ボイストレーニング

母音を詳しく分析することでボイストレーニングの質を高める

更新日:

今回は母音について書いていきたいと思います。

母音というのは「a・i・u・e・o」「あ・い・う・え・お」のことですね。

日本語は特に母音を重視する言語です。話すにしても歌うにしても母音が重要になってきます。

 

逆に英語は子音がはっきりしていて子音を重視する言語です。

例えば、

  • 「私は歌が上手くなりたいです」(日本人)
  • 「ワタシハ、ウタガ、ウマクナリタイデス」(英語圏の人)

文章だと説明しづらいのですが、英語圏の人が日本語を話す時は無駄にはっきり話しているように聞こえますよね。あれは子音をはっきり発音することが癖付いているからなんですね。

子音を立てて母音を伸ばさない英語圏の人は逆に母音を流れるようにコントロールするのは難しいみたいですね。

 

今回はそんな母音について書いていきたいと思います。

 

地声系の母音

【あ・ア・a】

声帯を大きく使うためのどの空間は基本的に広くとる母音です。

声帯の使い方が大きいので地声に向いている母音です。

【お・オ・o】

あ に比べると深い響きを持つ母音です。喉仏が下がるように喉が動きます。口を横には開かないので、深い響きの印象を与えます。

【え・エ・e】

い の母音と あ の母音の中間の母音というところですが、どちらかといえば あ 寄りな母音ですね。

aの発音から舌根を少し上げるとeの発音になるはずです。

 

裏声系の母音

【う・ウ・u】

口の小さくすぼめてそれと同時に声帯やのどの空間も小さくして発音する母音です。

【い・イ・i】

口の形は横に開きますが、喉の空間や声帯の使い方は非常に狭く使う母音ですね。

 

地声系・裏声系

地声系・裏声系と書きましたが、当然aの裏声もありますし、iの地声もあります。

あくまで発声しやすい母音というわけです。

大半の人はこれに当てはまるのですが、人によってはこれが全く逆の人も稀にいますので自分はどちらが出しやすいかを研究してみてください。

 

母音の練習効果

喉を開くのが苦手な人は地声系の母音で練習した方がいいですし、喉を閉じる(声帯を閉鎖させる)のが苦手な人は裏声系の母音での練習が効果的です。

 

【あ・ア・a】

喉を開く練習に有効。特にミックスボイスをコントロールできない場合、このアが苦手な人が多いですね。ミックスボイスは声帯を締めるのでそれと相反する発音は出し辛いのです。

【お・オ・o】

喉仏を下げて深い響きの練習に有効。高音域で響きがなくなってしまう人はオで高音域を練習することで、響きを維持する練習になります。

【え・エ・e】

アに比べると声帯閉鎖しやすく、ミックスボイスが出しやすい母音です。ミックスボイスの導入に最適な母音です。

【う・ウ・u】

裏声の練習に最適です。喉仏が下がる母音ですので、ミックスボイスが細くなってしまう人はこの母音で練習することによって喉仏をコントロールして太い発声を身につける練習になります。

【い・イ・i】

響きが上方向に行きやすい母音です。裏声の練習や軟口蓋へ響かせるトレーニングに有効です。地声系の母音との組み合わせトレーニングが有効です。

(ネイ・ヤイ・タイなどなど)

 

トレーニング効果の例

例えば「ネイ」「ヤイ」トレーニングで言えば、母音に関してだけ言うと「エイ」「アイ」トレーニングとなりますね。それに子音の効果をプラスするのです。

  • 「エ」で声帯閉鎖させつつ、「イ」で上に抜く。それに「N」の鼻腔に抜ける発音をプラスして声帯閉鎖のある高音が出しやすくなるのです。
  • 「ア」で声帯を開きつつ、「イ」で上に抜く。それに「Y」の発音で舌根をほぐしながら声帯を閉鎖させることで声帯閉鎖のある高音が出しやすくなるという感じですね。

これで声帯閉鎖の強いミックスボイスや強いミックスボイスに向いた練習になるというわけです。

 

 

ボイストレーニングに必要な【おすすめグッズ】

呼吸・横隔膜を鍛える『POWER breath パワーブリーズ』

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。↓

 

Be−Vo[ビーボ]

発声練習を手助けしてくれるボイトレグッズです。よく割り箸をくわえてトレーニングするとか言いますが、商品だけあって割り箸より100倍いいです。割り箸は箸ですもんね。

 

使い方やトレーニング方法も記載されているので自分でトレーニングすることができます。

使い方も豊富で値段も安いので、『声を良くしたい・滑舌を良くしたい・表情筋を鍛えたい』という方にはピッタリのアイテムです。↓

同じような商品です。Be−Voとあまり変わりませんが、こちらはケース付きです。

個人的にはBe−Voがオススメですが、まぁお好みで。↓

 

肺活量グッズ

『パワーブリーズ』以外にも肺活量・呼吸を鍛えるグッズはあります。

パワーブリーズは最強グッズなのですが、お値段がそこそこしますので、「そこまで本気じゃないんだよなぁ」という方もいるはずです。

 

「でも声はよくしたいから、安くて鍛えられる商品が欲しい」という方にオススメです↓

 

 

BeQu 鼻筋セレブ ノーズアップピン

こちらはボイトレグッズではなく、本来は美容グッズです。

鼻筋を綺麗にするという『amazonベストセラーの大人気美容グッズ』なのですが、実はこれがボイストレーニングに使えます。

 

というのも装着中はほとんど鼻をつまんでいる状態になります。この状態で声を出したり、ボイストレーニングすることで「逆ハミング練習」ができるのです。歌には必須の鼻腔共鳴を鍛えることができます。

いいトレーニングだけに道具があると楽ですね。

『逆ハミング練習』についてはこちら

 

まぁ、自分の手で鼻をつまめばできるんですけどね。そんなこと言ってしまうと、パワーブリーズだって手でできますし、Be−Voだって指を噛めばできます。笑

便利ゆえに道具を使うのです。

 

とりあえず、鼻腔共鳴+鼻筋綺麗一石二鳥です。

本来は美容グッズですが、ボイトレにも活用できるのがいいんです。

ボイトレしながらイケメンや美女になりたい方にオススメです↓

 

もちろんただの鼻栓でもいいんですよ↓

でも、どうせなら少しでも『付加価値』があった方がいいじゃないですか。笑

 

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを学び・実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスになるでしょう↓

 

オススメのボイトレ本ランキングはこちら

 

BELTBOX

こちらはボーカリストのための防音グッズですね。

なかなか大きな声を出せない環境や近所に迷惑をかけられない環境にいる方も多いのではないでしょうか。

練習したくても声量が気になってできないという時にオススメのグッズです↓

 














-ボイストレーニング

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.