歌声解説 女性シンガー

Little Glee Monster 芹奈の声や歌い方についての分析

投稿日:2018年3月9日 更新日:

今回はLittle Glee Monster の芹奈さんの歌声や歌い方についての分析です。

話し声の特徴

地声や話し声の音域は普通〜やや高めくらいの音域です。

音域的に普通〜やや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように思います。

 

声質は声帯の鳴りと息の流れのバランスのいい声質

息がしっかりと流れ声帯もバランスよく鳴るような声を持っているという感じです。

持っている声帯

普通〜やや高めの音域・息と鳴りのバランスのいい声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

息の流れを主体に声帯をバランスよく鳴らすような発声です。非常に綺麗な息の流れの上で発声しているので、息の倍音成分をしっかりと含む綺麗な音色を生み出しています。

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声。

声帯に強い息の圧力をかけて強く綺麗な中高音域を生み出しています。声帯の柔軟性に富んでおり、綺麗で伸びやかな中高音を発声していますね。

また、時々唸り声(「仮声帯発声」)も使ってパワフルに鳴らしたりもしていますね。

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)。

綺麗な澄んだ音色のファルセットを自在に使いこなしています。切り替えも非常に綺麗でスムーズですね。

歌い方の特徴

共鳴や音色

基本的には鼻腔や口腔などの上方向主体の響きです。

フレーズ次第では深めに響きを作って太い音色の発声も使っています。

おそらくどちらかと言えば、上方向へ当たりやすいタイプでしょうが上下の共鳴を綺麗にコントロールし、明るい爽やかな音色から太い力強い音色まで表現していますね。

 

ビブラート

フレーズ次第ですが、ビブラートは綺麗にかけるタイプでしょう。

 

フレージング・歌い回し

歌い回しに大きな癖があるタイプと言うよりは、オーソドックスでオールラウンドなタイプでしょう。

  • 低域は息系の発声で綺麗に
  • 中域は強く鳴らしてパワフルに
  • 高音域はファルセットも自在に操る

という感じで、万能な表現力を持っていますね。何よりピッチ感やリズム感が素晴らしいです。

どういう練習をすれば芹奈さんのように歌えるか

芹奈さんのように歌うポイント

ポイント

息が綺麗に流れる発声を身につける

強い中高音発声を身につける

この二つが重要でしょう。

息が綺麗に流れる発声を身につける

息が綺麗に流れる発声を身につけるには息と声をしっかりと連動させる必要があります。息の流れの上に声を乗せるような発声をベースに歌う必要があります。

息と声の連動のトレーニングはドッグブレスなどがオススメです。

息系のトレーニングは毎日少しづつでも続けることが重要です。

強い中高音発声を身につける

練習方法はリップロールなど様々なものが考えられますが、最終的には自分で声のバランスを模索していくことになるでしょう。

地声の音域を広げるトレーニングは焦らずにコツコツと広げていくことが重要です。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.