【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

シド マオの声や歌唱力についての分析

更新日:

今回はロックバンド「シド」のボーカル:マオさんの歌声について書いていきたいと思います。シドといえば、多くの名曲の残しているロックバンドですよね。

なんと言っても楽曲の良さ、演奏の素晴らしさ、そして歌声や歌唱力は素晴らしいですね。

心を掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通〜やや高めくらいの音域で、バランスのいい軽やかな声質

地声や話し声の音域は普通〜やや高めくらいの音域です。

普通〜やや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

声質は声帯の鳴りと息の流れのバランスのいい声質です。軽やかなで爽やかな鳴りの声ですね。

共鳴は若干上方向(鼻腔や軟口蓋)寄りの声です。

持っている声帯

普通〜やや高めくらいの音域・バランスのいい軽やかな声質

歌声は爽やかな芯のある発声

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

もともと持っている声帯の影響もありますが、結構高いところまで地声域で歌っています。

息の流れと声帯の鳴りのバランスのいい声質での発声がメインです。話し声同様にバランスいい発声なので軽やかに鳴ります。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。地声の延長線上くらいの発声です。

そこまでミックスボイスらしいミックスボイスを使うこともないのですが、一部の強い高音域はミックスボイス域に入っていると考えられます。

地声域と比べると息の流れよりも声帯の鳴りにウェイトが寄り、くっきりとした芯のある中高音発声です。

ミックスボイス

中盤から後半にかけて。

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

綺麗に抜くような高音域帯で使っています。綺麗に抜ける澄んだ音色のファルセットです。

ファルセット

歌声

軽やかな地声域・芯のあるミックスボイス・ファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

ある程度の咽頭共鳴(下方向への響き)を保ち太い音色を作ることも多いです。しかし、基本的には上方向への響き主体です。

ビブラート

綺麗なビブラートをかけています。

フレージング・歌い回し・歌唱力

ロックバンドのボーカルではありますが、なんでも歌える歌唱力を持っていますね。

地声・ミックスボイス・ファルセットと声区のバランスがよくオールラウンドになんでも歌いこなしています。

どういう練習をすればマオさんのように歌えるか

マオさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

マオさんのように歌うポイント

ポイント

軽やかな発声を身につける

ミックスボイスを身につける

これが重要ですね。では練習方法を紹介していきたいと思います。

軽やかな発声を身につけるには

軽やかな発声を身につけるには息が綺麗に流れつつ声帯もバランスよく鳴らすような発声が必要です。

軽やかな発声のトレーニングにはリップロールのトレーニングが最適です。

息を流しながら柔らかく声帯を鳴らすようなトレーニングになります。

ミックスボイスを身につける

ミックスボイスを身につけるのにもリップロールの練習が最適なのですが、ミックスボイスは結局のところ個人個人の声帯によっていい練習が変わってくるものでもあります(そんなことを言ったら全ての練習がそうなのですが、ミックスボイスはその傾向が強い)。

目指すべきミックスボイスの方向性というのもあるので、最終的には個人個人で試行錯誤していくのが一番だと考えます。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.