サイト内検索

歌声解説 歌声解説 男性シンガー

さだまさしの歌い方・歌唱力 鼻腔に綺麗に響くミックスボイス【歌声解説】

更新日:




今回はさだまさしさんの歌声について書いていきたいと思います。

さだまさしさんと言えば、日本の音楽界で長く活躍しているミュージシャンですね。

何と言っても個性的な楽曲に、特徴的な綺麗な子は素晴らしいですよね。あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなさだまさしさんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は高めの音域で、鼻抜けのいい声

地声は高めの音域ですね。結構高い方だと思います。

鼻抜けが非常にいい、鼻腔に響く声なのでさらに高く聞こえる要素が強いですね。

息っぽいのですが、よく響くとてもいい声をされていると思います。

 

歌声はバランスのいい高音ミックスボイス

歌声は非常にバランスのいい声ですね。自然に閉鎖的でかつ綺麗に息が流れていますね。

何より地声の音域を生かして非常に高い音域を歌います。(ときにすごい低い音でも歌うので驚きですね。)

 

高音域のコントロールが非常にうまく、声帯をかなりコントロールしています。音程が上がっても楽に発声しています。

 

どういう歌い方か

言葉数が多いような歌が多く言葉をトコトコと置いていくような歌い方です。

また、非常深く美しいビブラートがかかります。さすが、昭和のシンガーという感じですね。

ミックスボイスのバランスがいいので非常に言葉も明瞭で聞き取りやすいです。

 

どういう練習をすれば、さだまさしさんのように歌えるか

さだまさしさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点を絞ることで近づく近道になります。

 

さだまさしさんのように歌うポイントは

  • バランスのいい高音ミックスボイスを身につける
  • 深いビブラートを身につける
  • 鼻腔共鳴を身につける

この二つが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

バランスのいいミックスボイスを身につけるために

バランスのいいミックスボイスは創造の世界です。

いかに自分で綺麗なミックスボイスを作り上げていくかというのが鍵です。

上記はミックスボイスの主なトレーニングです。もちろんこれ以外にもあるのですが、この4つは有効なトレーニングです。

 

主にリップロールやグッグトレーニングを中心にやっていくのがいいと思われます。

リップロールはミックスボイスの導入にも最適なトレーニングです。

 

さだまさしさんのように歌うにはかなり高音域までトレーニングしなければいけません。高音域までコントロールできるようになるには、力まずに発声出来るようになることが重要です。

(余計な力を入れずにという意味です。完全に脱力した喉では声は出せません。笑)

 

深いビブラートを身につける

さだまさしさんのように歌うには深いビブラートを身につけることも重要です。

ビブラートがあるとないとでは歌の安定感が大きく変わります。特に日本語というのはビブラートと相性がいいです。

 

ビブラートを身につける練習はこちら

ビブラートを身につけたい! 練習法は?

鼻腔共鳴を身につけるには

鼻腔共鳴を身につけるにはハミング練習が最適です。

ハミング練習は大きく分けて2種類の練習があります。

 

「M」の発音と「N」の発音の練習法があります。

この二つは微妙に効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

ハミング練習についてはこちら

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

 

 

まとめ

さだまさしさんのように歌うには

  • バランスのいい高音ミックスボイスを身につける
  • 深いビブラートを身につける
  • 鼻腔共鳴を身につける

が重要です。まずはここをしっかりと練習しましょう。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.