【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 女性シンガー

ビヨンセの声や歌い方についての分析

投稿日:2018年3月16日 更新日:

今回は世界的なシンガー、ビヨンセさんの歌声について書いていきたいと思います。

ビヨンセさんと言えば、世界中で知らない人はいないほどの有名なシンガーですね。全世界1億3000枚を超えるセールスを誇る世界クラスのシンガーです。

何と言ってもその歌唱力、歌声の素晴らしさは圧倒的ですよね。その歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなビヨンセさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域はやや低めくらいの音域で、バランスのいい声質

地声や話し声の音域はやや低めくらいの音域です。やや低めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

声質は息と声帯の鳴りのバランスのいい声質です。息もしっかりと流れつつ声帯もバランスよく鳴っています。綺麗に息が流れるやや深さや太さを感じる声です。

共鳴は咽頭共鳴(下方向)寄りの響きです。

持っている声帯

やや低めの音域・息が綺麗に流れるバランスのいい声質

歌声はオールラウンドに圧倒的クオリティ

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声
  • ミックスボイス
  • ファルセット

の3種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。息系の声質から鳴り系の声質まで圧倒的クオリティで使いこなしています。

基本は息の流れと声帯の鳴りのバランスのいい発声です。息の流れが非常に綺麗なので息の倍音成分を多く含むので美しさがすごいです。

ビヨンセさんがすごさの一つとして地声域の広さですね。

もともとやや低めの音域の声帯を持っているのもありますが、かなり低い音域帯まで出すことができます。低い音域からある程度の高音域まで地声域を引っ張ってこれるのも圧倒的声帯の柔軟性を物語っています。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。声帯をやや閉鎖的に働かせて鳴りの強い高音域帯を生み出しています。非常に綺麗で強いバランスのいい鳴りの中高音域です。やはり印象としては強く唸るような仮声帯の鳴りを加えた発声ですね。パワフルな発声をさらにパワフルにしているような印象を受けます。

喉自体は太い空間をしっかりと保ち、やや閉鎖的な声帯に強い息の圧力をかけて生み出すパワフルなミックスボイスです。

ミックスボイス

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。非常に綺麗なファルセットを自在に使いこなしています。息の流れも綺麗で大きな鳴りを持つファルセットです。

主に高音域の抜きで使うのですが、日本で言えば民謡のような、スイスのヨーデルのような綺麗な美しい抜けを持っています。スポッと抜けてなおかつ美しく響きます。このファルセットのクオリティーもまたビヨンセさんの圧倒的な部分の一つですね。

ファルセット

歌声

美しい息の倍音のある地声・パワフルな鳴りのミックスボイス・美しい鳴りのファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

上下の共鳴をフレーズによって使い分けています。それも理想的に共鳴をコントロールしていますし、上下とも美しく響きます。弱点がない。

特徴として言えばやはり咽頭共鳴(下方向への響き)ですね。この深みが普通の女性ではなかなか出すのが難しいところまで音を下方向へ落っことしています。

ビブラート

綺麗に美しくかかっています。

フレージング・歌い回し・歌唱力

特徴的なのはやはり圧倒的に細かいピッチ感ですね。このピッチ感に関してビヨンセさんは群を抜いて素晴らしいですね。非常に細かい日本で言う「こぶし」のような細かいピッチ変動を得意とし、これを使って洋楽・ポップスでありながら民謡や民族音楽的なニュアンスを感じさせる歌唱が世界中の人の心を惹きつけるのでしょうね。

細かすぎるピッチ変動


どういう練習をすればビヨンセのように歌えるか

ビヨンセさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要です。

ましてや、あのレベル一生かかっても追いつけるかどうか。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になるはずです。

ビヨンセさんのように歌うポイント

ポイント

息の流れを身につける

パワフルな発声を身につける

ファルセットを鍛える

この3つが重要だと考えられます。では練習法を書いていきます。

息の流れを身につけるには

息の流れを身につけることで息の倍音がしっかりと声に乗ります。息の乗った声は美しく綺麗に聞こえます。

そのためには息と声をしっかりと連動させることが重要です。連動のトレーニングはドッグブレス「スー」「「ズー」トレーニングが最適です。

息系のトレーニングは毎日少しづつでも続けることが重要です。

ビヨンセさんは息の流れのクオリティも世界クラスなので、息の発射台(横隔膜の柔軟性)はもちろん声帯の柔軟性もないとあそこまでの息のコントロールはなかなか難しいでしょう。

パワフルな発声を身につける

パワフルな発声を身につけるには太く強く高音域を鳴らす必要があります。太いミックスボイスを身につけるグッグトレーニングや強い鳴りのミックスボイスを身につける「ネイ」「ヤイ」トレーニングなどで高音域を開発していきましょう。

強い声帯閉鎖を作る力とそれを押し出す息の圧力が必要になります。ベルティングと呼ばれるような強い高音発声ですね。

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

今回はベルティング発声・ベルティングボイスというものについて書いていきたいと思います。『強い地声のように聴こえる高音域』をベルティングボイスと言います。日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、海外では音 ...

続きを見る

また、唸りのニュアンスは仮声帯と呼ばれるような部分を使って作り出しています。生み出すのは比較的簡単ですが、強い高音域帯で使いこなすのはなかなか難しいですね。

がなり声の出し方【仮声帯発声についての考察】

今回は「がなり声の出し方」ついて考察していきたいと思います。 がなり声とはガラガラ・ゴロゴロした声帯の鳴りを持つ声のことですね。まぁ別の言い方をすれば「唸り声」とも言えるでしょう。正式には仮声帯発声な ...

続きを見る

ファルセットを鍛える

ファルセットはたくさん使えば使うほどに綺麗に使えるようになってくるのですが、まずは正しいファルセットを理解しないと間違ったファルセットを使い続けても一向に成長しません

裏声が出せない人は『猫喉』かもしれない|出し方や練習方法について

今回はファルセットについての詳しい考察を書いていきたいと思います。 ファルセットとは裏声のことですね。ファルセットが出せる人にとってはファルセットなんて簡単なのですが、出せない人にとってはこうも難しい ...

続きを見る

正しいファルセットを出せるようになったらあとはたくさん使い続けるだけなのです。

地声と裏声の交互切り替え発声タングトリルなどでトレーニングするとファルセットが成長しやすいかもしれません

また、そのほかピッチ感リズム感を鍛えることも非常に重要です。特にこぶしのような細かいピッチ変動を鍛える必要があります。非常に難しいところでもあります。

『こぶし』の出し方・練習方法|歌の中での瞬間的なビブラート

今回は歌のテクニックとして使われる「こぶし」について書いてきたいと思います。 特に演歌や民謡には必須のテクニックですが、カラオケの採点項目にも入っているので一度は聞いたことがあるという人も多いはずです ...

続きを見る

まとめ

持っている声帯

やや低めの音域・息が綺麗に流れるバランスのいい声質

歌声

美しい息の倍音のある地声・パワフルな鳴りのミックスボイス・美しい鳴りのファルセット

ビヨンセさんのように歌うには

ビヨンセさんのように歌うポイント

ポイント

息の流れを身につける

パワフルな発声を身につける

ファルセットを鍛える

が重要です。まずはここから練習しましょう。もちろんこれ以外も圧倒的なので頑張るしかないですね。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.