歌声解説 男性シンガー

元クリスタルキング 田中昌之の歌声や歌い方の分析

投稿日:2018年2月2日 更新日:

今回は元クリスタルキングのボーカル田中昌之さんの歌声について書いていきたいと思います。

クリスタルキングと言えば、解散してしまいましたが圧倒的な歌唱で人気を誇っていたグループですよね。

 

何と言ってもその歌声、その歌唱力は圧倒的ですね。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方

地声・話し声は普通〜やや高めの音域で、ハスキーな性質

音域

地声・話し声の音域は普通〜やや高めの音域です。

普通〜やや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように思います。

 

声質

声質はハスキー感のある声質です。ザラッとしたハスキーな倍音のある声質です。なのでどちらかと言えば息が先行する息主体の声質です。

 

超高音で鳴りの強い高音発声

中高音域とミドルレンジ中心の発声

高音がものすごく出るのもそうですし、主に高音を担当し低音域帯はムッシュさんが歌うということもミドルレンジ一本になってしまう理由の一つでしょう。

 

声帯をしっかりと閉鎖させて発声する閉鎖系の中高音発声です。

強い声帯閉鎖でしっかりと声帯の閉鎖状態を固定してそこに強い息を通すことで強くくっきりとした高音域を生み出しています。まるでトランペットの音のようなふくよかで強い超高音域は圧倒的な発声です。

 

ある程度の高音域を出すために喉もある程度は閉鎖的なのですが、無駄のない閉鎖で広がりのある鳴りを生み出しています。

 

フレーズの最高音はhiC、「あ〜あ〜〜」の一番当たりのいいおいしい部分はhiBです。

 

後半部分「笑顔が素敵な真夏の女に〜〜〜〜変わるだろう〜〜〜」。

赤字の音はhiCの音ですが、この音の響き方・音色の当たりの良さは圧倒的ですね。

ビブラートも美しいです。

 

前半はムッシュさん。このフレーズも最高音hiCです。声がビヨーンて伸びます。すごい。

 

 

 

この高音こそがクリスタルキングだと言わんばかりの声ですね。

 

この歌声を聴いていると声帯がゴムのように柔らかく柔軟な印象を受けます。

それくらい柔軟に声帯を伸展させています。

 

どういう練習をすれば田中昌之さんのように歌えるか

田中昌之さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの訓練や練習が必要となります。

しかし、要点を絞れば近づく近道になります。

 

田中昌之さんのように歌うポイント

ポイント

鳴りの強い高音を身につけ自由にコントロールする

 

これが重要ですね。

では練習方法を説明していきます。

 

鳴りの強い超高音発声を身につけるには

田中昌之さんのような超ハイトーンボイスを身につけるには相当の訓練が必要でしょう。

また、ハイトーンボイスはそれ相応のリスクがつきまといます(喉の健康面・発声の魅力面)。

自分の声帯と向き合いながらトレーニングするのも重要です。

 

ハイトーントレーニング

まずはエッジボイスを極めましょう。

エッジボイスは声帯をコントロールする能力を高めます。

もっと言うと、声帯を無理なく締める能力を高めるのです。

 

そのためにはエッジボイスは完全にコントロールしなければいけません。

また、エッジボイスをしている最中に力が入らないように練習することが重要です。

 

田中昌之さんのような超高音はエッジボイス並みの声帯をしめたような状態に息を通して鳴らすような感じに近いになるかもしれません。

練習方法としては高音エッジの状態から息の圧力をかけて声にしていく練習がいいと思われます。

 

音域を広げるトレーニングは筋トレのようにコツコツと取り組みましょう。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.