歌声解説 男性シンガー

小野正利の歌声や歌い方の分析

投稿日:2018年2月19日 更新日:

今回は小野正利さんの歌声について書いていきたいと思います。

小野正利さんと言えば、圧倒的歌唱力と高音で人々を驚かせているミュージシャンですよね。

 

あの魅力的で果てしない高音に魅せられている人も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通くらいの音域で、バランスのいい声質

音域

地声や話し声の音域は普通くらいの音域です。

音域的に普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は息の流れと声帯の鳴りのバランスのいい声質です。

ザラついた軽やかな声帯の鳴りを持っている声ですね。

 

共鳴

共鳴は上下にバランスのいいニュアンスです。

 

歌声は超高音ボイス

地声

低中音域は地声

 

声質は息系の発声を主体にしています。

低中音域はさらりとした地声域、高音域は強いハイトーンボイスというスタイルが多いですね。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

自在に声帯をコントロールし、圧倒的高音域まで芯のある発声を使いこなしています。

声帯を上手くコントロールする能力に圧倒的に長けているので、芯のある高音域を余計な力なく発声しているのでしょう。

 

声帯が綺麗に伸展するのですが、内側の声帯筋が柔軟に働くので裏返らないまま高音域まで伸びやかに歌えるのでよう。

 

ミドル

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋など上方向主体です。

下方向へ響かせることはほとんどないです。

 

ビブラート

ビブラートは自然に綺麗にかけています。

 

フレージング・歌い回し

フレーズの切れ目が少なく滑らかなフレージングが多いです。

音をつなげるような滑らかなフレージングと超高音ボイスで聴かせるタイプですね。

 

どういう練習をすれば小野正利さんのように歌えるか

小野正利さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

ですが、要点やポイントを絞ることで近づくための近道になります。

 

小野正利さんのように歌うポイント

ポイント

超高音発声を身につける

 

これが一番重要ですね。

では練習法を紹介していきたいと思います。

超高音発声を身につける

小野正利さんのように歌うには超高音発声を身につけることが重要になるでしょう。

ただ、ハイトーンボイスはそれ相応のリスクを抱える発声です。

 

急に喉が壊れることはないですが、ジワジワと喉を蝕むリスクが高いのでその点は考慮に入れて練習するべきでしょう。

 

ハイトーンボイスの出し方【高音ミックスボイスを鍛える】

続きを見る

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.