歌声解説 女性シンガー

松たか子の歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年2月8日 更新日:

今回は松たか子さんの歌声について書いていきたいと思います。

松たか子さんと言えば大人気の女優であり、また歌手としても大活躍されている方ですね。

 

女優でありながら歌唱力もかなり高く、あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

「アナ雪」のエルサ役で日本中があの歌声に酔いしれていましたよね。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通くらいの音域で、綺麗なバランスのいい声質

音域

地声の音域は普通の音域ですね。

高くもなく低くもなく普通くらいの音域帯の声帯を持っています。

 

声質

声質はバランスのいい声質です。

声帯の鳴りもナチュラルな感じですし、息の量もしっかりと流れています。

綺麗に日本語を発音しているので聞いていてとても心地の良い声です。

 

歌声はバランスのいい綺麗な発声

地声

低中音域は地声

息の流れが非常に綺麗な発声が特徴的です。

声帯もバランス良く鳴っていますが、この地声域は息中心の発声と言えそうです。鼻腔や軟口蓋などの上方向へバランス良く響かせ広がりある音色で明るい綺麗な歌声を作り上げています。

 

松たか子さんの地声域の鍵は「綺麗な息の流れ」ですね。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

声帯の鳴りを強めて中高音域を発声しています。

地声域と比較すると息の流れよりも声帯の鳴りが先行するようなくっきりとした音色の発声。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

そこまで頻繁にファルセットを使うタイプではないですが、綺麗に抜くような高音域で使っています。

地声域同様に息が綺麗に流れるファルセットです。

 

ファルセット



 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋などの上方向へ綺麗に響かせています。

口の開きや言葉の発音もしっかりとしているために明るく開けたような綺麗な音色の歌声です。

 

ビブラート

ビブラートは綺麗にかけるタイプですね。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

大きな癖はなく、ベーシックな歌い方です。

ピッチ感やリズム感の良く素晴らしい歌唱力です。

 

どういう練習をすれば松たか子さんのように歌えるか

松たか子さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん多くの練習や訓練が必要になってきます。

しかし、要点を絞ることで近づくための近道になります。

 

松たか子さんのように歌うポイント

ポイント

息が綺麗に流れる発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

息の多い声を身につけるには

息のトレーニングはドッグブレスがオススメです。

『ドッグブレス』で横隔膜の柔軟性を鍛えて息と声を連動させる

続きを見る

息系の練習をすることで息と声がしっかりと連動して出せるようになってきます。

そうすると声に息がしっかりと乗ってくるようになるので、倍音が多く含まれた声になります。

 

倍音が多い声は通りやすいだけでなく、聴いている人を心地よくさせます。

鼻腔や軟口蓋への綺麗な共鳴を身につけるには「ハミング練習」が最適です。

鼻歌・ハミング練習のやり方や効果について【2種類のハミングがある】

続きを見る

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.