歌声解説 歌声解説 女性シンガー

GLIM SPANKYのボーカル松尾レミの歌い方・歌唱力 ハスキーで割れた閉鎖系ミックスボイス【歌声解説】

投稿日:2018年4月20日 更新日:




今回はGLIM SPANKYのボーカル松尾レミさんの歌声について書いていきたいと思います。GLIM SPANKYと言えば、特徴的なかっこいい声と楽曲で人気の二人組ですね。何と言ってもあの歌声は一度聞いたら忘れられない声です。

あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなGLIM SPANKYのボーカル松尾レミさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、ハスキー系の声質

地声の音域は普通の音域です。声質も息が多い綺麗な声ですが、若干のハスキーさがある声質ですね。歌声と比べるとそこまでハスキーではないですね。綺麗で少し格好良さを秘めた地声です。

 

歌声は息の多い低音域と割れ気味の高音域

低音域は息が多く鼻腔共鳴させている低音域ですね。低中音域は地声を活かして綺麗な声質で歌っています。しっかりと息が流れる声です。

 

高音域は非常にかっこいい割れた声質のミックスボイスです。鼻腔への響きをそのままにエッジボイス系の喉で咽頭共鳴を強めてそれを息の圧力をかけて声を割っているという感じの声質です。閉鎖させた声帯を息の圧力で押し出して声を割っているような感じなので、普通の人なら喉への負担がかなり大きいような歌声ですね。それで歌っているのですから、すごい声です。

 

どういう歌い方か

歌い方自体は大きな癖はないですね。声質が特徴的といえるでしょう。あの声質でピッチを合わせるのは非常に難しいと思われるのですが、流石のピッチ感で。

ビブラートはあまりかけずにまっすぐ歌うタイプです。

 

どういう練習をすれば松尾レミさんのように歌えるか

松尾レミさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

松尾レミさんのように歌うポイント

  • 息の多い発声を身につける
  • エッジボイスで閉鎖をコントロールする

この2つが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

息の多い発声を身につけるには

息の多い発声を身につけるには「スー」「ズー」トレーニングが最適です。

このトレーニングは横隔膜に負荷を与えて、息と声とを連動させるトレーニングになります。

毎日少しづつでも続けることで効果がでてきます。

 

「スー」「ズー」トレーニングについて詳しくはこちら

「スー」「ズー」トレーニング|息と声の連動で通る声を手に入れよう

今回は通る声を身につけるトレーニング、息の多い声を身につけるトレーニングの「スー」「ズー」トレーニングについて書いていきたいと思います。 息の多い声というのはとても重要です。歌のみならず、話し声でさえ ...

 

ハスキーな声質についてはこちら

ハスキーボイスになれるのか? 練習法はない。がそう聴かせる方法はある

今回はハスキーボイスについて書いていきたいと思います。 ハスキーボイスといえば、喉が枯れたようなスカスカした声だったりガサガサした声だったりした声のことですよね。 声は人によって千差万別。ハスキーボイ ...

 

エッジボイスを身につける

エッジボイスを身につけることは非常に重要です。エッジボイスを練習することで声帯閉鎖のトレーニングになります。

松尾レミさんの割れた声は鼻腔に響かせながら、エッジ感を高めて息で押し出す感じだと思われます。

その為にもエッジボイスで閉鎖を完全にコントロールできるようにならなければいけませんね。

 

声帯をコントロールできるようになるということは、声をコントロールできるようになるということです。

力まずにエッジボイスを練習しましょう。

 

エッジボイスについて詳しくはこちら

【エッジボイス】で声帯閉鎖を鍛えてミックスボイスをコントロール

今回は「エッジボイス」について書いていきたいと思います。 エッジボイスというのは聴き慣れない方もいると思いますが、声の出し方の名称であり、ボイストレーニングにもなります。 エッジボイスはこんな方におす ...

 

まとめ

松尾レミさんのように歌うには

  • 息の多い発声を身につける
  • エッジボイスで閉鎖をコントロールする

この2つが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.