歌声解説 女性シンガー

高橋真梨子の声や歌い方についての分析

投稿日:2018年3月12日 更新日:

今回は高橋真梨子さんの歌声・歌い方についての分析です。

話し声の特徴

地声や話し声の音域はやや低め〜普通くらいの音域です。

年代によって若干の音域の変化はありますが、相対的にやや低め〜普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質は声帯の鳴りと息の流れのバランスのいい声質です。

どちらかと言えば声帯が鳴りやすい側の声質という感じもしますが、バランスのいい範囲とも言えるでしょう。

持っている声帯

やや低め〜普通の音域・バランスのいい声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス

低中音域は地声(チェストボイス)

綺麗な息の流れとバランスのいい柔らかな鳴りのある発声主体です。

基本的に綺麗な息の流れの上の声を乗せているような発声なので、非常に聴き心地の良い美しい発声です。

 

ミドルレンジ

地声の中高音発声(≒ミックスボイス・ミドルボイス)。

柔らかくもくっきりとした芯のある発声で伸びやかに高音域まで歌い上げています。基本的に中高音域はこの地声系の発声を使い、強く伸びやかに歌い上げたりやや抜き気味に歌ったりしています。

0:46〜↓

 

 

ファルセット(裏声)

裏声(ファルセット)はおそらくほとんど使われていないだろうと思われます。

抜くようなフレーズでも地声系の発声を柔らかく抜き、裏声のひっくり返すような発声はあまり使っていないと言えるでしょう。

もし、使われている曲をご存知の方は情報をお待ちしています。笑

歌い方

共鳴や音色

基本的には上方向主体の綺麗な音色作りですが、音色に合わせて上下に共鳴を綺麗にコントロールしています。

ベースは上方向へ明るく鳴らし、やや深く太く鳴らすようなフレーズで下方向(咽頭腔共鳴)へしっかりと響かせています。

 

ビブラート

楽曲やフレーズにもよるのですが、基本的にビブラートはしっかりとかけるタイプです。

 

フレージング・歌い回し

『滑らかな歌い回し』というタイプかと。

ピッチ感はやや曲線的に滑らか、音はしっかりと繋げるような流れるような歌い回しをするようなスタイルですね。いわゆる歌謡曲調のスタイルという感じかと。

どういう練習をすれば高橋真梨子さんのように歌えるか

高橋真梨子さんのように歌うポイントは

ポイント

息が綺麗に流れる柔らかな発声を身につける

これが重要でしょう。

息が綺麗に流れる柔らかな発声を身につける

高橋真梨子さんのように歌うには綺麗な息の流れとその上に声を乗せるような発声が重要です。つまり息と声をしっかりと連動させることが重要です。

息と声の連動のトレーニングはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングなどがオススメです。

息系のトレーニングは毎日少しづつでも続けると効果が出てくるはずなので、コツコツと頑張りましょう。

 

また、柔らかい発声を身につけるにはリップロールがオススメです。リップロールは高音のトレーニングにもなります。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.