歌声解説 歌声解説 男性シンガー

尾崎紀世彦の歌い方・歌唱力 鼻腔共鳴・咽頭共鳴の強さが声量を生む【歌声解説】

更新日:




今回は尾崎紀世彦さんの歌声について書いていきたいと思います。

尾崎紀世彦さんと言えば、今やご存命ではありませんが今尚多くの人に愛されるシンガーですよね。

何と言ってもその圧巻の歌声・歌唱力の高さ!

あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな尾崎紀世彦さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域は普通の音域で、共鳴がかなり強い声

地声の音域は普通の音域ですね。まぁ若干低いときもありますし、高いときもありますね。笑 それだけ幅を作れるほどの音域を持っているということです。

 

かなり共鳴が強く特に鼻腔へのこの響きが強いです。これはおそらく骨格レベルでのもともと鼻腔に響く声がつよいのでしょう。話しているだけで鼻腔に響いている気持ちのいい声です。

口をあまり動かさないでも言葉が明瞭に聞こえるのは響きのある声のおかげですね。

 

歌声は太く柔らかく響く声

歌声はまず、鼻腔共鳴・咽頭共鳴の強さが圧倒的です。

話し声同様鼻腔共鳴が強いのはもちろんのこと、喉仏の位置をしっかりとコントロールして咽頭共鳴を強めています。

これにより太く柔らかく響く声を実現させているのですね。

 

また、ミックスボイスまでが綺麗につながっており、かなり高音域まで存分に歌うことができる声の持ち主です。

 

多くの楽曲をカバーされていますが、どの曲も素晴らしい歌唱ですよね。

 

どういう歌い方か

基本的な歌い方は歌謡曲調ですね。深いビブラートと母音を重視した流れるようなピッチ感で歌うことが多いです。

特に息が長くロングトーン主体ですね。もちろん歌回しで切ることもありますが。

リズム感的に若干後ろに食うことが多いのも流れるような情感を生み出している要因でしょうね。

 

どういう練習をすれば尾崎紀世彦さんのように歌えるか

尾崎紀世彦さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

尾崎紀世彦さんのように歌うポイント

  • 鼻腔共鳴を身につける
  • 深い響きを身につける
  • 太いミックスボイスを身につける

この3つが重要なポイントですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

鼻腔共鳴を身につけるには

鼻腔共鳴を身につけるにはハミング練習が最適です。

ハミング練習は大きく分けて2種類あります。

「M」の発音での練習と「N」の発音での練習です。

どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

ハミング練習についてはこちら

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

 

深い響きを身につけるには

尾崎紀世彦さんは鼻腔共鳴に加えて、咽頭共鳴(下方向への深い響き)もかなり強いです。

これは喉仏や喉の形のコントロールが重要になってきます。

 

詳しくはこちらに

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

 

太いミックスボイスを身につけるには

太いミックスボイスを身につけるにはグッグトレーニングが最適です。

グッグトレーニングは芯のあるミックスボイスで喉を開いていくのに最適なトレーニングです。

高音域まで無駄な力を入れずに(=完全に脱力ではない)出せるようにトレーニングしましょう。

 

グッグトレーニングについて詳しくはこちら

ボイトレ「グッグ」トレーニングで強いミックスボイスに鍛える

 

まとめ

尾崎紀世彦さんのように歌うには

  • 鼻腔共鳴を身につける
  • 深い響きを身につける
  • 太いミックスボイスを身につける

が重要です。まずはここをしっかりと練習しましょう。

 







-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.