歌声解説 女性シンガー

木村カエラの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年1月24日 更新日:

今回は木村カエラさんの歌声について書いていきたいと思います。

木村カエラさんと言えば、多くの名曲を生み出しているミュージシャンですね。

 

楽曲や歌声の素晴らしさに魅了されている方も多いのではないでしょうか。

 どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、上方向への共鳴が強い声

地声や話し声の音域はやや高めの音域です。

音域的にやや高めのくらいの声帯を持っているように感じます。

 

声質は息と声帯の鳴りがバランスのいい声質です。

綺麗に息が流れている声質で、どちらかと言えば息先行と言えるかもしれませんがバランスのいい声質の範囲でしょう。

 

共鳴は鼻腔や軟口蓋などの上方向へ綺麗によく響く声を持っています。

 

歌声は上方向へ抜ける綺麗な歌声

地声

低中音域は地声

綺麗な息の流れるバランスのいい発声です。

息の流れが綺麗な倍音を生み出し澄んだ音色を作り上げています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

地声の延長線上くらいの発声です。

 

声帯に強い息の圧力をかけて強い鳴りの中高音域を生み出しています。

息の流れよりも鳴りの倍音が強くなり芯のある高音域を生み出しています。

 

ミドル


 

ファルセット

高音域はファルセット

そこまで多くファルセットを使うタイプではないですが、要所要所で使っています。

しっかりと芯のある鳴り系のファルセットです。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋などの上方向への共鳴主体の発声です。

澄んだ軽い音色を作り出しています。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけずにまっすぐに歌うタイプです。

 

フレージング・歌い回し

フレージングや歌い回しに関しては特に大きな癖はなく、ベーシックなタイプだと思います。

素直なまっすぐなフレージングと言えるでしょう。

 

どういう練習をすれば木村カエラさんのように歌えるか

木村カエラさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの訓練や練習が必要になってきます。

しかし、要点を絞ることで近づくための近道になります。

木村カエラさんのように歌うポイント

ポイント

上方向への綺麗な共鳴を身につける

これが重要です。

では練習方法を書いていきます。

上方向への綺麗な共鳴を身につける

まずは共鳴をしっかりと理解しましょう。

上方向への共鳴を身につけるには「ハミング練習」が最適です。

鼻歌・ハミング練習のやり方や効果について【2種類のハミングがある】

続きを見る

ハミング練習は歌が上手くなるために必須のトレーニングです。

 

また、息が綺麗に流れる発声は息と声との連動が重要です。

「スー」「ズー」トレーニングで息が綺麗に流れる発声を身につけましょう

通る声を手に入れる「スー」「ズー」トレーニング

続きを見る

上方向への共鳴を意識しながら息のトレーニングができる「ヒ」トレーニングもオススメです。

【「ヒ」トレーニング】のやり方・効果・練習方法について

続きを見る

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.