歌声解説 男性シンガー

さだまさしの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年2月21日 更新日:

今回はさだまさしさんの歌声について書いていきたいと思います。

さだまさしさんと言えば、日本の音楽界で長く活躍している偉大なミュージシャンですね。

 

何と言っても個性的な楽曲に、特徴的な綺麗な声は素晴らしいですよね。

あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、柔らかい鳴りの声質

音域

地声や話し声の音域はやや高めの音域です。

音域的に普通〜やや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように思います。

 

声質

声質は柔らかい鳴りの声質です。息が流れやすい空気感のある声の出し方で、声帯も柔らかく鳴るような印象を受けます。

 

共鳴

共鳴は鼻腔方向(上方向)へ共鳴しやすい喉を持っているような印象を受けます。

 

歌声は柔らかな高音発声が特徴的

地声

低中音域は地声

 

柔らかな声質の鳴りをそのまま活かすような発声が多いです。

柔らかな声帯の鳴りの合わせてバランスよく息をコントロールすることで心地よい発生を生み出しています。

 

共鳴も基本上方向主体なので、明るい音色です。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス)

声帯が柔らかくもしっかりと鳴るような中高音ですね。

 

地声域から声帯を柔軟に伸展させて、伸びやかに中高音を発しています。

かなりの高音域帯まで操る声帯の柔軟性をもっていますね。

 

ミドル

 

高音域でファルセット(裏声)を使うときもありますが、あまり使われないですね。

ミドルレンジでかなりの音域まで出していますし。抜き気味の高音もミドル系のニュアンスがあります。

 

ファルセット的な鳴りですが、これは抜きのミドルに近い?

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

基本的に声を上方向へ当てるようなニュアンスが強いです。

なので高音系の音が綺麗に抜けるのですね。

 

ビブラート

ビブラートは綺麗にかけるタイプです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

語るようなフレージングから、滑らかな長いフレージングまで自在に歌いこなす表現力豊かな歌い方です。

 

どういう練習をすれば、さだまさしさんのように歌えるか

さだまさしさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点を絞ることで近づく近道になります。

 

さだまさしさんのように歌うポイント

ポイント

柔らかい柔軟性の高音発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

柔らかい柔軟性のある高音発声を身につける

柔らかい中高音を身につけるにはリップロールのトレーニングが最適です。

リップロールは中高音の導入に最適なトレーニングですし、声帯のコントロールの向上など様々な効果が見込めます。

 

高音域までコントロールするにはかなりの練習量が必要になると考えられます。音域を広げることは焦らずにコツコツとやっていくことが重要です。

 

上方向への共鳴は「ハミング」で練習しましょう

ハミングは歌が上手くなるためには欠かせないトレーニングの一つです。

 

各種ボイトレ方法はこちら

ボイトレ一覧

発声方法・テクニックはこちら

発声・スキル

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.