【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

清水翔太の声や歌い方についての分析

更新日:

今回はシンガーの清水翔太さんの歌声について書いていきたいと思います。

清水翔太さんと言えば、高い表現力・高い歌唱力で多くの人を魅了しているシンガーです。 名曲も多いですね。何と言ってもあの歌声!

心掴まれている方も多いのではないしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域は普通〜やや高めくらいの音域で、声帯の鳴りが強い声質

地声・話し声の音域は普通〜やや高めくらいの音域です。

高めとは言っても高さを感じる声ではなくむしろ低い感じで話しているのです、普通〜やや高めの音域くらいの声帯を持っています。

声質は声帯がしっかりと鳴る鳴り系の声質です。声帯のジリジリとした鳴りの倍音がしっかりとあります。

持っている声帯

やや高めくらいの音域・鳴り系の声質

歌声は特徴的なエッジ感のある歌声

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

低中音域とは言ってもそれなりの高さまで地声を使っています。

息系の声質から鳴り系の声質まで使いこなしています。声帯をカラッと鳴らすようなエッジ感が随所に感じられる発声です。もちろん息だけでさらりと歌うこともありますが、特徴的なのはエッジボイスが入ったり、声帯がしっかりと鳴る鳴りのある発声が魅力的です。息の流れと声帯コントロールが重要です。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。

ミックスボイスとは言ってもほとんど地声の延長線上というか地声と区分しても良さそうな発声です。

地声の声帯の使い方のまま息の圧力を高めていき押し出すようにして高音を発声しています。持っている声帯の音域帯も高く、ファルセットも綺麗に使えるのでそこまでミックスボイスらしいミックスではないです。声帯がジリジリ鳴るような倍音があります。

ミックスボイス

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

非常に綺麗な息と鳴りのバランスのいいファルセットです。切り替えも非常に滑らかです。強い高音系ミックスボイスを使うよりは綺麗にファルセットで抜くような高音が多いです。

ファルセット

歌声

息が流れつつエッジ感のある地声域・ミックスボイス・ファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

上方向主体の共鳴(鼻腔や軟口蓋)中心の音色作りです。

ビブラート

ビブラートも綺麗にかけたり、まっすぐに歌ったりとコントロールしている印象を受けます。

フレージング・歌い回し・歌唱力

洋楽やR&B系に多い、細かいピッチ変化が特徴です。ピッチ感がよく、声帯の柔軟性が必要なテクニックです。

どういう練習をすれば清水翔太さんのように歌えるか

清水翔太さんのように歌うにはかなり多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要になります。

しかし、要点を絞ることで近づく近道になります。

清水翔太さんのように歌うポイント

ポイント

閉鎖系の鳴りのある発声を身につける

これが重要です。では練習方法を書いていきます。

閉鎖系の鳴りのある発声を身につける

まずはエッジボイスで声帯閉鎖をコントロールする練習から始めましょう。エッジボイスを歌の中に自在に組み込めるようになるくらいに練習しましょう。

また閉鎖系の発声は「ネイ」「ヤイ」トレーニングで練習しましょう。

声帯の鳴りを身につけたら、息の流れを身につける必要があります。清水翔太さんは鳴り系の声が特徴的ですが息の流れも非常に綺麗です。

息の流れは息と声との連動が鍵になってきます。息と声との連動はドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングが最適です。またリップロールで息と声を整えるのもいいかもしれません。

ピッチ感のトレーニングこぶしのような細かいピッチ変化のトレーニングも必要です。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.