歌声解説 歌声解説 男性シンガー

加山雄三の歌い方・歌唱力 深い響きが声量を生みだす【歌声解説】

投稿日:2018年2月9日 更新日:




今回は加山雄三さんの歌声について書いていきたいと思います。

加山雄三さんと言えば、日本の音楽界で長く活躍する偉大な歌手ですよね。

多くの名曲を世に残しています。なんと言ってもあの独特の歌声。

あんな声の人はなかなかいませんね。あの声に魅了されている方もいいのではないでしょうか。

今回はそんな加山雄三さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は低めで、深い共鳴が特徴

地声の音域は低めの音域ですね。実はものすごく低いというような音域ではないのですが、そう聞こえますね。

その要因は深い響きにあります。

かなり喉の空間が奥の方へ深い感じですね。喉仏を下げるような声の出し方ですね。生まれつき喉の空間が深いのでしょう。普通の人があの声を真似しようと思ってもなかなか真似できないですね。

歌声も地声の響きを活かした歌声

歌声も地声とあまり大差ない声をしていますね。

特徴的な深い響きで低音から高音まで歌い上げます。

歌も低く思われがちですが、高音域は意外と高い音域です。

 

高い音域を深い響きで歌い上げていますね。

当然鼻腔へも響いているのでかなり個性的な響きです。

もともと持っている声の響きを活かしきってるという感じです。

 

どういう歌い方か

口をあまり開くタイプの歌い方ではないですね。

響きを重視した歌い方です。

ロングトーンも多いです。

深いビブラートと独特の響きで唯一無二の存在感を出しています。

 

どういう練習をすれば加山雄三さんのように歌えるか

加山雄三さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点・ポイントを絞れば近ずくための近道になります。

 

加山雄三さんのように歌うポイント

  • 深い共鳴を身につける

これが一番重要ですね。

 

深い共鳴を身につけるには

加山雄三さんの響きは普通の人では難しいほどの咽頭共鳴です。

かなり喉仏が下がっているような印象を受けます。本人は生まれつきでしょうからそういう意識はないでしょう。

 

またそういうのどの形を維持しながら鼻腔へも響かせなければいけません。

完全に寄せていくには、よほど似たタイプの声の人でしか難しいかもしれません。

 

深い響きを身につけるトレーニング

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

今回は咽頭共鳴や胸腔共鳴と呼ばれるような低い位置での響きについて書いていきたいと思います。 鼻腔での共鳴は歌の中では特に重要ですが、低い位置での響きも重要です。 特に歌声の中に深みを作るのに一役買いま ...

 

鼻腔共鳴を身につけるトレーニング

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

今回はハミングというボイストレーニングについて書いていきたいと思います。 ハミングといえば鼻歌ですね。でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌でしょうか?   それは人によっては「YES」 ...

まとめ

加山雄三さんのように歌うには深い響きが重要です。

生まれつきでなくともある程度の響きは練習で身につきやすいです。

頑張りましょう!






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.