歌声解説 男性洋楽

ブライアン・マックナイトの声や歌い方についての分析

投稿日:2018年3月12日 更新日:

今回はブライアン・マックナイトさんの歌声について書いていきたいと思います。

ブライアン・マックナイトさんと言えば、グラミー賞を何度も受賞している世界レベルのR &Bシンガーですよね。

何と言ってもその歌声は、化け物級の上手さですよね。世界レベルの歌唱力を持つ男性シンガーと言えば?と聞かれたら名前の上がる人物ではないでしょうか。

今回はそんなブライアン・マックナイトさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域はやや低めくらいの音域で、柔らかく鳴る鳴り系の声質

地声や話し声の音域はやや低めくらいの音域です。話し声から音域の上下が豊かですが、声帯はやや低めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

声質は声帯の鳴りと息のバランスのいい声質です。声帯が柔らかく柔軟に鳴っているような印象を受ける心地よい声質を持っています。

共鳴は咽頭共鳴(下方向への共鳴)もしっかりとあるのですが、鼻腔(上方向)へも綺麗に響いています。

持っている声帯

やや低めくらいの音域・柔らかくバランスのいい声質

歌声は柔らかい美しい発声

歌声は2種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声
  • ファルセット

の2種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。息の倍音を非常に多く含む息系の発声です。息の上の声を乗せてバランスよく声帯を鳴らしています。

非常に柔らかく美しい鳴りを持っている完成された地声域をある程度の高音域まで引っ張ります。それ以降はファルセットというスタイルです。

地声

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。このファルセットも最高級品のファルセットと言えるような素晴らしい鳴りを持っています。柔らかい鳴りと息の流れを持つ美しいファルセットを自在に使いこなしています。

声区の切り替えも滑らかで美しいですね。

ファルセット

歌声

滑らかな地声域・綺麗なファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

共鳴は鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の響きで、澄んだ音色を作ることが多いです。

ビブラート

美しいビブラートを綺麗にコントロールしています。

フレージング・歌い回し・歌唱力

非常に音程・ピッチが細かいことが大きな特徴です。文字では表現しづらいのですが、少ない時間で詰め込める音程の数が多いのです。

例えば1秒間のトーンがあったとしてその中で多くの音階を表現できるのです。世界レベルの歌唱力を持った人はだいたいこの数が非常に多いです。

喉を完全に自由にコントロールできる人だけが踏み込める領域ですね。

どういう練習をすればブライアン・マックナイトさんのように歌えるか

ブライアン・マックナイトさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要です。

ましてや、あのレベル、一生かかっても追いつけるかどうか。。。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

ブライアン・マックナイトさんのように歌うポイント

ポイント

柔らかい地声域を身につける

綺麗なファルセットを身につける

細かいピッチ感を鍛える

この3つが重要ですね。

では練習方法を紹介していきたいと思います。

柔らかい地声域を身につける

柔らかい地声域を身につけるにはリップロールのトレーニングが最適です。

リップロールの最大の効果は「声帯にかかる呼気圧を軽減させること」

今回はリップロールについてです。 この記事は リップロールとは リップロールの練習・活用方法 リップロールの『5つの効果』とその理由について リップロールの注意点やデメリットについて という内容です。 ...

続きを見る

リップロールは息と連動させて声帯も鳴らすような、息と鳴りのバランスを整えるトレーニングになります。また、ミックスボイス系の中高音発声のトレーニングにもなります。

ただ、ブライアンマックナイトさんは声帯閉鎖系のミックスボイス的な発声ではなく、声帯伸展系の作用が強く地声域を綺麗に引き伸ばしているように思います。

声の音程を調節する仕組みについて【声帯伸展と声帯収縮】

今回は『声の音程を調節する二つの筋肉の力・働き』についてのテーマです。 この記事は 声の音程をコントロールする二つの力 声帯伸展とは 声帯収縮とは という内容です。 声の音程をコントロールする「二つの ...

続きを見る

綺麗なファルセットを身につける

ブライアンさんのようなハイレベルなファルセットは相当鍛えなければ難しいでしょうが、頑張りましょう。

ファルセットは基本的には鍛えれば鍛えるほどに成長します。ただし、『正しいファルセット』であることが重要です。

裏声(ファルセット)についての考察と正しい裏声の出し方

今回はファルセット(裏声)についてです。 この記事は 裏声(ファルセット)とは 裏声は『犬ファルセット』と『猫ファルセット』の2種類に分類できると考えられるが、そのうち正しい(理想的な)裏声は『犬ファ ...

続きを見る

正しいファルセットが出せるようになったら、地声と裏声の交互発声のトレーニングや

『地声と裏声の交互切り替えトレーニング』で輪状甲状筋を鍛える

今回は「地声と裏声の交互発声」について書いていきたいと思います。 この記事は 裏声を鍛えたい人 裏声の切り替えが上手くなりたい人 地声の質やミックスボイスの質を向上させたい人 向けの内容です。 地声と ...

続きを見る

タングトリルでトレーニングすることがオススメです。

タングトリルの主な効果は『舌根を固定して声帯の動きと切り離すこと』

今回は「タングトリル」というボイストレーニングについて考察していこうと思います。 この記事は タングトリルとは タングトリルのやり方 タングトリルの効果 についての内容です。 『タングトリル』とは? ...

続きを見る

細かいピッチを鍛える

本来トレーニングでピッチのことは後回しにしてもいい項目だと個人的には考えています。

というのも声のコントロールができて初めてピッチがコントロールできるものであると思っています。なのでピッチは非常に重要なのですが、ピッチを鍛える前に声を磨くことが重要なのです。

しかし、ブライアン・マックナイトさんのように非常に細かいピッチ感が歌の情感を生み出しているシンガーに近づくためには避けて通れない項目ですね。

歌のピッチを鍛える方法について

今回は『ピッチについて』というテーマです。 この記事は ピッチとは 4種類のピッチについて ピッチを鍛える方法 という内容です。 『ピッチ』とは ピッチとは「音程」のことです。 ピッチ感とは「音程を合 ...

続きを見る

英語の歌の上達方法

英語の歌を歌うにはボイストレーニングに面でアプローチするものもちろん重要ですが、それ以前に言語の壁を越えなければいけません。

ボイストレーニングとは別の切り口で単純に英語を上手く歌う方法・練習法についてまとめています。

英語の歌を上手く歌う方法は英語脳・耳を成長させることが重要

今回は英語の歌を上手く歌う方法について書いていきたいと思います。日本人が英語の歌を歌うのはとにかく難しいですよね。まぁ、母国の言語ではないので難しいのは当然と言えば当然なのですが。でも英語って歌えたら ...

続きを見る

まとめ

持っている声帯

やや低めくらいの音域・柔らかくバランスのいい声質

歌声

滑らかな地声域・綺麗なファルセット

ブライアン・マックナイトさんのように歌うポイント

ポイント

柔らかい地声域を身につける

綺麗なファルセットを身につける

細かいピッチ感を鍛える

が重要です。ピッチは後回しでもいいかもしれませんが、まずはここをしっかりと練習しましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『しょうもない記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人 ...

-歌声解説 男性洋楽
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.