歌声解説 歌声解説 男性シンガー

桐谷健太の歌い方・歌唱力 息の倍音が多い深い発声【歌声解説】

更新日:

今回は桐谷健太さんの歌声について書いていきたいと思います。桐谷健太さんと言えば、俳優として活躍されている方ですが、歌声も有名ですよね。

何と言ってもあの特徴的な声質は素晴らしいですよね。

あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな桐谷健太さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、共鳴が深い声質

地声の音域は普通の音域です。やや低めとも言えるかもしれませんね。かなり息が流れる声質です。声帯閉鎖はあまりないですね。ハスキーと言えるのかは微妙ですが、かなり息の倍音が鳴っています。

深い響きの声を持っていて、よく通る地声ですね。

 

歌声は地声を活かした息の倍音が多い声

歌声は地声を活かした声ですね。ハスキー系の声を活かしてかなり息が漏れる声です。声帯が閉鎖しにくい声質なので、息が漏れる声になるのでしょうね。深い響きのとてもいい歌声です。

 

どういう歌い方か

ビブラートはあまりかけずにまっすぐ歌うタイプですね。あまり大きな特徴はなく、声質に非常に特徴があるタイプですね。

 

どういう練習をすれば桐谷健太さんのように歌えるか

桐谷健太さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

桐谷健太さんのように歌うポイントは

  • 息の多い発声を身につける
  • 深い響きを身につける

この2つが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

息の多い発声を身につけるには

息の多い発声を身につけるには「スー」「ズー」トレーニングが最適です。

このトレーニングは横隔膜に負荷を与えて、息と声とを連動させるトレーニングになります。

毎日少しづつでも続けることで効果がでてきます。

 

「スー」「ズー」トレーニングについて詳しくはこちら

「スー」「ズー」トレーニングで通る声を手に入れよう

 

ハスキーな声質についてはこちら

ハスキーボイスになれるのか? 練習法はない。がそう聴かせる方法はある

 

深い響きを身につけるには

深い響きとは下方向(咽頭や胸の方向へ)への響きですね。これは喉の開き方や特に喉仏の位置が重要になってきます。

喉仏の位置をコントロールすることで、例えば高音域でも深い響きの声を作ることができるのです。

 

詳しくはこちら

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

 

まとめ

桐谷健太さんのように歌うには

  • 息の多い発声を身につける
  • 深い響きを身につける

この2つが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

 














-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.