歌声解説 歌声解説 男性シンガー

シド マオの歌唱力・歌い方は深い高音ミックスボイス【歌声解説】

更新日:




今回はロックバンド「シド」のボーカル:マオさんの歌声について書いていきたいと思います。シドといえば、多くの名曲の残しているロックバンドですよね。なんと言っても楽曲の良さ、楽器のうまさ、そして歌声ですよね。

心を掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなシドのボーカルのマオさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は高めの音域で、声帯がしっかりと鳴る声

地声の音域は高めの音域ですね。男性の中では高い方の部類に入ります。高めの声ですが、咽頭共鳴や声帯閉鎖が強く、声帯が良く鳴っています。その分、息はあまり流れないですね。

 

歌声はナチュラルなミックスボイスと綺麗なファルセット

歌声はナチュラルな高音ミックスボイスです。閉鎖具合や息の流し方も絶妙にバランスがいいですね。

また喉をしっかりと開いて下方向への共鳴もしっかりと保っています。

 

もともと声が高めで声帯が大きいタイプではないので、深い響きを作ってもバランスのいい感じに聞こえますね。

また、ファルセットも非常に綺麗で声の切り替えがうまいです。

 

どういう歌い方か

ロックバンドのボーカルではありますが、非常になんでも歌いこなしてしまう歌唱力を持っています。基本的にはミックスボイスを深い響きで使ってカッコよく美しく歌うタイプですね。

ビブラートはかなり深くかかり、歌の安定感を高めています。

 

どういう練習をすればマオさんのように歌えるか

マオさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

マオさんのように歌うポイント

  • ミックスボイスを身につける
  • 深い響きの声を身につける
  • 深いビブラートを身につける

この3つが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

ミックスボイスを身につけるには

綺麗なミックスボイスを身につけるにはリップロールの練習が最適です。

リップロールは綺麗なミックスボイスや柔らかいミックスボイスを習得するのに最適なのです。

また、ミックスボイスの導入の練習としても非常にいいです。

リップロールで高音域まで滑らかに移行できるように練習しましょう。

リップロールについて詳しくはこちら

【リップロールの効果】高音域やミックスボイス・歌唱力UPに欠かせないトレーニング

深い響きを身につけるには

深い響きとは下方向(咽頭や胸の方向へ)への響きですね。これは喉の開き方や特に喉仏の位置が重要になってきます。

喉仏の位置をコントロールすることで、例えば高音域でも深い響きの声を作ることができるのです。

詳しくはこちら

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

深いビブラートを身につけるには

深いビブラートを身につけると歌の安定感や増します。というのも音程をまっすぐにピッチを「全くブラさずに」伸ばすというのは非常に難しいことなのです。機械出ない限りは難しいのですね。その結果まっすぐ伸ばすとピッチが微妙にずれたりしてしまいます。

それを防ぐためにの能動的に音程を揺らすことでピッチのブレを防ぎ、聴き心地をよくしているのがビブラートです。

詳しい練習法はこちら

ビブラートを身につけたい! 練習法は?

まとめ

マオさんのように歌うには

  • ミックスボイスを身につける
  • 深い響きの声を身につける
  • 深いビブラートを身につける

この3つが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

 







-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.