【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 女性洋楽

ADELE アデルの声や歌唱力についての分析

更新日:

今回はアデルさんの歌声について書いていきたいと思います。

アデルさんと言えば、世界で知らぬ人はいないであろうシンガーですね。グラミー賞を何度も受賞している素晴らしいシンガーです。

何と言ってもその歌唱力の高さはさすが圧倒的世界レベルですね。素晴らしい声や技術に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低め〜普通くらいの音域で、エッジ感のある声帯の鳴り系の声質

地声の音域はやや低め〜普通くらいの音域ですね。

音域的にやや低め〜普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

声質は声帯がしっかりと鳴る鳴り系の声質です。カラッとしたようなエッジ感のある(エッジボイス随所に感じられる)声質です。英語圏の人はエッジボイスの延長線上で話すような発声でしっかりと鳴りの倍音が乗っている話し声になります。

共鳴はどちらかと言えば上方向寄りですが、大きな偏りはない感じです。

持っている声帯

やや低め〜普通くらいの音域・エッジ感のあるしっかりとした鳴り系の声質

歌声は大きく分けて3種類を使いこなしている

歌声は大き分けて3種類の声区を使いこなしています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。結構低い音域帯まで出すことができるのも特徴です。

カラッとしたエッジ感のある鳴りと息の流れが特徴的な発声です。

綺麗な息の流れる発声の中に随所でエッジボイス気味にカラカラと鳴らすような声質です。

フレーズ次第というところもありますが、基本的には鳴りやすい声帯でそこに息を通しているような印象を受けます。

地声

息の流れる息系の声質の部分とカリッとしたようなエッジ感のある鳴りの部分があります。

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。地声の延長線上くらいの発声です。

声帯の閉鎖感がやや強まりそこに強い息を通すようにして強い中高音発声を生み出しています。

声帯の閉鎖が強まって鳴りが強く鳴るのは当然ですが、そこに若干のザラついたハスキー感のある倍音が乗るのが特徴です。この倍音が哀愁漂うパワフルな鳴りを生み出している要因のように思います。

ミックスボイス

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

少し鳴りの芯をもち、かつ空気感のあるようなファルセットを使っています。地声域やミックスボイス域からとても綺麗に切り替えています。

ファルセット

歌声

息とエッジ感の地声・鳴りが強くザラっとした倍音のあるミックスボイス・空気感のあるファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

共鳴は下方向(咽頭共鳴)から上方向(鼻腔や軟口蓋)まで綺麗にコントロールしています。

下方向への響きは深い音色や太い音色を作り、上方向への響きは澄んだ音色や明る音色を生み出します。アデルさんはフレーズ次第で様々な使い分けをしています。

ビブラート

やや細かいビブラートのかけ具合で歌っていることが多いです。

細かいとは時間あたりの振動回数が多いということです。

フレージング・歌い回し・歌唱力

随所にエッジ感と息のある声質を使い分けているのが魅力の一つでしょう。また、低音域と高音域の音量差(ダイナミクス)も素晴らしいです。

フレージングの押し引きが非常に上手いですね。

リズム感やピッチ感も非常に素晴らしく圧倒的歌唱力を持っていると言えるでしょう。

どういう練習をすればアデルさんのように歌えるか

アデルさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要です。ましてやあのレベル。そう簡単にはいかないでしょう。

しかし、要点を絞ることで近づく近道にはなるはずです。

アデルさんのように歌うポイント

ポイント

息とエッジ感を身につける

パワフルな発声を身につける

これが重要だと考えられます。では練習方法を書いていきたいと思います。

息とエッジ感を身につける

まずは息がしっかりと流れる発声を身につける必要があります。息に声を乗せるようなトレーニングですね。

それには息と声をしっかりと連動させることが重要です。

息と声の連動のトレーニングはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングが最適です。こういう息系のトレーニングを練習することで息がしっかりと乗った発声を身につけることができるはずです。

次にエッジボイスを身につけましょう。エッジボイスは慣れてくると簡単なので、単発で「あ”」と鳴らせるくらいに声帯のコントロールを鍛えましょう。

エッジボイスを身につけたらそれを息の流れる発声の中に織り交ぜるようにして発声しましょう。

パワフルな発声を身につける

パワフルな中高音域を身につけるにはミックスボイスのトレーニングが必要になる場合も多いでしょう。

喉を広げるような太いミックスボイス発声はグッグトレーニング声帯をしっかりと鳴らすような強い鳴りのミックスボイスは「ネイ」「ヤイ」トレーニングで練習するのがオススメです。

ミックスボイスは自分で試行錯誤していくしかないので、色々なトレーニング方法で開発していくのがオススメです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性洋楽
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.