【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

登坂広臣の声や歌い方についての分析

更新日:

今回は三代目J soul brothersのボーカル登坂広臣さんの歌声について書いていきたいと思います。三代目J soul brothersと言えば、知らない人はいないほどの人気グループですよね。

美しい楽曲・綺麗な歌声・かっこいいダンスに魅了されている人も多いのではないでしょうか。特にボーカルの登坂広臣さんと今市隆二さんの歌声は素晴らしいですね。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、バランスのいい声質

地声や話し声の音域は普通くらいの音域ですね。

高くもなく低くもない平均的な音域くらいの声帯を持っているように思います。

声質は息の流れと声帯の鳴りのバランスのいい声質です。どちらかと言えば声帯の鳴りが先行するような声質でしょうが、バランスのいいと言える範囲でしょう。

共鳴はやや咽頭共鳴(下方向)寄りです。

持っている声帯

普通くらいの音域・バランスのいい声質

歌声は綺麗な地声とファルセットが魅力的

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

息が綺麗に流れる息主体の発声です。息を多く流すことで息の倍音を多く含ませて澄んだ音色を生み出すような発声です。上方向(鼻腔や軟口蓋)主体の響きで澄んだ明るい音色を作っています。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。

とは言えそこまでミックスボイスらしいミックスボイスを使うことも少なく、高音域は基本的にはファルセットがメインです。なのでミックスボイスに入るか入らないかくらいの音域帯で中高音を発声しています。

ミックスボイス

ファルセットではない部分は微妙なラインで、地声系の発声とも言えそうです。もう少し上にいくとミックスボイスに入るくらいの音域ですが、そこは綺麗にファルセットを使っています。

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

非常に綺麗なファルセットを自在に使いこなしています。切り替えも非常に上手く登坂さんの歌声の大きなカギです。

ファルセット

歌声

息系の綺麗な地声域・ミックスボイス・ファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

基本的には鼻腔や軟口蓋などの上方向への響き主体です。下方向(咽頭共鳴)へ響かせる割合は少ないです。

ビブラート

ビブラートは自然に綺麗にかかっています。

フレージング・歌い回し・歌唱力

さらりとセクシーに歌う甘い歌い方ですね。

どういう練習をすれば登坂広臣さんのように歌えるか

登坂広臣さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要です。しかし、要点を絞ることで近づくための近道になります。

登坂広臣さんのように歌うポイント

ポイント

綺麗なファルセットを身につける

息と声を連動させる

これが重要ですね。では練習法を書いていきたいと思います。

綺麗なファルセットを身につけるには

ファルセットは身につきやすい人となかなか身につかない人といますが、基本的には「裏声を出す」それだけですね。正しい裏声をたくさん使う」ということが重要です。

地声と裏声の交互発声のトレーニングタングトリルでのトレーニングがオススメです。

声と息を連動させる

声と息を連動させる、つまり息のある発声を身につけるにはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングが最適です。

息系のトレーニングは繰り返し練習することで自然と息のある発声ができるようになってきます。

地声系の発声が音域的にきつい場合はミックスボイスを身につけましょう。綺麗なミックスボイス、まぁどちらかと言えば優しい感じだったり弱い感じのミックスボイスですね。これを身につけるにはリップロールが最適です。リップロールの練習はかなり万能に使えます。

リップロールで高音域まで力まずに出せるようになるまで練習しましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.