歌声解説 男性シンガー

堂本光一の歌声や歌い方の分析【バランスのいい発声】

投稿日:2018年1月5日 更新日:

今回はKinKi Kidsの堂本光一さんの歌声について書いていきたいと思います。

KinKi Kidsと言えば、日本の音楽界でトップを走り続けるジャニーズグループですよね。

 

何と言っても、その楽曲・歌唱力はかなり秀逸です。

あの素晴らしい楽曲たちは、二人だけだからこそ作り出せるものですね。

堂本光一さんの声の特徴【持っている声帯】

まずは堂本光一さんの話し声の特徴を大枠で捉えましょう。

  • 話し声の特徴≒どんな声帯を持っているのか

を掴むことは発声を分析するベースになります。

地声・話し声は普通の音域で、鳴り系の声質

音域

地声や話し声の音域は普通くらいの音域です。

音域的に高くも低くもない普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯がしっかりと鳴る鳴り系の声質です。息の流れよりも声帯の鳴りが先行するような鳴り系に声質です。ただ、バランスのいい声質の範囲内でしょう。

 

堂本光一さんの歌声の分析【発声方法】

歌声はアタック感が印象的な歌声

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声

息がしっかりと流れるバランスのいい発声で歌うことが多いです。

 

特徴的なのは言葉のアタック感ですね。アタックとは言葉の出だしです。

言葉を発する瞬間の強さや速さですね。

 

光一さんはこのアタック感が非常に強いのが特徴です。

言葉の最初を息の流れに合わせて強めに出しています。なので言葉の子音が立ちやすく、発音が綺麗に聞こえます。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

声帯に強く息の圧力をかけて強めに中高音を発声しています。

 

一定音域以降はファルセットへ移行するスタイルです。

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

高音域帯で綺麗に聴かせるような抜くようなフレーズが多いですね。

「薄荷キャンディー」のDメロのあとのサビ(「このまま抱かれて」のあとの「君だけ〜〜〜〜〜〜〜AH〜〜〜」)のファルセットは美しいですね。

ジャニーズは試聴音源が貼れないのが残念です。

 

堂本光一さんの歌い方の傾向

共鳴や音色

上方向主体の共鳴ですが、下方向(咽頭共鳴)をやや保ち太さや深さのある音色作りをしています。

 

ビブラート

ビブラートは軽く自然にかけています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

先ほども書きましたが、言葉のアタック感が強いのでフレーズを直線的に歌います。

剛さんが波のように滑らかな歌い方をするので余計に直線的に感じる部分もありますが、直線的な印象があります。

 

堂本光一さんの歌声に近づくためには

堂本光一さんのように歌うには、多くの音楽的要素が必要です。

そのため多くの訓練が必要です。

ですが要点を絞ることで、近づくための近道になります。

 

堂本光一さんのように歌うポイント

ポイント

アタック感の強い歌い方を身につける

 

これが重要です。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

アタック感の強い歌い方を身につける

堂本光一さんのようなアタック感を強い歌い方を身につけるにはまずは息のアタックを身につけましょう。

 

息のアタックを身につけるトレーニングはドッグブレスの練習が最適です。

ドッグブレスは声のアタックも良くなりますし、息の流れる発声を身につけるトレーニングにもなります。

 

また、声のアタックを鍛えるトレーニングは「ク」トレーニングもオススメです。

こちらは息のアタックというよりも声帯をしっかりと鳴らしつつのアタックを鍛えるトレーニングになります。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.