声や歌について

英語の歌はなぜ心地よく聞こえるのか|子音と母音について

投稿日:2018年3月20日 更新日:

今回はなぜ英語圏の歌が上手く聞こえるのかについて書いていきたいと思います。

英語圏のシンガーは歌がうまいですよね。実力的に上手いのも当然ですし、上手く聞こえるというのも事実です。

なぜそう聞こえてしまうのか、子音と母音の観点から紐解いていきたいと思います。

子音重視なのか母音重視なのか

英語は特に子音を重視する言語です。日本語は逆に母音を重視する言語です。

『子音』とは

子音は主に唇や歯や舌などを使って作られる音です。

ココがポイント

つまり声帯(声の製造元)から遠い位置で作られます

子音の種類によって舌を使いますし、言葉によっては唇を使いますし、歯を使います。

言い換えると声帯の鳴りが無くても発せられる音です。

『母音』とは

母音は声帯の鳴りで構成される音です。

ココがポイント

声帯の鳴りと喉や口の形で変化させるものです。

基本的には声帯の鳴りがないと母音とはなりません。そういう点でも「母」なのでしょう。

どんな言語でもほとんどの場合両方が使われるのでしょうが、重視するポイントが違います。

音楽的に考えると

音楽的に見ると子音だけではメロディーを奏でられません母音がメロディーを構成するのですね。まぁ音楽に限らず言語は大抵母音と子音が必要ですね。

日本語には音楽的弱点があります。それは母音を繋げないと意味が伝わりにくいということです。言葉を分解しにくいのです。

例えば

例えば、

  • 「あいしてる」
  • 「アイラブユー」

という言葉は

  • 「あい・・・・・して・・・・・る」
  • 「アイ・・・・・ラブ・・・・・ユー」

のように英語は短い言葉の中に含まれる意味が多いので分断しやすいです。逆に日本語は伝わりはしますが、こんな区切り方普通はしませんね。

区切った場合の意味の受け取り方の違いを極端に書くと、

  • 「あい(あい?なんのアイだろう?)・・・して(して、、あ!愛して)・・・る(る、現在形ってことは今愛しているということか)
  • 「アイ(私は)ラブ(愛している)ユー(あなたを)」

これは極端な例ですが、日本語と英語ではその音に対して意味の量が変わってくるということです。なので区切った場合の意味の追い方が全然違うのです。日本語は区切ると意味を追いにくいのです。そしてこれは言葉の量に対しての伝わる速度にも関係しているということです。

文字に対して伝えられる意味が少ないので、言葉や音の区切りは意味と分断しにくいのです。つまり、音の区切りが意味の区切りになることの方が多いということです。

そしてその音の区切りとは母音の区切りと同じ意味ですね。なので日本語は母音言語と言えるのですね。

ココがポイント

日本語の歌を(言葉を)伝わる・もしくは伝わりやすくするためには「あいーーーしてーーーーる」と伸ばしてしまえば一語だと認識され安いのです。「あ・・・いしてる」だと「あ」と「いしてる」に取られてしまうのですね。もちろん「いしてる」なんて言葉はないですから「愛してる」とわかるのですが、違和感が生まれるのですね。

これは極端な例ですが、日本語は母音を繋げないと言葉として伝わりにくいということです。

逆に英語は

短い言葉で意味を伝えられるためそれが何という言葉なのかが重要になってくるわけです。

  • 「I LOVE YOU」アイラブユー
  • 「I LAUGH BOO」アイラフブー(変な英語ですが。まぁ適当な例として。)

若干の違いで言葉の意味が大きく変わってくるわけです。なので子音をしっかり発音する必要があるのですね。

これが母音を重視する言語なのか子音を重視する言語なのかという違いですね。

音楽的には子音を強調する方がいい?

子音を強調することでいい点がいくつもあります。

  • 発音が明確になる
  • マイクに声が乗りやすい
  • 息がしっかり流れる
  • 子音の倍音が大きくなる

などの効果があります。特に言葉の倍音が増えるということは、人の耳により入りやすくなるので特に重要な要素です。なぜ子音が強いと心地よく聞こえるのかというのは科学的に証明されているのかどうなのかわかりませんが、個人的にはヒューマンビートボックスのような効果が強まるから(子音の倍音が多い)と考えています。

ヒューマンビートボックスというものがありますね。ドラム系の音を人間の口で発するものです。これも基本的には子音重視です。(母音を使うものもあります。)ああいう子音の心地よさというか、言葉や歌声の中にドラム音(子音)を強く感じるのが気持ち良く感じるのではないかと思います。そういう点でも日本人は英語に憧れるのかもしれません。

英語の歌の練習方法についてはこちらの記事に書いているので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

英語の歌を上手く歌う方法は英語脳・耳を成長させることが重要

 

『ボイトレに役立つグッズ』はこちら

ボイトレグッズ紹介ページ

※当サイトのページです

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.