歌声解説 歌声解説 男性シンガー

北島三郎の歌い方・歌唱力 深いビブラートと閉鎖系ミックスボイス【歌声解説】

投稿日:2018年4月17日 更新日:




今回は北島三郎さんの歌声について書いていきたいと思います。北島三郎さんと言えば、演歌界の大御所中の大御所。知らない人はいないくらいの演歌歌手ですね。なんと言ってもあの歌唱力の高さは圧巻ですね。あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな北島三郎さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域は高めの音域で、明るい日々で少し枯れたような声質

地声の音域は高めの音域ですね。男性ですが、声帯そのものの大きさがやや小さいような感じの印象を受ける声です。もちろん普通に男性の声ですが、高い音域です。

声質は少し枯れたような、息が流れやすい声質です。ハスキーとは少し違うような気がしますが、しゃがれている声質をしています。

 

歌声は声帯閉鎖系のミックスボイス

歌声は声帯閉鎖系のミックスボイスですね。特に高音域はかなり強い閉鎖で大きな倍音が鳴っています。

低音域はそこまで強い閉鎖があるわけではないのですが、バランスのいい質感の声で息がきれいに流れています。

また、唸るような表現は圧巻です。声帯閉鎖に息の圧力をかけて唸るような声を出しているのですね。シャウトに通づるところがあります。

 

どういう歌い方か

演歌歌手特有の歌い方ですね。かなり深いビブラートとこぶしをよく使いますね。

長いフレージングでも息が切れることなくかなりのロングトーンを実現させています。

演歌というのは「母音」が非常に重要なのです。長く伸びるフレーズに対して日本語は非常に相性がいいです。演歌や民謡に長いフレーズが多いのは母音言語だからというのもあるのでしょう。

 

どういう練習をすれば北島三郎さんのように歌えるか

北島三郎さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

北島三郎さんのように歌うポイント

  • 閉鎖系のミックスボイスを身につける
  • 深いビブラートを身につける

この2つが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

閉鎖の強いミックスボイスを身につけるには

閉鎖の強いミックスボイスを身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。このトレーニングは閉鎖の強い声で、高音域を余計な力を抜きながらトレーニングすることができます。

このトレーニングで高音域までミックスボイスを身につけましょう。

 

「ネイ」「ヤイ」トレーニングについて詳しくはこちら

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・声帯閉鎖系の高音を手に入れるトレーニング「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。   特に鳴りの強い声や閉鎖系の声を鍛えるのにいいトレーニン ...

 

深いビブラートを身につけるには

深いビブラートを身につけると歌の安定感や増します。というのも音程をまっすぐにピッチを「全くブラさずに」伸ばすというのは非常に難しいことなのです。機械出ない限りは難しいのですね。その結果まっすぐ伸ばすとピッチが微妙にずれたりしてしまいます。

それを防ぐためにの能動的に音程を揺らすことでピッチのブレを防ぎ、聴き心地をよくしているのがビブラートです。

 

また、演歌のこぶしはビブラートができるようになれば、習得しやすくなるでしょう。

 

詳しい練習法はこちら

ビブラートの練習方法|出し方は?喉を使う?横隔膜を使う?

今回はビブラートについて書いていきたいと思います。 歌の技法としてよく聞くビブラート。やはりビブラートがかかっている歌声ってかっこいいですし、憧れますよね。 カラオケの採点でも高得点を狙うには必要なも ...

 

まとめ

北島三郎さんのように歌うには

  • 閉鎖系のミックスボイスを身につける
  • 深いビブラートを身につける

この2つが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.