歌声解説 男性シンガー

尾崎紀世彦の歌声や歌い方の分析

投稿日:2018年3月12日 更新日:

今回は尾崎紀世彦さんの歌声について書いていきたいと思います。

尾崎紀世彦さんと言えば、ご存命ではありませんが今尚多くの人に愛されるシンガーですよね。

 

何と言ってもその圧巻の歌声・歌唱力の高さ!あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域は普通の音域で、共鳴がかなり強い声

音域

地声や話し声の音域は普通くらいの音域ですね。

まぁ若干低く感じるときもありますし、逆に高さ感じるトーンで話すような感じの時もあります。

それだけ幅を作れるような柔軟性のある普通の音域帯の声帯を持っているということです。

 

声質

声質は年代によって若干変わっているのは当然ですが、基本的には息と鳴りのバランスのいい声質です。

 

共鳴

共鳴が強く特に鼻腔へのこの響きが強い印象を受けます。

これはおそらく骨格レベルでのもともと鼻腔に響く声がつよいのでしょう。話しているだけで鼻腔に響きやすく気持ちのいい声です。

口をあまり動かさないでも言葉が明瞭に聞こえるのは響きのある声のおかげですね。

 

歌声は太く柔らかく響く発声

チェストボイス

低中音域は地声

綺麗な息の流れと柔らかな声帯の鳴りのバランスいい発声です。

温かみを感じるようなマイルドな発声です。

 

上下の共鳴コントロールが非常に美しく、丸みや深みのある音色を作り出しています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

太い音色を保ったまま高音域を鳴らしています。

 

声帯のみを綺麗にコントロールして喉全体は開放的な空間を作ることで太い音色を生み出しています。

声帯の柔軟性がないとここまで開放的に太く鳴らすことはなかなか難しいだろうと考えられるほど、綺麗にふくよかに鳴らしています。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域でファルセット(裏声)

そこまで使われる発声ではないです。

時代的にも歌の中にファルセットを入れる時代ではないのでそこまで使われることはないのだと思います。

 

歌の中ではどちらかと言えばファルセットにいかなくらいの抜き気味のミドルを使うことが多いです。

 

抜きのミドル


 

どういう歌い方か

共鳴や音色

特徴的なのはやはり咽頭共鳴(下方向への共鳴)の深さですね。

しっかりと咽頭共鳴を保つことで太い音色の発声を作り出しています。

 

ビブラート

綺麗なビブラートを高音域までしっかりとかけるのが特徴的です。

これによりピッチの安定感は抜群ですし、音の広がりを生んでいます。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

滑らかなで流れるようなフレージングが特徴です。

ピッチ感リズム感も非常によく素晴らしい歌唱力の持ち主です。

 

どういう練習をすれば尾崎紀世彦さんのように歌えるか

尾崎紀世彦さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

尾崎紀世彦さんのように歌うポイント

ポイント

太い発声を身につける

上下に共鳴を身につける

 

これが重要なポイントですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

太い発声を身につける

太い発声、特に太く強い高音域を身につけるにはグッグトレーニングがオススメです。

このトレーニングは喉を開きながら強い発声を鍛えます。

 

とは言え太い発声であればいいというわけでもなく柔軟な声帯コントロールが必要なのですが、、、、。

頑張りましょう。

 

音域を広げていくトレーニングは筋トレのようにコツコツとしたものです。

焦らずにトレーニングしていきましょう。

上下に共鳴を身につける

尾崎紀世彦さんは下方向への響きをしっかりと保ちつつ上方向へしっかりと響かせています。

上下に共鳴を深く持つようなイメージ、声を上下に伸ばすようなイメージで発声することが重要です。

 

上方向への共鳴は「ハミング」でトレーニングしましょう。

鼻の奥に声を当てて深く丸い音色を作れるようにトレーニングしましょう。

 

また咽頭共鳴をしっかりと鍛えることで深みのある太い音色の発声を作り上げます。

結局豊かな共鳴も声帯コントロールの柔軟性が可能にしているんですよね。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.