの二つができてから詰めていきましょう。

www.shoheihey.com














-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.