歌声解説 男性シンガー

今市隆二の歌声や歌い方の分析

投稿日:2018年1月5日 更新日:

今回は三代目J Soul Brothersのボーカル今市隆二さんの歌声について書いていきたいと思います。

三代目J Soul Brothersと言えば、今や日本の音楽の最先端を走るグループですよね。

 

いい曲、かっこいいダンス、そして綺麗な歌声に魅せられている人も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方

地声・話し声は普通〜若干高めくらいの音域で、バランスのいい声質

音域

地声や話し声は普通〜若干高めくらいの音域です。

音域的には普通〜若干高めくらいの音域帯の声帯を持っているように思います。

 

声質

声質はバランスのいい声質です。息と声帯の鳴りのバランスの取れた声質と言えるでしょう。

 

共鳴

共鳴はあまり偏りなくフラットな感じです。

 

歌声は柔らかな地声域とファルセットが魅力

チェストボイス

低中音域は地声

息が綺麗に流れる息系の発声ですが、柔らかい声帯の鳴りもあるバランスのいい声質と言えそうです。

 

息を多く流し軽やかに声帯を鳴らすことで綺麗な音色を生み出しています。

 

地声

ファルセット以外は地声系の発声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

声帯を柔らかく薄く閉鎖させるような柔らかい鳴りのミドルです。

 

柔らかな音色が特徴です。

地声域と綺麗に繋がっているので判別は難しいですが、やや声帯が芯を持つのが特徴です。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

高音域はファルセットを多く使いますね。

非常に綺麗なファルセットを使いこなしており、息の流れが綺麗なファルセットです。

 

ファルセット

 

歌い方

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋を中心とした上方向主体の響きです。

特に鼻腔に声を通すようなニュアンスがあるので、声にやや丸みのあるニュアンスが出ています。

 

ビブラート

ビブラートは深くはないですが、自然にかけています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

澄んだ音色で柔らかくセクシーに歌い上げるタイプです。

声量でダイナミクスをつけるというよりクールにさらりと歌いこなしています。

 

どういう練習をすれば今市隆二さんのように歌えるか

今市隆二さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの訓練が必要です。

ですが、要点を絞ることで近づくための近道になります。

 

今市隆二さんのように歌うポイント

ポイント

綺麗な高音域を身につける

ファルセットを自由にコントロール

声に息を多く乗せる

 

これが重要です。

では書いていきたいと思います。

 

綺麗な中高音発声はリップロールで練習

綺麗なミドル域を身につけるにはリップロールで練習するのが最適です。

リップロールは喉の脱力や、高音発声のサポートに一役買ってくれます。

 

また、ウォーミングアップにも最適な練習なので毎日少しづつでも練習しましょう。

 

ファルセットを鍛える

ファルセットを自在にコントロールできるように鍛える必要があります。

ファルセットのトレーニング正しいファルセットを理解し、少しでも出せればあとは「たくさん使う」ことで上手く使いこなせるようになってきます。

 

地声と裏声の交互発声のトレーニングがオススメです。

息をしっかり声に乗せるにはドッグブレス

声に息をしっかりと乗せるにはドッグブレスが最適です。

 

ドッグブレスで音階練習をするもよし、ドッグブレスで歌ってみるのもよし、毎日繰り返し練習することで息をしっかりと吐けるようになってきます。

息が吐けるようになってくると、声に倍音が生まれすっと通る声を出せるようになってきます。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.