歌声解説 男性シンガー

清水翔太の声・歌い方・歌唱力についての研究

投稿日:2018年1月31日 更新日:

今回は清水翔太さんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

地声・話し声の音域は普通くらいの音域

若干高めに寄っているのかもしれませんが、大枠声帯の音域のタイプはバリトン(男・中音)くらいだろうと考えられます。

 

声質は声帯がしっかりと鳴る「鳴りやすい」タイプの声質

ビリビリ・ジリジリとしたエッジ感がくっきりとある鳴りやすいタイプ声帯を持っていると考えられます。

音色の芯がしっかりとある声質ですね。

 

話し声は思いっきり下方向へ当てる感じの話し方ですが、歌声からもわかるように下方向への響きよりも上方向へ当たりが良さそうな骨格や喉の作りを持っている印象を受けます。

 

歌声の特徴

チェストボイス(地声)

低中音域

息系の声質から鳴り系の声質まで使いこなしています。

声帯をカラッと鳴らすようなエッジ感が随所に感じられる発声です。もちろん息だけでさらりと歌うこともありますが、特徴的なのはエッジボイスが入ったり、声帯がしっかりと鳴る鳴りのある発声が魅力的です。

 

息の流れと声帯コントロールが重要です。

 

地声

 

ミドルレンジ(地声)

中高音域(≒ミドルボイス・ミックスボイス)

 

地声の声帯の使い方のまま息の圧力を高めていき押し出すようにして高音を発声しています。

声帯がジリジリ鳴るような倍音があります。

 

ある一定ライン以降は基本的にファルセットへ移行するスタイルです。

 

ミドル

 

ファルセット(裏声)

高音域

非常に綺麗な息と鳴りのバランスのいいファルセットです。

切り替えも非常に滑らかで美しいですね。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

上方向主体の共鳴(鼻腔や軟口蓋)中心の音色作りです。

声を上に当てるようなニュアンスが非常に強いのも特徴ですね。

 

ビブラート

ビブラートも綺麗にかけたり、まっすぐに歌ったりとコントロールしている印象を受けます。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

洋楽やR&B系に多い、細かいピッチ変化が特徴です。

ピッチ感がよく、声帯の柔軟性が必要なテクニックです。

 

どういう練習をすれば清水翔太さんのように歌えるか

清水翔太さんのように歌うにはかなり多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要になります。

しかし、要点を絞ることで近づく近道になります。

 

清水翔太さんのように歌うポイント

ポイント

鳴りのある発声を上方向へ通す

 

これが重要です。

では練習方法を書いていきます。

 

鳴りのある発声を上方向へ通す

清水翔太さんの歌声は

  • バランスのいい鳴り系の発声
  • 上方向へ当てる

という部分が重要でしょう。

 

鳴りのトレーニング

まずはエッジボイスで声帯の鳴りをコントロールする練習から始めましょう。

エッジボイスを歌の中に自在に組み込めるようになるくらいに練習しましょう。

 

また鳴り系の発声は「ネイ」「ヤイ」トレーニングで練習しましょう。

 

上方向へ通す

声を上方向へ通すにはまず、意識するだけでも音色は変化します。

 

トレーニングは

がおすすめです。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.