歌声解説 男性洋楽

チャーリー・プースの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年3月14日 更新日:

今回は大人気の海外ミュージシャン、チャーリー・プースさんの歌声について書いていきたいと思います。

チャーリープース さんと言えば、グラミー賞にノミネートされるほどの実力を持った世界的ミュージシャンです。

 

日本でもCMや街中でよく流れているのを耳にしますね。

何と言ってもあの綺麗な歌声。あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域はやや低め〜普通くらいの音域で、鳴り系の声質

音域

地声や話し声の音域はやや低め〜普通くらいの音域です。

やや低め〜普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯の鳴りがしっかりとある鳴り系の声質です。

ビリビリとした声帯の鳴りの倍音のある声質ですね。

 

共鳴

共鳴は咽頭共鳴(下方向)寄りの声質です。

 

歌声は非常に綺麗な地声域とファルセット

チェストボイス

低中音域は地声

非常に綺麗な息の流れに合わせてバランスよく声帯を鳴らしています。

息の倍音を多く含みつつ柔らかな声帯の鳴りを持つ美しい地声域です。

 

結構高い音域帯まで地声域を引っ張りそれ以上はファルセットに移行するというスタイルです。

 

地声

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

この美しいファルセットを自在にコントロールできるのもチャーリープースさんの圧倒的武器の一つですね。

 

綺麗な倍音のある理想的なファルセットを自由に使いこなしています。ミックスボイス系の発声をあまり使わない理由も頷けるくらいの美しいファルセットです。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の響き中心の音色作りです。

 

ビブラート

あまりかけるタイプではないですが、ナチュラルに若干かかっていることが多いです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

ファルセットを駆使するファルセットマスターと言えるような歌い方ですね。

声区移行をたくさん歌の中に織り交ぜることで表現や声質などに変化をつけています。

 

ピッチ感やリズム感も圧倒的で素晴らしい歌唱力を持っていると言えるでしょう。

 

どういう練習をすればチャーリー・プースのように歌えるか

チャーリー・プースのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になるはずです。

チャーリー・プースさんのように歌うポイント

ポイント

綺麗な地声域を鍛える

綺麗なファルセットを鍛える

この2つが重要ですね。

では練習方法を紹介していきたいと思います。

綺麗な地声域を鍛える

綺麗な地声域は息の流れが生み出します。息の流れの上で声を発声し、鳴りを調節します。

常に綺麗な息の流れが重要になるということです。

 

息と声との連動を身につけるにはドッグブレスが最適です。

息の上に声を乗せるような発声ができるようになるとあとはそれをたくさん使って練習することです。

 

綺麗なファルセットを鍛える

チャーリープースさんのファルセットは高級品ファルセットなのであそこまで磨くのはなかなか大変でしょう。

 

ファルセットを鍛える方法自体は実はシンプルです。

それは「たくさん使う」ことです。

 

ただ、『正しいファルセット』でないとダメです。

正しいファルセットが出せるようになったらあとは鍛えるだけです。

 

地声と裏声の交互切り替え発声のトレーニングでのトレーニングがオススメです。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性洋楽

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.