歌声解説 歌声解説 洋楽 歌声解説 男性シンガー

レイ・チャールズの歌い方・歌唱力 太い響きのミックスボイス【歌声解説】

更新日:

今回はレイ・チャールズさんの歌声を書いていきたいと思います。

レイ・チャールズと言えば、世界中で有名なシンガーですよね。

世に多くの名曲を残しているシンガーです。

何と言ってもあの歌声、ソウルの神様と言われるだけの歌声ですよね。

あの歌声は今尚世界を魅了していますね。

今回はそんなレイ・チャールズさんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域は普通の音域で、閉鎖が強く浅い響き

地声の音域は普通の音域ですね。

声帯閉鎖が強い声ですが、鼻腔共鳴も強いです。歌声と違いあまり喉に空間を開かない話し方なので、浅い響きの声ですね。歌声と比べてですが。

 

歌声は深い響きのミックスボイス

歌声はかなり深い響きのミックスボイスです。ミックスボイスの性質も太めの性質です。

独特の声帯閉鎖があり、出そうと思って出せる声ではないですね。

喉仏の位置をぐんと下げて喉を鳴らすような歌い方もよくします。

 

また、共鳴もかなり強く鼻腔共鳴が太い響きで鳴っています。

喉の奥の空間が広くないとできない芸当ですね。

ファルセットもかなり綺麗に使いこなします。

 

どういう歌い方か

基本的には声を小刻みにリズミカルに出しています。あまり伸ばさないということですね。

 

単発声をで出す(短いフレージング)回数が多いほどピッチを安定させるのが難しいのに綺麗な音程をしています。

 

それでいてダイナミクス(声量の大小)がしっかりあるので、さすがレイ・チャールズという感じですね。

どういう練習をすればレイ・チャールズさんのように歌えるか

レイ・チャールズさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

レイ・チャールズさんのように歌うポイント

  • 太いミックスボイスを身につける
  • 喉仏を引い位置に保ちつつ、鼻腔に響かせる

この二つが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

太いミックスボイスを身につけるには

太いミックスボイスを身につけるにはグッグトレーニングが最適です。このトレーニングは太く喉を開くような声で高音域をトレーニングするのに再t系な練習です。

 

グッグトレーニングについて詳しくはこちら

ボイトレ「グッグ」トレーニングで強いミックスボイスに鍛える

喉仏を低い位置に保ちつつ、鼻腔に響かせる

喉仏を下げることで深い響きを得ることができます。

 

喉仏を下げるトレーニングはこちら

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

 

また鼻腔共鳴を得るにはハミングの練習が最適です。

ハミング練習は大きく分けて二つの練習法があります。

「M]の発音での練習と「N」の発音での練習があります。

どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

ハミング練習について詳しくはこちら

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

 

英語の歌の上達方法

英語の歌を歌うにはボイストレーニングに面でアプローチするものもちろん重要ですが、それ以前に言語の壁を越えなければいけません。

ボイストレーニングとは別の切り口で単純に英語を上手く歌う方法・練習法についてまとめています。

 

英語の歌の上達方法について詳しくはこちら

英語の歌を上手く歌う方法は英語脳・耳を成長させることが重要

 

まとめ

レイ・チャールズさんのように歌うには

  • 太いミックスボイスを身につける
  • 喉仏を引い位置に保ちつつ、鼻腔に響かせる

この二つが重要ですね。

まずはここをしっかりと練習しましょう。

 














-歌声解説, 歌声解説 洋楽, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.