【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

ケツメイシ Ryojiの声や歌い方についての分析

更新日:

今回はケツメイシのボーカルRyojiさんの歌声について書いていきたいと思います。ケツメイシと言えば、多くの名曲を残しているヒップホップグループですね。

何と言ってもあの楽曲の素晴らしさ。そして3人の歌声は心掴まれますね。

あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通〜やや高めの音域で、ザラついた声質

地声や話し声の音域は普通〜やや高めの音域ですね。

普通〜やや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように思います。

声質は声帯の鳴りと息の流れのバランスのいい声質です。ややハスキーっぽいようなザラついた鳴りがありますね。

共鳴は上方向(鼻腔や軟口蓋)寄りです。

持っている声帯

普通〜やや高めくらいの音域・ザラついた声質

歌声は地声を活かした発声

歌声は2種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ファルセット(ヘッド)

の2種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

基本的にほとんどの楽曲は地声域で歌っています。もともと高めの声帯を持っているということもありますが、結構高い音域帯まで地声です。

声質は話し声同様に息の流れと声帯の鳴りのバランスが良く、ややザラついた声帯の鳴りのある声質です。太い喉の空間を作って太めな音色を作り出しています。

地声

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

そこまで使用頻度が多くはないのですが、高音を抜くようなフレーズで使われています。綺麗に息が流れるファルセットです。

ファルセット

「こ〜〜んな〜〜〜にもいとしく」

歌声

太さのある地声域・抜きのファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

咽頭共鳴(下方向への響き)をしっかりと保つことで太い音色を保つようにした音色作りです。

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではないですね。まっすぐに歌うタイプです。

フレージング・歌い回し・歌唱力

楽曲にもよるのですが、跳ねるようなリズムで歌うのが特徴ですね。結構な楽曲は当てはまると思います。

言葉をしっかりと発音するのも特徴的ですね。跳ねるようなノリと言葉をしっかりと発音することで、非常に特徴的な歌い方を実現させています。

どういう練習をすればRyojiさんのように歌えるか

Ryojiさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

Ryojiさんのように歌うポイント

ポイント

太い発声を身につける

深い響きの声を身につける

この2つが重要ですね。では練習方法を紹介していきたいと思います。

太い発声を身につける

太い発声を身につけるには喉をしっかりと開いた状態で発声出来る様にならなければいけません。喉をしっかりと開いた状態で歌うことは意識すればある程度はできるのですが、声帯をしっかりと鳴らすような発声だったり、高音域帯になると難しくなってきますね。

そのためのトレーニングとして最適なのがグッグトレーニングです。

喉を開くような太い発声に最適なトレーニングです。

深い響きの声を身につける

深い響きの声を身につけるには咽頭共鳴が重要です。咽頭共鳴で重要なのは喉仏位置・喉の空間のコントロールです。

深い響きを身につけるトレーニングはこちら

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.