歌声解説 男性シンガー

加山雄三の声や歌い方についての分析

投稿日:2018年2月9日 更新日:

今回は加山雄三さんの歌声・歌い方についての分析です。

話し声の特徴

地声・話し声の音域はやや低め〜普通くらいの音域

喉がすごく太くよく響くのでかなり低めに感じますが、音域自体はやや低め〜普通くらいという印象です。

また長く活躍されているので年代によっての変化ももちろんあるのですが、相対的にやや低めくらいの声帯と考えられます。

 

声質はザラついた特殊な鳴りを持つ声質です。

ザラザラとした声帯の鳴りの倍音成分を非常に多く含む特殊な鳴りです。分類的にはハスキー系の声質の仲間と考えられます。

深く太く響き、かつ少し特有の鳴りを生み出す喉です。

持っている声帯

やや低め〜普通の音域・特殊なハスキー感のある声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)

息の流れと声帯の鳴りのバランスのいい声質です。

どちらかと言えば声帯の鳴りがしっかりとあるような芯のある発声をすることが多いです。話し声同様に独特の深みがあり、太さのある音色の発声です。

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声(≒ミックスボイス・ミドルボイス)。

やや強めに息の圧力をかけて中高音域まで伸びやかに発声しています。

歌い方

共鳴や音色

咽頭共鳴をしっかりと保つ発声です。

意図的に保っているというよりいやでもそういう響きになるような天性の共鳴ですね。なので下方向へある程度響きを保ちつつ上方向へも綺麗に響かせます。

 

ビブラート

ビブラートは綺麗に深めにかけるタイプです。

 

フレージング・歌い回し

フレージングが滑らかで流れるような歌謡調スタイルです。

一息で音が流れるように滑らかに歌うフレーズが多いです。しっかりとしたブレスコントロールがないとできないでしょう。ピッチ感も非常にいいですね。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.