歌声解説 男性シンガー

TUBE 前田亘輝の歌声や歌唱力の分析【太く明るく伸びやかな発声】

投稿日:2018年2月4日 更新日:

今回はTUBEのボーカル前田亘輝さんの歌声について書いていきたいと思います。

TUBEと言えば、日本の音楽界で長く活躍する大人気バンドですよね。

 

夏といえばTUBEというくらい世に多くの名曲を残しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

前田亘輝さんの声の特徴【持っている声帯】

まずは前田さんの話し声の特徴をを大枠で捉えます。

  • 話し声≒持っている声帯

の特徴を掴むのも歌声を分析する上では重要ですね。

地声・話し声は普通〜やや高めの音域で、深みのある声質

音域

地声や話し声の音域は普通〜やや高めの音域です。

音域的に普通〜やや高めのくらいの音域帯の声帯を持っているように思います。

 

声質

声質は声帯の鳴りと息のバランスのいい声質です。

喉の空間などの共鳴空間が非常に広いような印象を受けます。

これにより太い深みのある声になっています。共鳴の仕方がどうこうというよりも共鳴の空間自体が広く、単純によく響くいい声を持っていますね。

 

前田亘輝さんの歌声の分析【発声方法】

前田さんの歌声は

オレンジ色に輝く太陽のような音色

最大の特徴は

  • 太いパワフルな音色を高音域まで使いこなすこと

でしょう。

歌声は太く爽やかな発声

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声

低中音域とは言っても結構高い音域まで地声系のまま発声しています。

持っている声帯の音域帯を考えるとなおさらな感じです。

 

声質は息の流れと声帯の鳴りのバランスのとれた発声がメインです。

声帯の鳴り方がやや特殊でシャリっとした若干のハスキー感がある倍音が鳴ることが多いです。

 

喉が太く、咽頭共鳴(下方向への響き)もしっかりとあるので深い太い音色になっています。

口の開きや発音も明確に綺麗に発音するので広がりのある爽やかな音色になっています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

地声域と大差はないのですが、声帯に息の圧力をかけて強く鳴らすことで強い高音域を発声しています。

喉全体はしっかりと広がりを保っており強く太い高音を鳴らしています。

 

ベルティング系の発声と言えるのかもしれません。

声帯コントロールに長けていないとできない発声ですね。

 

また、こちらも若干のハスキー系の倍音が鳴っています。

 

中高音

高音部分。

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

強い発声でかなりの高音域まで出しているので、そこまで多く使われる発声ではないですが、抜くような高音域で使ったりしています。

 

息の倍音の多いファルセットです。

 

ファルセット

後半部分「たりだけの季節を」。

 

前田亘輝さんの歌い方の傾向

共鳴・音色作り

前田さんは基本的に爽やかで明るい音色作りです。

口や口の中の空間はしっかりと開き、共鳴も上下にしっかりと響かせる。

 

声を縦方向にも横方向へも広げるような深く爽やかな音色で歌っています。

 

ビブラート

ビブラートは綺麗にかけて歌うことが多いです。

 

歌い回し・フレージング

太く爽やかな音色を伸びやかに歌い上げるタイプです。

ピッチ感やリズム感もよく素晴らしい歌唱力です。

 

特徴は

  • 大きな発音・表現
  • 躍動感のあるピッチ感
  • 高音域までパワフルで伸びやか

という感じでしょう。

 

個人的にはですが、この人ほど『声がオレンジ色に見える』人はいないと思っています。

楽曲のイメージもあるのでしょうが、それだけではないはず。

 

音色・声質・倍音が太陽みたいな成分を持っているからこそ、あれだけ夏が似合うのでしょう。

 

前田亘輝さんの歌声に近づくために

前田亘輝さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点を絞ることで近づくための近道になります。

 

前田亘輝さんのように歌うポイント

ポイント

太い中高音発声を身につける

 

これが重要です。

では練習法を書いていきたいと思います。

 

太い中高音発声を身につけるには

前田さんのように歌うには太くパワフルな高音発声が必須でしょう。

とは言え、自分がもともと持っている声帯の音域や声質によっては難しいこともあるでしょうからその点を考慮しながらトレーニングしてください。

 

太い高音発声トレーニング

太い中高音を身につけるには「グッグトレーニング」がおすすめです。

 

喉を空間をしっかりと保ちつつ高音域を練習するのに向いています。

音域を広げるトレーニングは筋トレのようにコツコツとしたものです。焦らず頑張りましょう。

 

また、太い発声は咽頭共鳴が重要です。咽頭共鳴のトレーニングについてはこちら

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.