歌声解説 男性洋楽

One Direction ハリー・スタイルズの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年2月19日 更新日:

今回は世界的な人気グループOne Directionのハリー・スタイルズさんの歌声について書いていきたいと思います。

One Directionと言えば、世界中の人々から愛されているグループですね。

高い歌唱力を持った5人(現在は4人ですね)の歌声はとても素晴らしいものです。あの楽曲・歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低めの音域で、若干のハスキー感のある鳴り系の声質

音域

地声や話し声の音域はやや低めくらいの音域です。

音域的にやや低めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

 

声質は鳴りと息のバランスのいい声質です。どちらかと言えば鳴り系の声質と言えるでしょう。若干のザラっとしたようなハスキー系の倍音を含んでいる声です。

この特殊な倍音成分がハリーさんの声の特徴ですね。

 

歌声は独特の鳴りを活かした発声

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声

発声としては息の流れと声帯の鳴りのバランスのいい発声です。

 

何と言っても特有のほのかなザラついた倍音が個性的な歌声を作り上げています。

この倍音成分の多い声質がハリースタイルズさんの魅力です。

 

この地声域で比較的中高音まで歌っています。

深みのある響きを作ることが多いので太さを感じますね。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

ミックスボイスらしいミックスボイスを使うことはそこまで多くなく、基本的には地声の延長線上で息の圧力をかけるようにして中高音を出しています。

高音域はファルセットへ移行することも多いです。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット

非常に綺麗なファルセットを自在に使いこなしています。切り替えも非常に綺麗で、地声域とのコントラストが綺麗です。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

ある程度の咽頭共鳴(下方向への響き)を保つような音色の作り方です。

もともと持っているのどの作りの面もあるでしょうが、太さや深さを感じますね。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではないですが、自然にかかっているフレーズもあります。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

歌い方自体は大きな癖なく、ベーシックに上手いです。

声質に大きな特徴があるので、非常に個性的な歌声に感じますね。

もちろんピッチ感やリズム感も抜群です。

 

どういう練習をすればハリー・スタイルズのように歌えるか

ハリー・スタイルズさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点を絞ることで近づくきっかけ近道になるはずです。

 

ハリー・スタイルズさんのように歌うポイント

ポイント

太い発声を身につける

独特の鳴りはやはり個人の声帯に依存する

 

この2つが重要です。

では練習法を紹介していきたいと思います。

 

太い発声を身につける

ハリーさんはある程度の太さのある音色の発声です。太い音色、つまり喉を開くような発声のトレーニングはグッグトレーニングがオススメです。

また、太い音色は咽頭共鳴をしっかりと保つことも重要です。咽頭共鳴のトレーニングはこちら。

独特の鳴りはやはり個人の声帯に依存する

ハリーさんの声質はやはり独特のザラついた鳴りの倍音が特徴です。しかし、こういう特殊な倍音は意図的に出そうと思ってもなかなか出せるようにはならないでしょう。

基本的にはハスキーボイスのような声質はなりたくてもなれるものではないです。

ドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングなど息系のトレーニングをすることで、息の倍音自体は乗せられるようになるでしょうが、ハスキー特有の音色はなかなか難しいですね。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性洋楽
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.