歌声解説 女性シンガー

山本彩の歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年1月25日 更新日:

今回は元NMB48の山本彩さんの歌声ついて書いていきたいと思います。

山本彩さんと言えばアイドルとして活躍して現在ではシンガーソングライターとして大活躍している方です。

何と言ってもその歌唱力の高さ。抜群に高い歌唱力を持っていますね。

魅了されている方も多いのではないでしょうか。

 どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、息が綺麗に流れる声質

地声や話し声の音域はやや高めの音域です。

音域的にやや高めのくらいの音域帯の声帯を持っていると感じます。

 

声質はかなり息が流れやすい声質で倍音の成分が多い声質をしています。

声帯もバランスよく鳴っているのですが、声帯の鳴りより息の流れが先行する声質と言えるでしょう。

息の倍音成分が多いので、非常によく通る綺麗な声を持っています。

 

歌声は息が綺麗に流れるバランスのいい発声

地声

低中音域は地声

話し声同様に息が綺麗に流れる発声です。

息の倍音が乗りやすく透明感を感じやすい綺麗な音色の発声です。楽曲によっては声帯をしっかりと鳴らすようにして地声域を発声していることもありますが、基本的には息の流れのある発声主体です。

 

比較的高音域帯まで地声域を使っており、強い発声も地声で出しています。それ以上はファルセットに切り替えるような声の使い方がメインです。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

声帯を強く鳴らして息の圧力をしっかりとかけて強い高音を鳴らしています。

 

ミドル

後半部分、「ひとりで〜〜〜〜」の部分

 

ファルセット

高音域はファルセット

比較的芯のあるファルセットでくっきりとした鳴りが特徴です。

しっかりとした鳴りのファルセットを使うことが多いです。高音部分で綺麗に切り替えています。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

共鳴は鼻腔や軟口蓋などの上方向中心の発声です。

声を上方向や斜め上方向へ当てるようなニュアンスが強いです。

これにより澄んだ明るい音色を生み出しています。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけないタイプですが、自然にかかっているフレーズもありますね。

 

フレージング・歌い回し

フレージングなどに大きな癖はなく、ベーシックな歌い方でしょう。

オールラウンドにバランスよくなんでも歌いこなしていますね。

どういう練習をすれば山本彩さんのように歌えるか

山本彩さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習が必要です。

しかし、要点を絞れば近づく近道になります。

山本彩さんのように歌うポイント

ポイント

息がしっかりと乗った発声を身につける

鼻腔や軟口蓋に響く声を身につける

これが重要です。では練習方法を書いていきます。

息がしっかり乗った発声を身につける

山本彩さんの発声は息の流れが重要です。

息の量を多く流しつつ声帯もバランス良く鳴らすことで綺麗な発声を生み出しています。

 

息の流れは息と声との連動のトレーニングが重要になります。

ドッグブレス

『ドッグブレス』で横隔膜の柔軟性を鍛えて息と声を連動させる

続きを見る

「スー」「ズー」トレーニングなどがオススメです。

通る声を手に入れる「スー」「ズー」トレーニング

続きを見る

息系のトレーニングは歌を綺麗に歌うためには必須のトレーニングです。しっかりと取り組みましょう。

鼻腔や軟口蓋に響く声を身につける

上方向への共鳴を身につけるトレーニングは「ハミング練習」がオススメです。

鼻歌・ハミング練習のやり方や効果について【2種類のハミングがある】

続きを見る

ハミングは声帯のコントロール能力も鍛えやすいので歌が上手くなるために最適なトレーニングです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.