雑学・研究・考察

英語の歌を上手く歌う方法は英語脳・耳を成長させることが重要

投稿日:2018年3月21日 更新日:

今回は英語の歌を上手く歌う練習方法についてです。

この記事は

  • 英語の歌を歌えるようになるための練習方法

についての内容です。

英語の歌の練習方法

①歌詞を読む練習をする

英語はまず読めるようになることが重要です。

 

日本語の歌を覚えるとき、まずすることはないであろう、歌詞の朗読

その言葉を話すこともできずに歌うことはできないでしょう。圧倒的に歌う方が難しいのですから。そこまで何回も回数を重ねる必要はないです。

 

言葉に詰まらなくなるくらいで、何回か読むだけで大丈夫です。

なるべく外国人になりきって英語の発音で読むことが重要です。

 

これは

口をその動きに慣らすことが目的です。

英語の発音は日本語では使わないような動きをすることも多いので、普段使わない動きができるようにその動きに体(口)を慣らすことが重要だと考えられます。

 

②カタカナに直す

そのままですが、

英語をカタカナに変換する

というものです。

 

個人的にはこの方法は合いません。逆に歌いにくくなってしまいます。

しかし、

人によってはこれが結構上手く行く人も多いはずです。

おそらく、あまり英語に親しみのない人には有効な方法だと言えるでしょう。

 

例えば、Appleをアップルと言ってしまうような人ですね。

実際はアポーが近いので、こういう読み方をしてしまう人はカタカナに書き換えるといい感じの英語風になっていきます。

 

③子音を立てる練習

子音の発音を強くするだけで結構英語っぽい雰囲気が出せます。

 

特にカ行・サ行・タ行など息をしっかりと吐いて発音することが重要です。

 

なぜ

カ行・サ行・タ行なのかというと強調しやすい子音だからです。

言葉の母音の割合より子音の割合を強くすることを意識してみてください。この意識が子音を強めてくれます。

 

また、子音を強調することは英語だけでなく、歌全般において重要です。

 

④歌詞を見ながらCDと一緒に歌う

個人的には一番いい練習方法だと思っているのが、

歌詞を見ながらCDと一緒に歌う

ということです。

 

誰でも思いつきそうなことですが、意外とやらない人も多いのではないでしょうか。

その文字を見てお手本と一緒に発音することで、自然とそのお手本に近付いた発声ができるようになります。

 

個人的経験ですが、最初に難しくて字が詰まっていてテンポが速い英語の曲を練習すると後が楽です。(例えば、エドシーラン のShape Of Youなど)

こういう楽曲を100回歌詞を見ながら一緒に歌うと、ほぼ歌えるようになるでしょう。

100回もかからないかもしれませんが。(一日3回で約一ヶ月ちょっとです。)

 

一度英語の難しい歌を完璧に習得すると、次に歌う曲がかなりすんなり覚えられます。50回も練習しなくていいくらいになっています。

それを習得すると必要な回数がどんどん減って言って日本語の歌と変わらないくらいで覚えられるようになります。

 

これは

脳が英語に慣れることで簡単に言葉や歌にできるようになってくるのだと考えられます。

英語を処理する速度が速くなるのですね。こういう英語脳・洋楽脳になってくると、歌詞を見ないで初めて聞く歌が何となく言葉が聞き取れるようになってきます。

 

この段階で発音はネイティブではないにしろ、結構英語を歌えるようになっているはずです。

いかに英語脳になるか・英語に触れるかということが重要ということですね。

 

文字を見ながらお手本と一緒に発音・発声するということが英語脳の成長を加速させるということですね。

 

とにかくたくさん英語の曲を聴くだけでも、少しづつでも英語の歌は上手くなっていくでしょう。

 

 

-雑学・研究・考察

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.