歌声解説 男性シンガー

スティービーワンダーの声や歌い方についての分析

投稿日:2018年2月16日 更新日:

今回はスティービー・ワンダーさんの声や歌い方についての分析です。

話し声の特徴

地声や話し声の音域はやや高めの音域

長く活躍されているので年代によっての変化もありますが、相対的にやや低めくらいの音域帯の声帯を持っているという印象です。

 

ほんのりザラついたハスキー感のある鳴りを持つ声質です。

ジリジリ・ザラザラしたような柔らかい声帯の鳴りとほんのりとしたハスキーな成分が特徴でしょう。

持っている声帯

やや高めの音域・バランスのいい声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)

柔らかな鳴りの発声を柔軟に使いこなします。息もしっかり流れつつ声帯をバランスよく鳴らすような美しい発声です。話し声に含まれているようなほんのりとしたハスキー成分も声の倍音に含まれていますね。

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声(≒ミックスボイス・ミドルボイス)。

声帯に強い息の圧力をかけて強く鳴らすような中高音発声です。グッと息で押し切るようにして少しガサッとしたパンチのある成分が含まれるような強い鳴りです。

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)

そこまでt買うさん使うタイプではないのですが、高音を抜くフレーズなどで使っています。綺麗な抜け感のファルセットです。

冒頭部分、0:31〜ファルセット↓

0:16〜↓

歌い方

共鳴や音色

基本的には鼻腔や口腔などの上方向への共鳴が強いです。

もともと喉の作りという面もあるでしょうが、非常に上方向への声の響き方がいいですね。

逆の下方向への響き(咽頭腔)はあまり作らないタイプと言えるでしょう。

 

ビブラート

ビブラートはフレーズによって綺麗に使いこなしています。

 

フレージング・歌い回し

音の歯切れのいいグルーヴィーさが特徴かと。

素晴らしく乗りのいいグルーヴ感とリズミカルな歯切れのいいフレージングが魅力的です。

ピッチ感も素晴らしく、メリスマと言われるような非常に細かいピッチ変動も自在に使いこなします。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.