歌声解説 女性シンガー

DAOKOの歌い方・歌唱力-息が綺麗に流れる発声-【歌声解説】

投稿日:2018年2月16日 更新日:

今回はDAOKOさんの歌声について書いていきたいと思います。

DAOKOさんと言えば、最近人気を集めているミュージシャンですね。

 

その特徴的な楽曲澄んだ歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなDAOKOさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域は高めで綺麗な声質

地声の音域は高めの音域ですね。声質は基本的には澄んでいるような声ですが、時に下に響かせて声帯閉鎖の効いた声で話している時もあります。

あまり口を動かさずに、ボソボソと話すようなタイプですね。

 

歌声は息の多い綺麗な声

歌声は地声を活かした綺麗な声質の声です。

かなり息が多い声でウィスパー系の歌い方ですね。

息が多いので囁いても、声がマイクに通るのです。

やはり息が多い声というのは倍音が多く含まれているのでとてもいいですね。 また日本語の発音が綺麗ですね。口はあまり開けてないのですが、言葉一つ一つが聞き取りやすい声です。

 

どういう歌い方か

基本的には話すような音域をラップ調で歌うようなタイプの歌い方ですね。

あまりレンジが広い感じではなく狭い音域を綺麗にサクサク歌っていくタイプのミュージシャンですね。

 

どういう練習をすればDAOKOさんのように歌えるか

DAOKOさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

 

しかし、要点を絞ることで近づく近道になります。

 

DAOKOさんのように歌うポイント

  • 息の多いウィスパー系発声を身につける

これが一番重要ですね。では練習法を書いていきたいと思います。

息の多い発声を身につけるには

ドッグブレス

ドッグブレスの練習は息と声を連動させる練習に最適です。

ドッグブレスはその名の通り犬の呼吸のように発声する練習方法です。

このトレーニング続けていくと声に息が乗ってくるようになります。

 

ドッグブレスについて詳しくはこちら

【ドッグブレス】のやり方・効果・練習方法について

 

「スー」「ズー」トレーニング

このトレーニングも息を吐く練習に最適です。

「スー」や「ズー」で発声練習するトレーニング方法です。

 

息を吐くための負荷がかかるので息を吐く力自体の強化にも繋がります。

 

「スー」「ズー」トレーニングについて詳しくはこちら

【「スー」「ズー」トレーニング】のやり方・効果・練習方法

 

「ヒ」トレーニングで息の通り道に響きをつける

ただ、息を吐いてもなんの共鳴もなしの声では魅力的ではありません。

DAOKOさんも上方向への響きが綺麗に鳴っています。

「ヒ」トレーニングは軟口蓋や上アゴの方への響きをつけながら、息を吐くトレーニングができます。

 

「ヒ」トレーニングについてはこちら

【「ヒ」トレーニング】のやり方・効果・練習方法について

 

まとめ

DAOKOさんのように歌うには

  • 息の多いウィスパー系発声を身につける

を身につけることが重要です。

この声を身につけて、言葉をトコトコと置いていくような歌い方を身につけましょう。

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。それくらい歌におい ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.